ウェブコンサル

データの分析

データの分析

ユニークユーザー、ページビュー、コンバージョン率、その他キーワードやリファラーなど様々なデータを複合的に捉え、売上を増やしていくための施策を常に取り続けていきます。

広告運用

広告運用

グーグル、ヤフー、YouTubeなど大手検索エンジンをはじめとるすプラットフォームへの出稿の管理や運用を行いつつ、そこから得られるデータをビジネスに還元し、有効活用します。

SEO対策

SEO対策

常に変化・進化を続けるSEOは、新しい手法を選択し続けることでのみ活かすことが可能になります。ウェブで成果を上げ続けるために、時代に合った最適なSEO対策を行います。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

インスタやYouTube、Twitter、フェイスブックなどSNSの有効活用によって潜在顧客を獲得していくとともに、炎上やその他トラブルを回避しながら継続的な運用をサポートします。

作業環境の改善

作業環境の改善

経営者または従業員がパソコンやスマートフォン、その他デバイスやクラウドを職場で効率的に活用して頂くために、常に環境の改善を行い、パフォーマンスの向上を推進します。

各種セミナーなど

各種セミナーなど

ウェブに関することだけでなく、営業やコンプライアンスなどそれ以外の様々な事案に関する社内セミナーを行っております。その他ではオーディションなどの企画も行っています。

PDCAサイクル

定番ですがP(プラン)、D(ドゥ)、C(チェック)、A(アクション)のサイクルを回すこと、これがビジネスを継続的に成長させる上で何より大切なことと捉えています。この流れを私情を挟まず機械的に取り入れることで、劇的に業績が向上するでしょう。

目標の設定

桁違いの成功例は別として、無策でがむしゃらに努力してもほぼ必ずどこかに綻びが生じ、長期的には上手くいかないことがほとんどです。期間と予算を設定した上で、明確で分かりやすい目標を社内またはチームでしっかりと共有することが大切です。

お客様に尽くす

目先の細かいことや短絡的な損得勘定に惑わされず、ひたすらお客様のためにできることを考え、全力で実践していくことで、望む結果は自ずとついてきます。良い商品やサービスは、自らの欲望ではなく誰かのためを思うことで自然と生まれるのです。

What's unique

サービスの特徴

1. ウェブに特化

コンサルの種類は様々ですが、オイゾウではウェブサービスが専門であること、そしてウェブをいかに活用するかということが今の時代とても重要であるという認識から、ウェブ特化型でビジネスの成功をサポートします。

2. 完全成果報酬型

単なる成果報酬型ではなく「完全」成果報酬型です。つまり、ほとんどのコンサルティング業者が設定している月額◯円というランニングコストが一切かかりませんので、利益が出なければ当然コンサル費用もかかりません。

3. 受託数を制限

世の中のあらゆる仕事が簡単なものではなく、コンサルティング業務も例外ではありません。そして引き受けた以上は何かしらの成功を成し遂げることが使命であるため、新規様はお受けしないなど受託を限定しております。

オイゾウはこれまで、幸運にも多くの素晴らしいクライアント様に恵まれたおかげで、地味ながら成長し続けることができました。そのご恩に報いるべく、単にホームページなどのコンテンツを制作・提供するだけでなく、自然とクライアント様の事業により一層コミットしていくようになっっていったのですが、それによって業績を大きく伸ばすケースもあれば、一方でそうではないケースがあったのも事実です。全クライアント様に対する私どもの取り組む姿勢は何ら変わらないのですが、何故結果がこうも大きく違ってくるのか、しばらくの期間ひたすら考えました。

それによって辿り着いた答えは「当たり前のことを当たり前にできるかどうか」に尽きる、ということです。普通すぎる回答で拍子抜けされたかもしれませんが、ただこれが事実である以上、「実は誰も知らない情報を持っている」とか「あっと驚く秘策を使っている」とかいったような甘言で嘘をつくわけにはいきませんので、正直に述べさせてもらいました。

なおここでは「当たり前のこと」と簡潔に一言で括りましたが、それが具体的に何であるかの説明を始めるととても長くなってしまいますので、少しだけ補足すると「サービスや商品の質と量を向上させるための企業努力を継続的に行うこと」です。「そんなことは言われなくてもみんなやってる」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、現実はそんなことありません。この「当たり前のこと」を阻害する要因は身近に溢れており、多くの方はそれらに振り回されています。

オイゾウでは現在進行中のケースも含め、これまで数十社の企業(またはプロジェクト)に対してコンサルティングを行ってまいりました。そこで見えてきたものは、「当たり前のことを当たり前のようにできない状況では、いかなるコンサルティングも無意味である」ということです。

さて、「当たり前のことをやるだけでいいなら、そもそもコンサルの存在価値がないのでは?」という1つの疑問がここで生じます。それに対する答えは状況によって変わります。即ち、存在価値があると思っている企業にとっては価値があり、そうでない場合には価値がありません。これは企業や経営者の能力とは一切関係なく、そこに価値を見いだせるかどうか、または必要とされる状況であるかどうかの違いでしかありません。

そもそも価値を見いだしてない企業やプロジェクトにコンサルティングとして関わることは、双方にとって無駄なことですので、これはやらない方が良いのです。そして無価値なことに労力を注ぐことは、価値があることへの労力を奪うことにもなり、そのためコンサルティングを引き受けさせて頂く上で一定の判断基準を設ける必要性が生じます。その判断を行う上で、判断することが難しい新規でのご依頼をお受けできないということなのです。

コンサルティングとしてオイゾウが関わる以上は、いずれにしてもとても末永いお付き合いをさせて頂くことになりますので、まずはホームページ制作など私どものサービスを是非一度ご利用頂き、その上でご判断頂ければ幸いです。事業規模や業種、法人・個人など形態は問いませんので、是非ビジネスを成功させていくためのお手伝いをさせてください!