に投稿 コメントを残す

【モーションロゴ】これからは会社・お店のロゴを動かす時代です【サンプルあり】

詳しくは動画で!

ターゲット

年間数百万円規模の宣伝予算を組んでいる企業

テレビCMに出稿するのは無理。かといって映像を活用した宣伝をいまだに全くしてない企業。その予算の一部または大部分をどんどん映像にシフトさせていくべき。

その他

お店など個人事業主、フリーランサー、YouTuberなど。

ロゴって何?

マークとタイプを合わせたもの。

ロゴの意味

全体:象徴、アイデンティティ
外向け:ブランディング、マーケティング
内向け:目的の理解や共有、帰属意識

背景

広告予算は映像(ウェブ限定)にシフトしている。ここ最近でモーションロゴの制作依頼が急増。2020年からは5Gになり、今後ビジネスシーンでの映像コンテンツの活用が爆発的に増加する。今までは平面の画像だったロゴを動かすことによる、マーケティングやブランディングの最適化を提案。

「映像は高い」という誤解

テレビCM完全終了のお知らせ。過去、例えば10年前、映像の広告媒体はテレビしかなく、出稿できる企業は限られていた。そのため、そもそも多くの中小企業にとって「ロゴは平面」であり「動かない」というイメージが完全に定着している。

<テレビとYouTubeの出稿料相場比較>
テレビがとにかく出稿料が高い(制作料は別)。そのためほとんどの企業やブランドにとって映像を使った宣伝という概念がそもそもなかった。出稿料が高いため必然的に制作料も高くなる。

1再生あたりの単価

テレビ:1,000,000円(局、視聴率などによって変動)
YouTube:10円(インストリーム広告で試算)
単純計算すると、YouTubeはテレビCM1回放送分の料金で10万回視聴してもらえる。

問題提起

なんでロゴが動いた方がいいの?

問題の答え

  • 目的がはっきりするから
  • 視聴者の印象に残るから
  • 時代がロゴに動けと言っている

結果

目的がはっきりする

マーケティング

どこ、誰、何、どうやっての明確化。

社内の意思統一

意識の共有/アウトプット。会社であれば理念や使命があり、ブランドならコンセプトやこだわりがあるが、そういった大きな枠組みが明確になることで、お互いに意識を共有でき、さらに顧客や取引先、情報発信をする上でとても役立つ。

視聴者の印象に残る

ブランディング

認知度の向上。特徴的なモーションでインパクトを持たせたりサウンドロゴの効果によって思い出してもらえる。平面の画像ロゴと比べて相対的に価値が高まる。

時代がロゴに動けと言っている

プロモーション

低コスト化:例えばYouTubeなら予算に応じた金額設定、PPVなど無駄のない出稿が可能。制作料もどんどん安くなっている
技術の進化:インフラ(インターネット、モバイル通信)やハードウェア(パソコン、スマホ)、ソフトウェア(YouTube、その他SNS)

前述の通り、映像を使った企業の宣伝活動を手軽に行えるようになった。その背景にはインフラ(インターネット、モバイル通信)やハードウェア(パソコン、スマホ)、ソフトウェア(YouTube、その他SNS)といった技術の進化によるところが大きい。

活用シーン

  • YouTube
  • 展示会
  • イベント(社内外)
  • 店内モニター
  • 自社サイト(楽天やAmazonなどネット通販やSNSを含む)

どんなロゴが良い?

モーションロゴとして活用することを前提に考えた場合に、どのようなロゴにするべきかを3つにまとめた。

シンプル

読みやすい、フラットデザイン、汎用性が高くアニメーションさせやすい。

明確

会社(ブランド、商品、サービス)の使命や目標、価値が表現されている。

ファイル形式

IllustratorまたはAfter Effectsのマスターデータを持っておく。

モーションロゴのサンプル紹介

いろんなパターンのロゴをサンプルとして作ってみた。どんなことができるかということを知ってもらいたい。

歯科

テーマカラーの水色で清潔感を出す。分かりやすく歯をキャラクターにし、コミカルな効果音を入れることで、歯科に行くのが怖い子供に安心感を与える。

ダイニング&バー

夜の繁華街を連想させるネオンサインで作った。背景には都会の夜景写真を入れ「大人がワクワクできる夜の楽しみ」というイメージを打ち出している。

工務店

家を建てる工程をアニメーションさせることで、シンプルに事業を説明。施主は若い世帯が多いことを想定し、トレンドを意識したフラットデザインに。

音楽レーベル

レコード会社は音を売るビジネスなので、サウンドに合わせたオーディオスペクトラム(波形)のアニメーションで事業内容を視覚的に表現。

書籍出版

出版社なので本をパラパラめくるようなモーションをつけて、メインターゲットである読書家に対してアピール。

自動車メーカー

フラットデザインのロゴを、クルマのエンブレム風に3D+メタリックに演出することで、車関係の業種であることを明確に。メーカーだけでなく車関係のあらゆる業種で使える。

アパレル

ストリート系のアパレルブランドという前提で、エクストリーム映像を使いターゲットに対してストレートに訴求。映像はフィリピンのセブで撮影。

宝石デザイン

シルバーアクセサリーデザインのブランドという前提で、金属の質感と高級感を出すために3Dモーショングラフィックを活用。

IT

点と点を線で繋いだポリゴンのアニメーションと、近未来的なサウンドとモーションをつけて、ウェブやテクノロジー関係の業種であるという印象づけをしている。

まとめ

  • ロゴはアイデンティティ
  • ロゴは会社やブランドの顔
  • ロゴは動かす時代に

ロゴは自社のアイデンティティを象徴するもの。昔に例えれば家紋である。ロゴの重要性を多くの人に知ってもらいたいと思いこの動画を作った。
インターネット上ではあらゆる商品やサービスがひしめき、競い合っており、その量と質は年々増えている。その中でしっかりと認知してもらい、顧客に信頼感を与え、成長していくためにはロゴデザインがとても重要だということ。
これから通信量や速度が大幅に上がり、ますます映像による企業の宣伝活動が重要になってくることは間違いないので、是非これを機にモーションロゴを活用してみてください。

0
に投稿 コメントを残す

【Amazon】プレゼン用に買ったCOOAUの4,600lm激安プロジェクター【iPad】

今回紹介している商品

プロジェクター COOAU A4300

アクセサリー関係

トラベル三脚 Manfrotto Element MKELES5BK-BH
譜面台 Eastar EMS-1
USB-C to HDMIケーブル 1.8m

参考:他社プロジェクター

EPSON EB-1780W 3,000lm
BenQ MW612 4,000lm
ELEPHAS YG600W 5,000lm

COOAU A4300.001
COOAU A4300.002
COOAU A4300.003
COOAU A4300.004
COOAU A4300.005
COOAU A4300.006
COOAU A4300.007
COOAU A4300.008
COOAU A4300.009
COOAU A4300.010
COOAU A4300.011
COOAU A4300.012
COOAU A4300.013
COOAU A4300.014
COOAU A4300.015
COOAU A4300.016
COOAU A4300.017
COOAU A4300.018
COOAU A4300.019
COOAU A4300.020
0
に投稿 コメントを残す

手ぶらでOSMO Actionのハイパーラプス機能を使って歩き撮影

アクションカメラについて言えば、先日GoPro HERO8が発表されましたね。そのタイミングに合わせたのかどうか、DJIのOSMO Actionがファームウェアのアップデートをリリースし、ハイパーラプスなどいくつかの新機能が加わりました。そこで今回、「旅動画」(歩きながら風景を撮影)と「手ぶら」ということをテーマに、このハイパーラプスを使って撮影テストをしてみました。

ハイパーラプスは速度が10X、15X、30Xから選択できますので、それぞれで昼間と夜間の撮影を行いました。撮った映像については下の方の埋め込み動画をご覧ください。

手ぶらということについてはアクセサリーを使い、ネックマウントとクリップマウントで何パターンか撮影してみましたが、ネックマウントが一番歩きながらの撮影に適していると感じました。これは聴診器のような形で首からOSMO Actionをぶら下げて撮影するのですが、良かった理由としては「角度をつけやすい」ということと、「歩くことによる振動が映像に影響しにくい」という点が挙げられます。

クリップマウントでは、バックパックのショルダーベルトと、腰のベルトそれぞれに付けてみましたが、バックパックはカメラの角度が狙いたい方向に向けられないので微妙でした。腰についてはカメラの位置が低いため、歩くときの振動がカメラに影響しやすく、ブレ補正が効いているOSMO Actionの映像でもガクガクしたような映像になってしまったのでイマイチでした。

ネックマウントが手ぶらでの歩き撮影にとても向いていると感じたのは前述の通りですが、それ以外にも、撮影しないときは服の中にカメラを隠しておけますし、撮影したいときにさっと取り出せるというメリットもあります。

OSMO ActionとGoProシリーズのどちらがいいかということで言えば、個人的にはOSMO Actionをオススメします。その理由は「安い」から。この記事を書いている時点で、AmazonではGoPro HERO8が約56,000円、OSMO Actionが約38,000円と、約18,000円ほどOSMO Actionの方が安いです。

これから旅行に行く予定がある方、OSMO Actionで楽しい思い出を動画で残しましょう!

DJI OSMO Action アクションカメラ
DOSMUNG ネックハウジングマウント
TELESIN クリップマウント

0
に投稿 コメントを残す

ASHANKSの映像撮影用電動スライダーS2

高額な電動スライダーがかなり安く買えるASHANKSのS2を紹介します。電動スライダーでこの価格帯で買えるのは希少です。

商品紹介動画用に電動スライダーの購入を検討していましたが、どれも10〜20万と高額なため、「電動スライダー」の中では3万円程度と、圧倒的に安いと思われるこのASHANKS電動スライダーを購入しました。

私も全ての使い方を把握できているわけではないのですが、取扱説明書が英語のみとなっているので、これから購入を考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

仕事でお付き合いのあるクライアントさんから商品紹介の動画の制作を依頼されることがあり、このスライダーを使った撮影をするようになってから大活躍してくれています。
遠近感を活かしたパララックスな映像が撮れます(パララックス:例えばカメラに近い被写体と、背景などカメラから遠い被写体が、カメラをパンすることでずれていくことです)。

この電動スライダーは80cm、120cmなど何種類かあり、私は3万円ほどで販売されている80cmのモデルを購入しました。

必要なもの一覧

まず、これを使うにあたり必要なものは以下になります。

  • カメラ
  • 三脚
  • 自由雲台
  • モバイルバッテリー

カメラ

これは説明するまでもありませんが、スライダー自体カメラのためのものなので必須になります。

三脚

これも説明はほぼ不要です、スライダーの購入を検討している方は三脚をすでにお持ちだと思いますので。ただ三脚がなくてもテーブルなどの上にスライダーの四隅を立てて置くことで使うことは可能です。
スライダーに水準器が付いているので、四隅の足の角度を調整して水平にすることができます。
またこのスライダーの下側にネジ穴があり、三脚のプレートを取り付けられるようになっています。この穴が何個もあって、1/4と3/8両方のネジに対応しています。

自由雲台

このスライダーにカメラを直接取り付けても撮影は可能ですが、自由雲台があった方が角度を付けて撮影できるので、カメラとスライダーの間に自由雲台があった方が便利です。自由雲台は何でもいいと思いますが、私はこのスライダーをよく使うためにこれ用に自由雲台を購入しました。
Amazonで買ったTRIPLE TREEの自由雲台です。Amazonのレビューでも実際に高評価が目立ちますが、低価格ながらしっかりしていておすすめです。

モバイルバッテリー

最後、これがないとコントローラーの電源が入らず使えません。といっても、スマートフォン用のモバイルバッテリーを持っていればそれをそのまま使えます。
また電源が取れれば何でも良く、パソコンやUSBケーブル+アダプター+延長コードなどでも使えます。ただ屋外で使用したい場合や、屋内でも場所を選ばず使いたいという場合はモバイルバッテリーを1つ持っておくと良いでしょう。
私はAmazonで買ったAnkerのAstro E1というものを使っています。

使い方

この電動スライダーのセットアップ方法と撮影方法を紹介します。

1:ゴムを取り付ける

ゴムのベルトをモーターに通して、左右をしっかりピンと張った状態で、付属の六角ネジで固定します。モーターをスライダーに付けた状態でゴムを通すこともできますが、難しかったので一度モーターを外してからゴムを取り付けた方がやりやすいです。

2:モーターを取り付ける

スライダーにモーターをネジで取り付けます。

3:カメラとコントローラーを取り付ける

カメラをスライダーに取り付け、コントローラーをモーターに接続します。

4:モバイルバッテリーを取り付ける

モバイルバッテリーとコントローラーを接続するとコントローラーの電源が入ります。なおコントローラー自体には電源のオンオフがありません。

5:A地点とB地点をセット

コントローラーに電源が入ったら、最初に「Set A to B」でA地点とB地点の設定を行います。まずはA地点、コントローラーのジョイスティックで左右どちらかにスライダーを移動させ、A地点に設定したい場所で止めてジョイスティックを垂直方向に押します。特に決めてなければ一番端でOKです。次はB地点、今度はその反対側にスライダーを移動させてジョイスティックを押して設定。これでA地点とB地点の設定が完了、初期設定も全て完了となります。あとは好きなようにスライドさせ、いよいよ撮影開始となります。

撮影

「Video Shot」には「Continue Moving」と「Manual Trans」があります。Continue Movingは方向とスピード、ポジションを決めてスタートすることで、オートで動かせます。スピードは0〜100の100段階で調節可能です。Manual Transはジョイスティックで左右に動かすと、その通りにスライドします。
Continue Movingにすると、方向とスピード、ポジションを決めてスタートすることで、オートで動かせます。
Time Lapseは今のところ使いみちがなくて試してないのですが、インターバル(何秒)、撮影枚数、方向、トータル時間を設定して利用できるようです。

その他の機能

スライダーの真ん中に通っている棒はフォーカスポールといって、この角度を変えることでトラックドリー、パノラミックという2つの機能が使えます。
またスライダーに角度を付けて、斜めにスライドしながらの映像を撮影するといったようなこともできます。

総評

このASHANKSの電動スライダーを実際に使ってみて良かった点や気になった点を挙げてみます。

安い

電動スライダーとしては圧倒的に安いです。ただし最近になってNEEWERの電動スライダーが発売され、こちらも現時点で3万円ほどでAmazonで販売されていましたし、今後各メーカーがいろいろ出してくれればもっと安くなっていくのかなという気がしています。

軽くて丈夫

カーボン素材なので軽くてしっかりしています。しかも専用バッグも付いているので、旅行など出先で持ち運ぶのに最適です。

静か

音声が必要な場面、例えばインタビュー動画などでは、音が気になるところですが、これのモーター音はほとんど気にならないレベルです。実際に企業の内部用動画の撮影の仕事をしたことがあったのですが、まったく問題なかったです。

コントローラーが安っぽい

スライダー本体のデザインは良いのですが、コントローラーはかなり古い感じのデザインでした。画面表示も20〜30年前のような雰囲気で、使い勝手はそれほど悪くありませんが、安っぽさがあります。ちなみに表示は全て英語になります。
これはモーターに有線で接続して使うタイプですが、新しく発売された2,500円ほど高いBluetooth対応の無線モデルでは専用アプリを使って操作ができるので、少し待って無線の方にすれば良かったなと少しだけ後悔しています。

商品リンク(Amazonアソシエイトを利用しています)
ASHANKS電動スライダー(有線)
ASHANKS電動スライダー(Bluetooth)
TRIPLE TREEの自由雲台
Ankerのモバイルバッテリー

0
に投稿 コメントを残す

ボーカルオーディションの模様が公開されました

リトラボーカルクラブさんのYouTube動画CM用オーディションが先日開催され、その模様が公開されたのでお知らせ致します!
120名の応募の中から選ばれた方々だけあり、皆さんビジュアルも歌唱力も素晴らしいですね〜!
個人的には2番目に登場したミュージカル系の女性シンガーさんに衝撃を受けました。
リトラボーカルクラブさんが本来求めているジャンルの歌唱とは違うものの、私も音楽業界で長いこと仕事をしてますが、生で聞いて久々に鳥肌が立つ感覚を覚えました。
グランプリの発表はリトラボーカルクラブさんのサイト、そしてこのサイトでも行いますので、是非お楽しみに。
あとチャンネル登録も是非よろしくお願いします!

0
に投稿

モデル撮影のご依頼はオイゾウへ

オイゾウのホームページにお越し頂き誠にありがとうございます! 約半月前にリニューアルしてから、ホームページ制作や動画コンテンツ制作のご依頼を今まで以上にたくさん頂けるようになり、おかげさまで忙しい日々を送っております。
Apple Store(オンライン)での注文から1ヶ月近く待ってやっと届いたApple Watch Series 4が最高すぎて、充電時以外は常に装着しているほどなので(もちろん就寝時も)、機会があれば近いうちにレビューしたいと思います!

最近は移転作業などもあってバタバタしておりますが、そんな中でアパレル企業様のご依頼によりモデルさんのキャスティングと撮影を行いました。
断言しますが、ホームページのコンテンツの1つとしてモデルカットはとても重要です! アパレルだけでなく全ての業種で是非おすすめです。
多くのクライアントさんから「でも高いんじゃないの?」と聞かれますが、もちろん良いモデルさんほど金額は高くなりますが、費用対効果で考えるとモデルカットを取り入れない理由はありません。
またプロモーションという意味合いでもおすすめしたいです。人気のモデルさんほどインフルエンサーとしてInstagramなどのSNSで自ら情報発信をしていて、そこには彼らのファンがいますので、SNSを活用しながらより幅広いアプローチをすることも可能です。実際にモデルカットを掲載してからUU(ユニークユーザー)もPV(ページビュー)も急激に上昇するのを確認しています。

オイゾウではホームページ制作にとどまらず、ホームページに必要である様々なコンテンツに対応しておりますので、是非ご利用ください!

今回ご協力頂いたモデルの皆さんは本当に素敵な方々ばかりでした。
この場をお借りしてお礼させて頂きます、ありがとうございました!

0
に投稿 コメントを残す

ドローン空撮で写真素材の幅も広がります

本日はとある建築関係のクライアント様の施工事例用写真を撮影させて頂きました。
こちらの瀟洒な邸宅は洋風なデザインが特徴で、特に玄関前の広いテラスやビルトインガレージ、リビングのシャンデリアなどにとても強いこだわりを感じました。
屋根の上には給湯用と給電用のソーラーシステムが備え付けられており、その外観イメージを撮るためにドローンを使用しました。
施工事例のページはホームページの中でもとても重要なので、このような形でドローン写真を取り入れてみてはいかがでしょうか?
オイゾウではホームページ制作だけでなく写真や映像といった撮影や編集も行っておりますので、もしご興味ございましたら是非一度お問い合わせください!

ベランダの亀
2階のベランダで亀を発見。
カメラを向けるとしっかり目線をくれて、ポーズまで決めてくれました。

0
に投稿 コメントを残す

永咲花CM動画を公開しました

撮影から編集まで全て行ないます

先日出演者を募集しておりましたCMが完成しました。
オイゾウで企画から撮影、編集、キャスティング、演出、音楽など全て一貫して行ない制作した作品です。
撮影はデジタル一眼レフカメラ以外に高性能の撮影用ドローンやアクションカメラを使い、また編集も動画編集ソフトのPremiere Pro CCだけでなくモーショングラフィックスに強いAfter Effects CCなども併用することが可能です。

YouTubeへのCM動画を作りませんか?

最近はこのような企業・ブランドのPR動画のご依頼がとても増えております。
大手制作会社と比べても格安で作ることができますので、YouTubeなどで使うプロモーション動画を検討されている企業様は是非お問い合わせください。
予算に応じた内容で制作させて頂きますので、宜しくお願い致します。

0
に投稿 コメントを残す

アニメーションの企業ロゴを依頼するならオイゾウへ!

最近よくご依頼を頂く動画の制作関連として、企業やブランドのロゴをCMなどに入れる際に、ただ画像を入れるのではなく、ちょっとしたアニメーションを付けるというものが増えてきております。
ロゴや企業名がふわっと浮き出てきたり、するっと滑らかに現れたりさせることで、イメージをよりいっそう訴求することが可能です。
YouTubeなどにイメージ動画やCMを展開する際に、是非このようなアニメーションを取り入れてみてはいかがでしょうか?
オイゾウではホームページや動画関連について幅広い案件に対応が可能ですので、是非お気軽にお問い合わせください!

↑ふわっとした感じと立体感がポイントです。

↑ロゴの周りに動く点や線を入れて躍動感を出しています。

↑動く四角の部分だけ画像が見えることで、「もっと内容を知りたい」と気になってもらえるような演出です。

↑点と線をアブストラクトな雰囲気で動かしています。

0