完全に個人的主観でApple Watchが今書いなのかどうか語る

「Apple Watchって結局使えるの?」「iPhoneがあれば十分なのでは?」とよく聞かれることがあるので、Apple Watchを買った方がいいのかどうかを話してみました。なお人によってApple Watchに求めるものが違いますので、ここで話している内容はあくまで私の個人的主観になります。

結論は「買い」です。
いくつか理由がありますが、今回はその中でも最大の理由を書いていきます。

それは、LINEやMessengerなどチャットアプリの通知をApple Watchで受けることで、仕事に没頭しているときにこれらのメッセージのうち、緊急性が低いものや重要性が低いものはスルーし、緊急性が高くかつ重要性が高いメッセージのみ反応することができるようになるからです。

私だけでなく多くの人が、今の時代に欠かせないLINEをはじめとするチャットアプリの通知に悩まされていることでしょう。私は仕事に集中しているとき、基本的にこれらの通知には反応しないようにしています。それは、一旦それに反応してしまうと、作業している内容に没頭していた思考がリセットされてしまい、仕事のパフォーマンスを大きく低下させる原因となってしまうからです。

これらの通知を一切無視するということではなく、一段落したところでのんびり対応すればよいと考えているのですが、ではそういった通知の中に万が一緊急性+重要性が高い内容が含まれている場合はどうなるのでしょう? 仕事でもプライベートでも起きる可能性があるわけですが、こういった通知を見過ごしたことで大きな損害が出てしまうかもしれません。例えば、仕事に関しては、何かしらの原因によりサイトのシステムやデータベースなどのエラーが起きてしまったり、プライベートでは親しい知人がトラブルに巻き込まれてSOSを送ってきた場合など、確率としては低くなるものの、通知をスルーしたことによって後で取り返しがつかなくなる場合も考えられるわけです。

そんなとき、このApple Watchに通知させることで(完全ではないものの)このような問題を解決できるのです。LINEなどの通知をオンにしておくと、メッセージが送られた際にまずApple Watchがバイブで知らせてくれます。そのタイミングでApple Watchを見ると、メッセージ内容が(抜粋ですが)確認できます。ボタンの操作などは一切ありません。ただ腕を少し上げて、Apple Watchの画面を見るだけです。このときにそのメッセージ内容から対応すべきかどうかの判断をすればいいので、対応が必要なければ作業の手を止めたりすることなくその通知をスルーし、作業を続ければよいのです。そしてもちろん、緊急性+重要性が高いメッセージを見逃すこともありません。

LINEなどチャットアプリで仕事のやり取りをするのはどうなのか? という疑問があるかもしれませんが、私はあらゆるツールを柔軟に使うことが重要だと考えていて、実際にLINEでしか連絡の取りようがないクライアントさんもいますし、要は使い方次第、というかこういった現代の便利な道具に振り回されるのではなく、うまく使いこなすように工夫することが大事なのではないかと思います。

他にもMacのスリープ解除機能だったり、iCloudやメモ、カレンダー、リマインダーなど様々なAppleの標準アプリを使う場合にApple Watchはとても便利です。

ちなみにこのApple Watch、セルラーモデルであればこれだけで使いこなすことができなくもないですが、あくまでiPhoneのアクセサリーとして使うことでそのメリットを最大限に享受できるので、iPhoneユーザーであれば是非Apple Watchを使ってみてはいかがでしょうか?

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。