に投稿 コメントを残す

iPhone SEを買おうとしているドコモ一筋の社長に格安SIMを勧めてみる

お、もうこんな時間か。
ちょうどキリがいいところだし、今日はこの辺で終わりにするか。
オイゾウ
オイゾウ
誰だ、こんな夕方に。
おそらくセールスか。
居留守使えばそのうち帰ってくれるだろう。
オイゾウ
オイゾウ
社長から電話か。
もしかして、チャイム鳴らしたのは社長か?
今そこにいるのか?
とりあえず電話に出ておくか。
オイゾウ
オイゾウ
オイゾウ
オイゾウ
はいもしもし。
社長
もしもし。
オイゾウ
オイゾウ
あ、どうも社長お世話になります。
社長
今いるか?
オイゾウ
オイゾウ
事務所にですか?
社長
おう。
オイゾウ
オイゾウ
いえ、今日は出かけてます。
社長
何だよ、せっかく今来てるのに。
オイゾウ
オイゾウ
そうなんですか?
いや〜タイミングが合わなくて本当に残念です!
社長
まぁ分かった、じゃあまたそのうちな。
オイゾウ
オイゾウ
失礼します。
今すぐ出ると社長に出くわす可能性もあるから、あと5分くらいしたら出るか。
オイゾウ
オイゾウ
おう、いたのか。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
社長、ちょっと何勝手に入って来てるんですか!
あれ、おかしいな?
さっき電話では出かけてるって言ってなかったか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
え、言ってましたっけ?
まぁどっちでもいいよ。
それより、スマホをそろそろ買い替えようと思うんだが、君はどう思う?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
それは私に聞かず、携帯ショップで聞いてください。
そうじゃなくてだな。
ドコモショップに行って「ドコモとソフトバンク、どっちがお得ですか?」なんて聞けないだろ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あ、社長ドコモなんですね。
もう10年以上になるかな。
最近は何だ、安いのがいろいろあるらしいじゃないか。
君は知ってるか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
格安SIMのことですね。
私はもうずっと格安SIMを使ってますよ。
格安だと?
私が言ってるのは酒屋のことじゃなくて、スマホのことだ!
社長
社長

オイゾウ
オイゾウ
なんでも酒やカクヤスのことじゃなくて、格安SIMです、SIM!
分かっておる、冗談だ。
で、どうなんだ?
そんなに安いのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
安いですね。
もうかれこれ5〜6年になりますかね。
3社ほど乗り換えてますけど、安いしサービス内容も問題ないですし。
よっぽどのことがなければ、もうキャリアには戻らないでしょうね。
なんだ、そのキャリアってのは?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
MNOと呼ばれる通信事業者のことで、具体的にはドコモ、ソフトバンク、auが3大キャリアなんて呼ばれてますね。
一方でMVNOというのはMNOつまりキャリアが持っている設備を借りてサービスを提供している事業者のことで、MVNOだと覚えづらいというのもあって、これを分かりやすい言葉で言い表しているのが「格安SIM」ってことです。
分かったような分からないような。
だいたいSIMって何だ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
簡単に言うと、スマホに差して使うカードで、これがないと電話機としてスマホを使うことができないようになっています。
社長が今使っているスマホにもSIMカードは入ってますし、そのSIMカードには社長を識別するための番号や、090とかから始まる電話番号ありますよね?
この番号も入ってます。
そうか、この中に入ってるのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
iPhoneだとサイドの電源ボタンの下にSIMカードのトレーがありまして、この小さい穴にピンを差すと、トレーが出てきます。
その中に小さいカードが入ってますが、それがSIMカードです。
そう言えば、ドコモショップで店員さんが入れ替えてくれてるのを見たことあるな!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
このSIMカードにも種類があって、今のiPhoneの場合はNano-SIMというタイプになります。
まぁそういう細かい話はいいから。
とにかく、格安っていうくらいだから安いわけだな?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
相対的には確かに安いですが、かと言って格安って言えるほどではないんですよ。
格安SIMでも、利用できる通信量が大きければ、その分料金も結局高くなりますし。
料金的なことで言えば「比較的安い」という感じでしょうか。
なんだ、期待してたのと違うな。
だいたい、安くなるのはうれしいけど、私の周りでも格安SIMにしてるのなんて、そうそういないぞ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
不安になるのは当然だと思います。
5月18日にネットニュースで「MVNOとY!mobileを合わせた格安SIMをメインで利用する人のシェアは2割、1年前より2.8ポイント増加」というのがありました。
それによると、今年2月に実施した調査で、格安SIMの認知度は90.6%、内容理解は52.3%、現在利用が20.1%だったということです。
この数字から見えるのは「ほとんどの人が知っている」「半分はそれがどんなものか知っている」「実際に使っているのは5人に1人」ってことなんですよね。
つまり、半分の人は内容が実はよく分かってないということ、それから実際の利用者はごく一部だっていうことです。
もちろん中には、よく理解した上で必要ないから使ってないという人も多いでしょう。
しかし、実は本当に多いのは「変えるのが面倒」だと思っている人たちです。
そうなんだよな。
私も、解約月なんて言われても、そんなのはいつの間にか忘れてしまってるし、まぁドコモのままで別に何も困らないし、つい放置してしまうんだよ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
スマホの利用シーンなんてそれこそ人それぞれなので、全ての人にキャリアがいいとか、もしくは格安SIMがいいってことはありませんが、とりあえず検討してみること、そして必要なら実際に試してみることが大切ってことです。
iPhoneもそろそろ買い替えたいし、ちょうどいいタイミングかもな。
それはそうとして、もう10年以上ドコモだから、今ドコモをやめたらもったいない気もするのだが、どうだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
まぁ確かに、各社とも囲い込みのために、契約期間が長い利用者を優遇するサービスをやってますからね。
ただ、他のキャリアも同様ですが、例としてドコモに関して言うと、今のプランでは毎月料金の割引制度はなくなりましたし、その代わりにdポイントをプレゼントするようになりましたけど、そもそも元の料金が高いわけで、結局トータルで見て比較しないと意味ないわけですよ。
そこまでシミュレーションして比較するのは正直かったるいしな。
窓口で契約するときも、イメージで「まぁ多少お得ならいいか」程度にしか思ってないからな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
1社でずっと契約し続けるメリットって、今はほとんどの場合を除いてないですね。
例えば普段PayPayを使ってるからソフトバンクがいいとか、あとは家族割引を受けていて家族を説得できないとか、インターネットの光回線とまとめて契約していて安くなってるからとか、そのくらいじゃないですかね。
じゃああれはどうだ?
最新のiPhoneが実質0円になるみたいなのがあるだろう?
あれは本当か?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あれはウソではないですが、今はもうないです。
携帯電話の利用料金の仕組みがあまりにも複雑すぎたこともあって、通信料金と端末料金を別にするようになり、それに伴いなくなったんですよね。
じゃあ、今はiPhoneを定価で買わないといけなくなってしまったのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
それがそうでもなくて、ある条件を満たせば0円にはならないものの、2/3になるようなキャンペーンならありますね。
それは最新のiPhoneでもか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
キャリアだとそうですね。
そうか!
それなら私は、やはりドコモで最新のiPhoneに変えるぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
ただちょっと待ってください。
実際には36回の分割で買って、24回目まで終わると、返却したときに残りの支払い12回分がチャラになるといったような仕組みなんですよね。
これ、本当にお得だと思います?
そりゃそうだろう!
1/3も払わないでいいわけだからな。
こんなキャンペーンがあるなら、iPhoneを定価で買うのがバカらしいわ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
だけど、iPhoneを返却しないとですよ?
そしたらまた新しいスマホ買わないとですよね?
あ、そういうことか。
そう考えると、2年はちょっと短いかな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
iPhoneの場合は中古市場でも需要が高く、最新のiPhoneを買って2年後にヤフオクやメルカリで売れば、そこそこいい値段で売れますからね。
ちなみに内閣府の2018年の調査では、スマホ買い替えサイクルの平均は3〜4年ということです。
また29歳以下の若い世代では2〜3年、60歳以上の高齢世代では5年以上となっていますね。
そもそも社長はすでに今のiPhoneをもう5年以上使っているわけですよね?
この統計通りで考えれば、2年で返却っていうのは明らかに早すぎるんですよ。
なるほど。
甘い話はないってわけだな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
しかし社長、今までよくそんなんで会社続けてこれましたね?
騙されたりしたことないんですか?
何だと!
失礼だな君は!
自慢じゃないがな、私は会社経営してもうウン十年にもなるが、騙されたことなど一度もないわ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
それ、多分気づいてないだけじゃないですかね。
まぁ、何を言っても世間の本当の厳しさを知らない君には分からんよ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうですね。
それより話は戻るが、やっぱり私はドコモをやめたくないのだ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
どれだけドコモが好きなんですか。
そうじゃないんだ。
もう10年以上もこの電話番号のままだから、今から番号を変えると、普段顔を合わせている相手ならともかく、もう何年も連絡を取ってない友達にも新しい番号を教えないといけないし、いろいろと大変だからな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
社長は化石ですか?
何!
それはどういう意味だ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
いいですか社長、今は電話番号そのままで、契約している会社を変えられる時代ですよ。
そうなのか?
それは知らなかったぞ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
MNPといって、これはモバイルナンバーポータビリティの略なんですが、電話番号を変えずに元の会社を解約し、別の会社で新規に契約できるんです。
しかし、なんだそのMN、、まぁいいが、覚えにくい名前だし、手続きも面倒なんじゃないか?
だってほら、ドコモで新しいスマホに買い換えるだけなら、窓口に行けばあとは店員さんが全部やってくれるから楽だろう?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そんなに言うほど面倒ではないですよ。
社長の場合、まずは今現在契約中のドコモに「MNPします」と伝えるんです。
そうするとドコモから「MNP予約番号」を教えてもらえますので、乗り換え先の会社で契約するときに、そのMNP番号を一緒に伝えるだけです。
ちなみに手数料がちょっとかかりますが、転出と新規の両方合わせて総額5〜6,000円といったところですね。
話を聞く限りでは、そんなに手数料もかからなそうだし、自分でもなんとかできそうだぞ。
あ、だけど違約金はどうするんだ?
何年縛りみたいなのあるだろう?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
よくご存じで。
契約期間は2年が一般的ですが、その2年が経って、解約できる月に解約しないと違約金がかかるというのは確かです。
でもこれはほぼなしになりましたね。
ほぼってなんだ?
曖昧だな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
今まではだいたい1万円程度の違約金がかかってたのですが、去年それもなしになり、違約金がかからないか、かかっても1,000円程度というように変更になったんですよ。
そんなもので済むのか。
気兼ねなくいつでも解約できる金額だな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
さて社長、それではどこの会社に乗り換えましょうかね?
いや、でもやっぱりドコモがいいな、、、
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
社長、、、
ポインコ兄弟のぬいぐるみでも抱いて寝てください。
アマゾンのリンク貼っておきますから。

タイトー ポインコ 特大サイズぬいぐるみ 全2種セット

何だポインコってのは?
それより、実を言うとな、携帯メールあるだろ?
ドコモをやめるとこのメールアドレスも使えなくなるから、ちょっと困るんだ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
アットマーク以降がdocomo.ne.jpのメールアドレスってことですね。
そう、それのことだ!
通販サイトの登録なんかでも全部これだし、他にも思い出せないのも含めるといろいろあるから、このメールアドレスが使えなくなるとかなり困るんだよ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
ガラケーの時代は、確かにキャリアメールを使うことのメリットもありましたけどね。
あ、ちなみにキャリアメールっていうのは、このdocomo.ne.jpとか、ソフトバンクだとi.softbank.jp、auだとezweb.ne.jpっていうように、スマホや携帯電話を契約しているキャリアから付与されるメールアドレスのことです。
社長のように、メールアドレスを変更するのが面倒だからという理由でずっと使い続けてる人は、実際に私の知っている範囲だけでもかなりいますので、気持ちは分かります。
ただ、今はメリットが基本的にない上に、デメリットが大きいので、ドコモをやめるかどうかは別として、キャリアメールはやめるべきでしょう。
具体的にはどんなデメリットがある?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
各社で微妙に違いますので一概には言えませんが、確実に1つ大きいデメリットを言うと、それによって携帯会社に縛られてしまうということですね。
まさに今の社長の状態というわけです。
ではどんなメールアドレスにすればいいのだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
Gmailが一番いいでしょうね。
やっぱりGoogleが提供するサービスというのが大きいですし、高機能で使いやすくて、その上無料で使えるっていうのは他にありませんから。
世界中で多くの人が使ってますし、ビジネスのシーンでもGmailに対するネガティブな印象は全くないですしね。
Gmailか、それなら多分私も1つ持ってたような気がするぞ!
よし、メールアドレスはこれからGmailを使うことにしよう。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
これでもうさすがに、ドコモに何が何でもこだわる理由はなくなりましたか?
もうこだわるのはやめたぞ。
だけど、やっぱり心配なんだよな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
何がですか?
ほら、10年以上ドコモで来たから。
せっかく今まで快適に使えてきたのに、その格安何とかにしたら電波が入らないとか、会話が途切れるとか、そういった問題は大丈夫なのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
確かに、社長が心配になるのはもっともなことです。
まず、ドコモは3大キャリアの中でも最も通信速度が早くて質も良いです。
そして格安SIMについてはキャリアの回線を借りた上で提供していますので、それほど変わらないことはあっても、キャリアより速くて質が良いとは基本的にならないです。
ちょっと待てよ。
今の話を聞くと、結局ドコモが一番いいってことじゃないか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうなんですよ。
今までさんざんドコモから乗り換えましょうという話をしてきましたが、ドコモが一番です。
き、君な〜!
私はヒマじゃないんだぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
まぁまぁ社長、落ち着いてください。
それでは一例として、どういう人が格安SIMに向いてるかっていう話をしますね。
今のスマホの料金プランっていうのは、キャリアも格安SIMも、基本的にはパケット通信量を毎月どのくらい使うかで決まってきます。
そしてこれが固定費として毎月かかるわけです。
この固定費に通話した分を加えたものが、その月の料金というわけです。
その固定費が、格安SIMのmineoだと、3GBで1,600円なんですよね。
他の格安SIMもだいたいこのくらいの金額になります。
一方で、同じ3GBでも、ドコモだと4,150円になるんですよ。
なんと2.6倍です。
いやちょっと待ってくれ、いまドコモのホームページを見てるんだが、ギガライトっていうプランが月1,980円って書いてあるぞ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
本当ですか?
ちょっと私も見てみますね
あ、本当ですね。
ただ3GBの場合は2,480円となっていますね。
何?
あぁそうなのか。
それでも4,150円ってことはないな。
君が言うほど、金額の違いはそこまでないんじゃないか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
これがドコモに限らずキャリアの大きな問題でもあるんですが、とにかく本当の料金がいくらなのかが、そもそも分かりづらいんですよ。
確かにギガライトというプランが月1,980円と大きく太字で書いてありますが、この少ない文字数の中にどれだけ入れるのかっていうくらい、注釈だらけになってますよね?
ま、まぁ確かにそうだが。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
注釈が1〜6まであり、しかもそれがすぐ下に記載されてなくて、ものすごくページをスクロールすると、やっと下の方に書いてあるという具合です。
これは、、、
私なら読まないな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
つまりこの月1,980円というのは、家族何人かで同じ契約をしていて、dカードっていうドコモのクレジットカードを使っていて、2年間の定期契約っていうので、さらに月のデータ通信量が1GB以内だった場合っていう、あらゆる条件を全て満たして初めて実現する金額なんです。
これは分かりづらくてたまらんな!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あらゆる条件を全く満たさない場合は3GBで4,150円ですが、本当に知りたいこの金額は小さく書いてあるわけです。
こっちを大きく書いてほしいくらいだ!
あやうく勘違いするところだったぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
まぁとにかく、格安SIMがキャリアより比較的安いということは、感覚的には理解してもらえましたでしょうか?
それは分かった。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
ではもう1つの例として、今度は3GBではなくその10倍、1ヶ月30GBで見てみるとどうでしょうか?
mineoは6,600円、そしてドコモは7,150円です。
ん?
あんまり変わらんな。
どういうことだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
一概には言えませんが、ざっくりとしたところでは、大容量のプランになるほどキャリアと格安SIMとの差がなくなるんですよ。
なので極論ですが、少ないデータ容量、例えば3GBとかそれ以下で十分ということであれば格安SIMの安いというメリットを十分に享受できる一方、大容量が必要という人にとっては、むしろ相対的に品質が高いキャリアの方がコスパが良い可能性が高くなるのでおすすめ、ということになります。
なんとなく分かってはきたのだが、、
その肝心の容量っていうのが、私にはどのくらい必要なのかがさっぱり分からんのだ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
分かりました。
それでは、それを判断するために今から社長に2つほど質問をしますね。
まず1つ目、普段よくいる自宅や職場ではWi-Fiがありますか?
あるぞ!
両方ともな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
分かりました。
それでは2つ目、それ以外の場所にいるとき、スマホでYouTubeなどの動画をよく見ますか?
行き帰りの電車くらいかな。
電車に乗ってるときはYouTubeを見るときもあるし、Yahoo!ニュースを見てることも多いかな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
分かりました、では答えを言いますね。
通勤時に動画をどうしても見たいならドコモのままでOKですが、ただし高いです。
通勤時は動画を我慢できるということなら、これを期に格安SIMに変えましょう。
その場合、料金はかなり安くなります。

どちらを選びますか?
ん〜難しいなぁ。
どのくらい料金が変わるんだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
キャッチホンや留守電を付けたり、あとは毎月どのくらい電話をかけるかで変わってきますが、そういうのを抜かすと、電車内では動画を見ないということなら安いmineoの3GBで毎月1,600円、電車内でも動画を見たいなら高いドコモの30GBで毎月7,150円です。
かなり違うのは分かってくれましたか?
そ、そんなに違うのか。
自宅や会社ではYouTubeや動画を見ても問題ないのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
Wi-Fiがあるなら、いくら見ても大丈夫ですよ。
電車だと、ちょっとでも動画を見てはダメか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
ちょっとなら大丈夫なんですが、、、
仮にYouTubeで、480pで見たとして、ちなみにこの480pっていうのは画質のことなんですが、5時間見ると3GBくらいになってしまうんですよね。
5時間か、、、
片道30分として往復1時間だから、この計算だと5日で3GB使い切ってしまうということだな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうです。
ちなみに高画質の1080pで計算すると、1時間半程度で3GBですからあっという間ですね。
なるほどな。
動画を見るならWi-Fiでってことか。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
まぁそういうことですね。
ところでさっきから動画のことばっかり言ってるが、動画以外はどうなんだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
他に、電車や外出先でどんなことしてますか?
何って、インターネットを見たり、メールしたり、ニュースを見たりっていうところかな。
あとはゲームもたまにやるな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
ゲーム以外はほとんど気にする必要はないですね。
ゲームは、何をやるかにもよりますが、通信量は動画よりは小さいので、電車に乗ってるときにやる程度なら問題ないです。
とにかくWi-FiがないところではYouTubeを見ないように気をつければいいってことだな。
よし分かった!
ではドコモから格安SIMに変える決心をしたぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あ、それともう1つ確認ですが、電話はよくかけますか?
それはもちろん、仕事で使うからな。
いちいち当たり前のことを聞くな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
1回の電話で10分以上話すことは多いですか?
10分?
計ってないから、そんなことはいちいち覚えておらん。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
実はですね、多くの場合、オプション料金を追加すると「10分以内なら通話料無料」というような、時間制限つきのかけ放題サービスをやってるんです。
そういうことか。
いやしかし、結構1時間くらい話し込んだりすることもよくあるかな。
そういう場合はどうなる?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
基本的に通話料は30秒20円なので、仮に1時間話すと、その1回の通話だけで2,400円かかってしまうわけです。
なのでその場合は、時間無制限でかけ放題をやっている会社を探すのがいいかもしれませんね。
そんなのもあるのか!
私はそれにするぞ、どこの会社だ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
今現在確認できる範囲ですと、格安SIM業者で時間無制限かけ放題サービスをやってるのは以下の会社です。
ワイモバイル 月+1,000円
UQモバイル 月+1,700円
エックスモバイル 月+2,300円
イオンモバイル 月+1,500円
QTモバイル 月+2,500円
よし、だいぶ絞れてきたな。
その中で特におすすめなのはどれだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
一応説明すると、このかけ放題っていうのは基本的にプレフィックスかIP電話のどちらかになります。
プレフぃ、、、IP、、、
なんだそれは?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
プレフィックスというのは、こちらがかけるときに、相手の電話番号の前に6〜7桁の決められた業者ごとの番号を付けるのですが、これは各社が用意している専用アプリを使うことで自動的に番号が付けられるので、それほど気にする必要はありません。
この中ではワイモバイル、UQモバイル、エックスモバイル、QTモバイルが該当しますね。
もう1つのIP電話というは、050から始まる別の電話番号を使って、ネット回線で通話できる電話です。
このIP電話でかけた場合、090(または080)といういつも使っている電話番号ではなく、050から始まる番号が相手に通知されます。
簡単に言うと、090から始まる番号と、050から始まる番号という、2つの番号を使い分けることになります。
この中ではイオンモバイルがそうですね。
そういうことなら、IP電話の方はなしかな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あとは、料金で決めればいいと思いますね。
3GBのプランで各社を見てみると
ワイモバイルが2,680円+1,000円で月3,680円
UQモバイルが1,980円+1,700円で月3,680円
エックスモバイルが2,180円+2,300円で月4,480円
QTモバイルが1,550円+2,500円で月4,050円

ワイモバイルかUQモバイルが同じ金額になりますので、どちらでもいいと思います。
ん〜、私には選べないから、君が決めてくれないか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうですね、、、この2社は格安SIMの中でもメジャーですし、店舗数も多いですからね、どっちでもいいと思いますけど。
あと比較できることと言えば、格安SIMはキャリアの回線を借りているという話は先ほどしましたが、ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauのサブブランドで、それぞれの回線を使ってるんですよ。
だから実質的には格安SIMではなくキャリアとも言えますし、通信速度も他の格安SIMと比べて速く、信頼度は高いですね。
ソフトバンクとauならどっちを選びますか?
分からん!
どっちでもいいから、早く決めてくれ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうですね、、、
分かりました、では抽選アプリを使って決めましょう!
Lucky Drawというアプリで決めますね。
ほう、そんな便利なアプリがあるのか。
社員旅行とか忘年会とか、いろいろと使えそうだな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
それでは行きますね。
抽選スタート!

オイゾウ
オイゾウ
社長が契約するのは「UQモバイル」に決まりました!
よし、さっそく契約するぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そう言えば言い忘れましたが、留守電機能は必要ですか?
おう、留守電機能はないと困るな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
UQモバイルは月380円ですが、ワイモバイルだと無料なんですよね。
どうします?
何だと、それならワイモバイルの方がいいじゃないか!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
じゃあやっぱりワイモバイルにしましょう。
これで本当に決定だな?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうです。
手続きはまずMNPですからね?
分かってるよ、まずはドコモに電話してMNP番号をもらえばいいんだろ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうです。
その後にMNP番号をワイモバイルに申し込むときに一緒に伝えて、あとはSIMカードが届くのを待ちましょう。
SIMカードが届いたら、iPhoneに入れればいいんだな?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あ、それと言い忘れましたが、SIMカードを入れただけではダメで、その後にアクティベーションが必要ですからね。
何だまだあるのか?
もうこれ以上は覚えられないぞ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
大丈夫です、そんなに難しくないです。
Wi-Fi環境があるところで、APN構成プロファイルっていうのをダウンロードして、インストールします。
インストールが完了すると、モバイルデータ通信が使えるようになります。
社長の場合は自宅や職場、どちらでもWi-Fi環境があるので大丈夫ですよね。
これでいよいよ、長いこと付き合ってきたドコモともお別れだな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
今は1社でずっと契約し続けるよりも、その時々で、それこそ1〜2年とかのスパンで、自分に合うサービスを提供している会社と契約するのがおすすめです。
自分の環境や求めるサービスが時期によって変わるというのもありますが、それ以上に、競争が激しくなったことで各社とも新しくて魅力のあるサービスをどんどん出してきますので、1社にこだわり続けていると損する可能性も高いってことなんです。
例えば「いざ使ってみると通信が遅い」とか「思ってたよりなんだかんだで結局そんなに安くなってない」など、いざ蓋を開けてみるとガッカリすることもありますが、これは契約してみないと分からないってこともあるわけで。
だからこれが1年後だったら私は全然違う会社やサービスをおすすめしているかもしれませんし、もしかしたら逆に「社長、やっぱりドコモに戻らないとダメですよ」なんて言うかもしれません。
ずっと同じ会社じゃなくていいってことだな。
ところで肝心のことを聞き忘れたが、ワイモバイルでiPhoneは買えるのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
最新のiPhone 11やSEは買えませんね、そう言えば。
キャリアだと最新のiPhoneが買えますが、このワイモバイルに限らず他の格安SIMではiPhone 7とか、何年も前の機種しか取り扱ってないですからね。
おい、ちょっと待ってくれ!
それじゃ困るんだよ!
私はこの前出たばかりのSEが欲しいんだ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そんなに興奮しなくても大丈夫ですよ。
別のところでiPhoneを買って、ワイモバイルのSIMカードを使えばいいだけですから。
お、そうか。
スマホはドコモショップとか携帯ショップで買うものだと思い込んでいたからな。
で、私はどこに行けばいい?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
Apple Storeに売ってますよ。
Apple Storeだと?
近くにあったっけか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
近くになければ、、、
あ、そう言えば最近はヨドバシやビックカメラでも最新のiPhoneが買えるようになったみたいですね。
そういったお店に行ってみるのはどうでしょう?
う〜ん、それもちょっと遠いなぁ。
もっとこう、ふらっと行けるところで売ってないのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
一番手っ取り早いのは、オンラインのApple Storeですかね。
ネットで買えるってことか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうです、買う機種が決まっているなら、Appleの公式サイトから買うのが一番確実で楽でしょうね。
なんだ、それを先に言ってくれよ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あとは安く買いたいなら中古って手もありますね。
ヤフオクとかメルカリで探せばいろいろとあると思いますよ。
そんなにいろいろ言われても覚えられないから、とりあえずネットでApple Storeで買うことに決めた。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そう言えば、このiPhone SEってデュアルSIMできるんですよ。
なんだ、デュアル?
まだ何かあるのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
SIMが2つって意味です。
じゃあSIMカードを2枚差せるのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
実はそうではなく、iPhoneの場合はeSIMといって、SIMカードが不要なSIMを、通常の物理的なSIMカードと併用できるんですよ。
何だかややこしいな。
それで私に何かメリットはあるのか?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
今のところ国内でeSIMに対応するサービスを提供しているのは楽天モバイルとIIJ mioの2社だけです。
楽天モバイルは月2,980円で5GB、アプリを使えば国内電話かけ放題。
IIJ mioは月150円とかなり安く、1GB使うと450円、それ以降は+1GBごとに+450円という料金設定になっています。
それでメリットということですが、この話を持ち出しておいて言うのもなんですが、社長の今の使い方だとメリットはないですね。
何だよ、私は時間を無駄にされるのが本当に嫌なんだ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
デュアルSIMのメリットは、通話専用のSIMとデータの専用のSIMで使い分けてトータルの料金を抑えたり、1つのスマホで電話番号を2つ使えたりするところなんですが、iPhoneの場合はeSIMによるデュアルSIMになり、eSIM対応がまだ少なくてサービスが充実してないため、ほとんどのケースでメリットが得られないというのが実情なんです。
それにIIJは、データ通信を使わなければ月たったの150円で維持できる点はすごいですが、データ通信専用ですし、せいぜいデータ通信を使い切ってしまったとき用のバックアップ的な存在がいいところでしょう。
じゃあそのデュアルなんとかってのはもういいよ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
あ、そう言えば1つだけメリットあります!
楽天モバイルは5GBまでで月2,980円と別に格安感はありませんが、1年間無料っていうキャンペーンをやってますね。
何!
1年間無料だと!
それはもう契約するしかないじゃないか!
しかも、アプリを使えば通話も無料なんだよな?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
そうなんですよ。
今のところは300万人が対象ってなってますね。
だから、とりあえずはワイモバイルの物理SIMカードを使って、eSIMは楽天モバイルっていう感じで組んでみてはどうでしょう?
よし、それにするぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
これで1年間は電車の中でも5GBまで楽天モバイルだけでYouTubeなどの動画を見れますね。
480pの画質で見たとして、毎月8時間分くらいはいけそうですよ。
私のスマホ生活も、これからはもっと快適になりそうだぞ!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
楽しみですね。
あぁちょっと待ってくれ、今まではスマホの調子が悪いときはドコモショップで店員さんに対応してもらっていたんだが、格安SIMに変えた場合はどうなるんだ?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
まず大前提として、何について相談するかによりますが、iPhoneの調子が悪いとか、修理が必要な場合、使い方を聞きたい場合はAppleに直接聞くべきですね。
その方が早いし確実ですよ。
そうなのか。
じゃあデータ通信のことで何か問題が起きた場合はどうすればいい?
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
格安SIMの場合はショップがある場合とない場合があるんですが、ワイモバイルだと全国にショップがありますからね。
だから店員さんに直接会って相談したい場合はショップに行けばいいですし、そこまでじゃなければ電話で聞くのがいいですね。
遂に私も格安SIMデビューの時が来たようだな。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
おめでとうございます。
これで毎月のランニングコストがだいぶ減らせるんじゃないでしょうか。
まぁ、私にとってはそんなもんは小銭みたいなものだがな。
ハッハッハ。
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
さすが社長、プライドも格安SIM並みですね!
何!?
君は私のプライドが安っぽいとでも言いたいのか!
社長
社長
オイゾウ
オイゾウ
褒め言葉ですよ。

動画はこちら↓

2+
に投稿 コメントを残す

【締め切りました】iPhone SEを1名様にプレゼントします

詳しくは動画で!

iPhone SEを抽選で1名にプレゼント!

  • 状態:新品(未開封)
  • カラー:ホワイト
  • ストレージ:64GB
  • SIMフリー

プレゼント主旨

コロナウイルスで世の中が大変な状況の今、このチャンネルで何かできないかと考えた結果、Apple Store(オンライン)で買って届いたばかりのiPhone SEを視聴者の方1名にプレゼントしようと考えました。

応募方法

応募締切

2020年5月7日

応募条件

  • 当該動画にコメントを書いてくれた方。
  • 日本国内在住者はもちろん、海外の方でもEMSで発送できる地域にお住まいの方であれば、どなたでも応募頂けます。
  • 応募は1人1回とします。

当選者発表

締切後(予定では5月8日)に抽選を行い、その模様を動画で公開します。
その後1〜2日以内にiPhone SEをフォームに記載してもらった住所に発送します。

備考

  • なりすましを防ぐために、コメント欄は承認制とし、応募フォームから応募があった後に、YouTubeアカウント名を確認した上でコメントを公開します。
  • 送信して頂いた個人情報は、このプレゼント企画が終了した後に速やかに削除し、この企画以外では使用しません。

当選者発表の模様はこちら↓

2+
に投稿 コメントを残す

【勝手に予想】次世代iPhoneは全面ガラスに?

詳しくは動画で↓

今回話すのは、今年発売されると思われるiPhone 12や9のことではありません。
そのもっと後に進化したiPhoneの予想です。
なんで今このタイミングで12や9の話ではないのかと言うと、ちょっと前になりますが、2020年2月20日にアメリカの特許商標庁がアップルの特許技術「ガラス筐体の電子機器」公開したのですが、その中でおそらくiPhoneと想像できる技術にも触れていて、これらの内容がとても興味深かったからです。
ということで、今回は次世代のiPhoneはどうなるかというテーマで、現時点で予測できることをお伝えします。
念のため言いますが、特許を取得したからといって必ずアップルがこれらの機能やデザインを商品化させるということではありませんのでご了承ください。
あくまで公開されているアップルの特許の情報をもとに、今後のモデルはどうなっていくかということを個人的な視点から予測していくという内容になっています。

iPhoneの将来的な進化を予測

先日公開された特許の情報から推測できることとして、以下の5つをピックアップしました。

  • 全面がガラスの筐体に
  • ホーム画面が回転
  • さらに表裏も反転
  • 側面までディスプレイ化
  • オープニング部分で入出力

全面がガラスの筐体に

アップルの別の特許技術で、次世代iMacと考えられるモデルの情報に関して動画で紹介させてもらいましたが、それも全面がガラスの筐体でした。
iMacにしろ今回紹介しているiPhoneにしろ、これらが製品化されるかどうかは不明ですが、ディスプレイの技術はあらゆる面ですごい勢いで進化していますので、耐久性や強度が上がり、コストがもっと下がれば、もしかしたら今後はディスプレイとして活用されない面、例えばiPhoneで言えばこの背面や側面ですが、こういったもの自体がそもそも無駄なスペースであるという発想のもと、あらゆるデバイスの筐体が全面にわたってディスプレイになっていくのかもしれません。

ホーム画面が回転

iPadはホーム画面を上下左右に回転できるようになっていますが、iPhoneは現時点では固定のままです。
iPhone X以降は上下のベゼルがなくなり、スリープ状態でディスプレイが真っ黒だと上下が分からず、顔の前に持ってくるか画面をタップするとディスプレイが表示され、ノッチの位置と表示されているロック画面で上下が判別できるわけですが、逆さまだと顔認証でのロック解除ができませんので、たまに不便さを感じることがあり、こういった問題が解消されるかもしれません。
それと、例えばYouTubeなどの動画アプリを横にして使っているとき、ホーム画面と行ったり来たりする場合に、ホーム画面を横向きにして使えるようになるとわざわざiPhoneの向きをその都度変える必要がなくなるので、これは実現してほしい機能ですね。

さらに表裏も反転

このことは正直に言って、特許情報を読んでもいまいちピンと来なかったのですが、背面もディスプレイになることが示唆されています。
さらに画面をスクロールすると表示されているユーザーインターフェイスの内容が背面に行ったり、戻ってきたりできるようなものになるかもしれません。
iPhoneを表裏ひっくり返すと画面も同様にひっくり返るようなのですが、手でiPhoneを持つことによる誤作動がどうなるかは置いといても、なかなかその機能の便利さがピンときません。
ただ、例えばゲームやARを活用したアプリなどに関して、もしかしたら今までに全くないようなユーザー体験を得られるような予感もしています。

側面までディスプレイ化

この特許情報の中で描かれている内容を見ると、表面が真っ平らではなく、縁の方が少し凹んだような、立体感のあるディスプレイになっていることが分かります。
そもそもベゼルレスどころか、ベゼル以上にディスプレイが広がった状態になっています。
サイドには音量の上げ下げやW-Fi、機内モードといったコントロールで行うような操作アイコンが付くかもしれません。
それ以外にも下の縁には株価や天気といったウィジェット的な要素の表示がカスタマイズできるものと見て取ることができます。

オープニング部分で入出力

特許の情報でも単に「オープニング」としか書いてませんが、ここで言うオープニングというのは、iPhone本体の上下中央にそれぞれ付いた、ダイヤルのようなボタンのような何かのことを指しています。
オープニングというセグメント名だけあって開けることができるようで、そこから音の入出力やライトの点灯などが可能になるような作りみたいですが、これをどのように操作するのかは完全に不明です。
ちなみに自作のモデリング映像ではちょっと横幅がありますが、特許の資料ではもっと細いダイヤルのような見た目になっていますのでご了承ください。

物理ボタンやコネクターがなくなるのは素晴らしいですが、誤操作の防止はどうすればいいか、カメラやセンサーといったコンポーネントはどのように配置されるのか、とても気になるところです。
今年発売されるであろうiPhone 12に関しては、少なくともプロダクトデザインに限定すると、背面のトリプルカメラが4つになるであろうことと、あとはせいぜい前面のノッチが小さくなるのかどうか、大きな変化が期待できそうなのはそのくらいかもしれません。

他にも気になる新技術が次々と

今後のiPhoneをはじめとするスマートフォンがどう変化していくのか。
折りたたみがスタンダードになっていくのか、それとも今回紹介した特許技術のように全面がガラスの筐体になっていくのか、興味はつきません。
Apple Watchに関すると思われる様々な特許技術も次々に公開されていますし、機会があれば紹介したいと思いますが、さらには洋服の繊維に電子部品を仕込んだ文字通り「ウェアラブルデバイス」の特許技術も先日公開されたように、こういった身につけるものがどんどんガジェット化していくことが期待されますので、もしかしたら10年後くらいにはスマホ自体が不要になっている可能性も十分に考えられます。
ネックレスや指輪、シャツ、メガネ、ヘッドバンド、リストバンドなど、体中が電子機器だらけなんていう将来も、もしかしたらすぐそこまで来ているかもしれませんね。

2+
に投稿 コメントを残す

iPhone XS Max当選者発表

先日募集しましたiPhone XS Maxプレゼント企画では12名様からのご応募を頂きました。他にも何名か応募頂きましたが、コメントは書いてくれたけど応募フォームからの応募がなかったり、「iPhoneが好きな理由」をコメント欄ではなく応募フォームの方に書いてあったりなど、応募要件を満たしてない方もいまして、大変申し訳ないのですがこの方々の応募は無効とさせて頂きました。

iPhoneが好きな理由として挙げられていたもの

  • 他のAppleデバイスとの連携
  • カメラの性能
  • 周りがiPhoneユーザーだから
  • デザインが好き
  • 高級感
  • 使いやすさ

当選者

msx2macさん

msx2macさんを選んだ理由

応募者の中で最も具体的に、熱い思いを書いてくれたから選ばせて頂きました。
「子供の写真を撮るのに現在iPhone 7 Plusを使っていて、Xが出たときは欲しかったものの子供が生まれたばかりで金銭的余裕がなく諦めた」ということなので、その期待に応えて是非これからはXS Maxでお子さんの写真をバシャバシャ撮ってほしいと思います。

iPhone XS Maxは初期化した状態で、箱や付属品が揃った状態で近日中に発送させて頂きますので、msx2macさん楽しみにしていてください。それと1ヶ月後くらいのタイミングでこちらから電話させて頂き、そのときに電話で使用レビューをお伺いしたいと思いますので是非ご協力よろしくお願いします。
そしてせっかくご応募頂いたのに当選しなかった皆様大変申し訳ございません。

最後に

このプレゼント企画をやって個人的にはとても良かったと思っています。
最近Apple Watchを4から5に変えたり、iPhone 11 Pro Max用に購入したApple純正クリアケースやbelkinの保護フィルムを使うのをやめようと思っていて、Apple Watch 4やこれらのアクセサリーもプレゼント企画を改めてやりますので、是非お楽しみに!

オフショット

iPhone 11 Pro Maxのポートレートモードで撮影した写真です。

1+
に投稿 コメントを残す

格安SIMで長電話派ならQTモバイル(それかエックスモバイル)

MVNO(格安SIM)はキャリアと比べてランニングコストを大幅に抑えられるのが最大のメリットですが、通話料を抑えるプランが充実してないために、長電話すると通話料がかなり高額になってしまうデメリットもあります。

どこの格安SIM事業者も、3分までとか10分までといった時間制限ありのかけ放題や、050番号のIP電話を使うことによるかけ放題は可能ですが、時間制限なし+番号そのままで選ぶとなると、星の数ほどある格安SIM事業者の中で、実はエックスモバイルとQTモバイルの2つしかありません(2019年9月3日現在)。そしてこの2つを比較すると、かけ放題プランを入れた同じサービス内容だった場合に、QTモバイルの方が若干安くなりますので、格安SIMで毎月の料金を抑えたいけど、同時に長電話もしたいという方にはQTモバイルがおすすめです。

料金の比較例

※かけ放題プランを入れた場合の月額

3GB

QTモバイル:4,050円
エックスモバイル:4,480円

6GB

QTモバイル:4,750円
エックスモバイル:5,380円

これだけ安くなります

私は以前IIJ mioで格安SIMを利用していましたが、月に数回長電話してしまうと、1回の通話だけで数千円かかってしまい、だいたい毎月1〜2万円かかってしまっていました。せっかく格安SIMにしたのにかえって割高になってしまっていたのです。

そのため050でもなく時間制限もないかけ放題の格安SIMはないかな〜と探していたら、エックスモバイルを見つけました。実際には専用アプリを使ってかけることになるのですが、それによるデメリットとしては、ごくたまに(10回に1回あるかないか)音質が悪いと感じる程度で、現在でも全く問題なく使えています。ちなみに料金は月額6,400円くらいです。内訳は音声プラン1,058円、パケット通信5GBのプランが1,944円、かけ放題フルが2,484円、その他留守電とキャッチを追加して、合計でこのくらいになります。以前IIJ mioだったときと比べて、毎月半額以上安くなりました。

このエックスモバイルよりQTモバイルの方が少しだけ安いので乗り換えてもいいかなとは思いますが、現状はエックスモバイルで十分満足しているのでそのまま使い続けています。

スマホ+ガラケー2台持ちの人にもおすすめ

時代の流れはどんどん変わり、電話はいらないという人も若い世代を中心にすごい勢いで増えていますが、それでもなんだかんだ電話が必要な、しかも長電話することもあるようなビジネスマンの方なんかに特におすすめしたいと思います。通話料のことも考えて「電話はガラケー、それ以外はスマホ」と2台持ちしている方は是非QTモバイルかエックスモバイルに乗り換えてしまいましょう!

0
に投稿 コメントを残す

HomePodステレオ iMac内蔵スピーカーとHomePod1台で比較

待ちに待ったHomePod、2台をステレオにして音楽を聞いたらかなり良かったです。
iMacの内蔵スピーカー、HomePod1台、HomePod2台(ステレオペア)の3パターンで、ジャンル違いの音楽を流して比べてみました。

HomePod1台でもかなり音が良くなります(特に低音が良いですね。ボリュームをそれほど上げてないのにかなり出ます)。これをステレオペアにして2台で音を出すと、さらに音が広がり、1台で聞くのとは比べ物にならないほどです。

このHomePodは音が360度全方位に出力されるのですが、設置した位置から自動的にキャリブレーションされ、音楽を何度も流すことによって、例えば壁との距離を測って音を調整してくれるというすごい機能が付いています。
実際に様々な曲、例えばピアノだけの曲、低音が強めに出るダンスミュージック、ボーカル入りの歌謡曲などを聴いてみたのですが、立体感があって音に奥行きを感じますし、音のパーツそれぞれもクリアに聴けます。それがHomePod2台でステレオにするとより顕著になるのを実感しました。

聴き比べを動画にしてみたのでよかったら聴いてみてください。ただし簡易的に録音していること、動画用にエンコードしているため音質も劣化してますのでその点ご了承頂ければと思います。

Audiostock
BGMや効果音を購入できるサービス。1曲1,000円〜。高音質のWAV音源が買えます。

BENSOUND
サブスクリプション型の音楽ダウンロードサービス。年間139ユーロ(2年目以降は79ユーロ)で全ての曲をダウンロードできます。無料でも利用できますが、その場合は曲数を制限されるのと、MP3しかダウンロードできません。

Akiko Akiyama / No.16935 郷愁を誘うゆったりとした和風のピアノ曲

SLOW / SLOW DOWN

CD(Amazonで購入できます)

桜まゆみ / 桜心

CD(Amazonで購入できます)

0
に投稿 コメントを残す

MacとiPad(+Apple Pencil)があれば最高のプレゼン体験ができる

今回は「MacとIPadがあれば最高のプレゼン体験ができる」というお話です。クリエイティブとセールス(営業)は水と油のような関係だと思われがちですが、それをApple製品を使うことによって融合させることができ、私のようにクリエイターでもなく営業マンでもない人でも手軽に1人でクリエイティブなサービスや商品をセールスできるということをお伝えします。
なお制作環境はiMacとiPadになりますが、MacBookが1台あれば同じことができるという点を先にお断りしておきます。

クリエイティブとセールスは両立できる

私は仕事で営業もしています。営業といっても飛び込みや電話を片っ端からかけるというようなものではなく、問い合わせを頂いた際や知人から紹介して頂いた際に、先方にお伺いしてホームページ制作や映像制作といったサービス内容や、その料金についての説明を行うインバウンド営業にあたります。また、私のクライアントさんというのは、主に中小企業の経営者になります。

プレゼンの内容自体よりもプレゼンそのものに興味を持ってもらえることが多かった

ここ1年ほどはiPadを持参し、そのiPadで表示したプレゼン資料をめくりながら説明するのですが、その際の成約率が以前よりも上がりました。当初は「景気が良くなってきたのかな?」などと漠然と思っていた程度ですが、忙しさに追われていたこともあり、深く考えることがなかったのですが、一度しっかりと分析すべきだと考えるに至り、打ち合わせの状況を真剣に振り返ってみたのです。
すると1つの結論に達しました。それは「プレゼンの内容自体よりもプレゼンそのものに興味を持ってもらえることが多かった」というものです。具体的には「紙の資料ではなくデジタル資料である」ことと「アニメーションを取り入れている」という点が、自己分析とクライアントさんへのヒアリングによって、他の営業と(もっと言えばあらゆる業種の営業と)差別化できているということが分かったのです。

制作環境(ハード&ソフト)

本来は純粋にサービス内容で判断して頂くことが望ましいと考えれば、それが良いことなのかどうかは微妙なところですが、実際にセールスの対象がホームページにしろ映像にしろ、デジタルコンテンツを創作するという点では、プレゼン資料にもクリエイティブな要素が求められるべきではないかと想定した場合に、このようなプレゼン手法はとても理にかなっているのではないかと結論付けました。
そこで、今回は実際に私がどのようにプレゼン資料を作成しているかということを紹介したいと思います。必要なものはデバイスがiPadとApple Pencil、iMacで、ソフトがiPadではNoteshelf 2、iMacではKeynoteとNumbersまたはAfter Effectsになります。Noteshelf 2に関しては、ノートアプリであれば何でもかまいません。KeynoteとNumbersはMacであれば無料で使えるソフトで、KeynoteはPowerPointと、NumbersはExcelと互換性があります。After Effectsは必須ではありませんが、あると動きのあるプレゼン資料が作れるのでおすすめです。

作成の手順

ここからは私が実際にプレゼン資料を作成するにあたっての手順を説明します。

  1. 構成をまとめる
  2. データをグラフ化する
  3. プレゼン資料を作成する
  4. プレゼンする

1:構成をまとめる

以前、私が実際にプレゼンで使った資料を元に紹介しようと思いましたが、それだと外部に出せない情報が多いためにモザイクだらけになってしまいそうだったので、今回の動画のために「御社のホームページをレスポンシブデザインで作り、スマホ対応にしませんか?」という架空の提案内容で進めていきます。そのためプレゼン資料のページ数も少なめになりますがご了承ください。
まずはiPadとApple Pencilを使ってノートアプリのNoteshelf 2に考えやページ構成などをラフにまとめます。この手順はわざわざiPadとApple Pencilを使わずとも、普通の紙とペンで行っても全く問題ありません。
ここで私自身が気をつけていることは、あまり作り込みすぎないことです。その理由は2つあり、1つは単純に時間短縮のためで、もう1つは、後でKeynoteで資料を作り始めると、いろいろと変更したい部分が出てくることがあるため、作り込んでないざっくりとしたラフの方が柔軟に作業に取り組めるからです。
今回の例では、以下のような内容で構成を考えてみました。業種や販売するサービス、商品などによってこの内容は変わりますので、それに合わせてアレンジして頂ければと思います。

1:導入(質問)

質問:スマホ表示に対応していますか?
円グラフ:ユーザーのデバイスごとの閲覧率

  • スマホ 80%
  • パソコン 15%
  • タブレット 5%

補足:ユーザーの5人に4人はスマホでサイトを見ています。

2:導入(原因)

サイトからの問い合わせが減っている原因

  • SEOに弱く、検索上位表示されない
  • 使い勝手が悪く、文字が小さくて読みづらい
  • サービスに対する不安感がある

補足:スマホ対応していないサイトに限定

3:提案

最適な表示でスマホユーザーを逃さないレスポンシブデザインで解決

4:提案(メリット)

レスポンシブデザインにすれば劇的な効果が期待できます

  • SEOの効果で訪問者数が5倍に
  • ユーザビリティの向上で問い合わせ件数が10倍に
  • ついでに売上も10倍に

5:提案(根拠)

折れ線グラフ:レスポンシブデザインにした場合の年別売上推移(0年目〜3年目)

6:行動喚起

サイトリニューアル料金
通常30万円のところ、キャンペーン中につき20万円

  • セキュアなサイトに 常時SSL化
  • 目に優しく電力消費を抑えられる ダークモード化
  • SEOに強い 更新コンテンツ導入

2:データをグラフ化する

分析したことで得られる様々なデータは、グラフ化することによって視覚的に分かりやすく表示してある方が、より理解してもらいやすくなります。またこういったグラフはプレゼン資料には欠かせないものになってきますので、比較や構成、変化といったいくつかの観点から分析を行い、それをグラフに落とし込みます。
一般的にはMicrosoft OfficeのExcelを使うことになると思いますが、このExcelに取って代わるNumbersというソフトがMacでは無料な上にとても使いやすいので、Numbersでグラフを作ります。余談ですが私はもう1年ほどWord、Excel、PowerPointを使っていません。理由は私のようなMacユーザーの場合、これらに代わるPages、Numbers、Keynoteが無料で使えるからです。互換性もあるので、例えばPagesで作った書類をWord形式で書き出してメールで相手に送るといったようなこともできます。Macユーザーの方には是非おすすめです。
グラフの作り方はとても簡単です。今回は円グラフと折れ線グラフの2つを作りましたが、表に数値を入力してセルを選択し、「グラフ」をクリックして好きなグラフの形式を選ぶだけです。グラフができたらそれをコピーし、プレゼン資料を作成できるKeynoteにペーストするだけです。
これだけだと若干面白みに欠けるので、この2つのグラフをAfter Effectsで新たに作り、アニメーションGIFで書き出してみました。
After EffectsはAdobe CCという様々なクリエイティブ系ソフトのパッケージに入っているソフトの1つで、主にモーショングラフィックスを作るためのものです。Adobe CCはサブスクリプション型のサービスで、年間数万円しますが、他にPhotoshopやIllustrator、Premiere Pro、Lightroomなどクリエイターには必須の素晴らしいアプリケーションが揃っているので、クリエイターに限らずネットで何かしらのビジネスを行うような方であれば何よりもこれをおすすめします。個人的には、デスクトップでもノートでもいいのでまずはMacを1台買って、あとはそのMacにAdobe CCを入れておけば他は何もいらないとさえ思っているほどです。
円グラフは円のシェイプを必要な分だけ作成し、エフェクトの放射状ワイプで動きを付けます。キーフレームにはイージーイーズをかけておくと、動きが自然になります。折れ線グラフはパスで折れ線を描き、パスのトリミングで線が伸びていくような表現を付けます。グラフが出来上がったらAdobe CCのMedia Encoderに書き出しして、アニメーションGIFでレンダリングすればGIF動画ができるので、これをKeynoteのページに貼り付けるだけです。

3:プレゼン資料を作成する

今まで私は長いことPowerPointでプレゼン資料を作っていました。多くの方もそうだと思います。ですがここ数年でMacのPages、Numbers、Keynoteといった無料の純正アプリケーションがあまりにも素晴らしく進化しているので、今ではすっかりPowerPointやWord、Excelを使わなくなりました。ということでプレゼン資料はKeynoteで作成してきます。
まず、テンプレートが豊富に揃っているので、この中から1つ選んでそのレイアウトを使って進めていきます。直感的に使える点も優れており、またテンプレートのデザイン自体がすでに洗練されているので、構成が決まっていてテキストなど掲載する素材が揃っていれば、30分もかからず作れてしまうのではないでしょうか。
時代の流れを考えて、ダークモードのテンプレートを選択します。ダークモードについてはここではあまり詳しく触れませんが、今後急速にダークモードの流れに向かっていくことが想定されるので、ウェブ関係の仕事をしている方であれば是非覚えておいた方がいいと思います。ダークモードのメリットなどを紹介している動画が別にあるので、よければ是非ご覧になってください。
ただダークモードでプレゼン資料を作る場合に、デメリットになる可能性もありますので、そのことについても軽く触れておきます。それはこの資料を印刷する必要性が出てきた場合です。背景が黒いと、印刷したときにかなりインクを消費することになるので、印刷が前提である場合は白い背景のライトモードにしておくのが良いでしょう。
実際に私自身も何度かプレゼンの後に「紙でも一応もらっておきたい」と依頼されたこともありましたが、そのときはPDFで書き出してメールでお渡ししました。それで全く問題はなかったのですが、相手が官公庁や自治体だったりすると問答無用で紙にしなければならない場合もあると思いますので、そのあたりはプレゼンの内容や相手によって柔軟に使い分けて頂ければいいのではないでしょうか。
作成自体はとても簡単です。テンプレートを使えばすでに出来上がっているレイアウトに文字や写真、グラフなどを配置していくだけです。完成したら、KeynoteのファイルをAirDropやiCloud DriveでiPadに送ります。私の場合はiCloud Driveにアップロードし、iPadでiCloud Driveを開いてファイルを表示させています。

4:プレゼンする

ここまで来れば、あとはもうほとんど終わりです。紙芝居のように、クライアントさんの前で取り出したiPadにKeynoteのファイルを表示して、ページをスライドさせながらプレゼンするだけです。「これだったらKeynoteじゃなくて動画でいいんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、動画でプレゼンしても良いと思います。

営業の参考に

プレゼン資料の作り方は以上になります。起業してスモールビジネスをされている方や、営業をされている方に、「こんなプレゼン資料の作り方もある」ということで参考になれば幸いです。

0
に投稿 コメントを残す

WWDC2019からの挑戦状と今後注目のダークモードについて

「これは招待状ではありません。挑戦状です。」と書かれたメールが届きました。
Appleの開発者向けプログラム、Apple Developerに登録している全ての法人や個人に送られてくるWWDCの案内メールです。
キャッチコピーは「コードを書こう。世界を驚かそう。」ということですが、何よりこのデザインが今までの流れと大幅に変更されている点が気になってしまいます。

開催内容

WWDC2019
2019年6月3-7日
カリフォルニア州サンノゼ

今回はWatch 0S 6や、iOS13、Mac 0S 10.15、tv0S 13などApple関係のOSや、デバイスではAirPods 2、16インチのMackBook Proや31.6インチの6Kモニタなどの発表が噂されています。個人的にはAirPodsの新作が気になるところです。

今すぐ登録をタップするとWWDCのサイトが開き、ここからWWDCへの参加を申し込むと、抽選で選ばれた人だけが参加できるというもので、発表は3/21です。

気になるiOS13以降のデザイン

このサイトでなんといっても気になるのはデザインがいつものAppleの感じから大幅に変わっている点。暗めの色の背景に、ネオンが光っているような細いラインで描かれたアイコンがかなり特徴的で、iOS13からはダークモードが本格的に実装されるとともにこのデザインを今後全面に出してくるのではと予感させます。

特徴をいくつかピックアップすると

  • 背景がダークカラー
  • 細い線がうっすらネオン管のように光っていて、光彩が外側に伸びている
  • 線の影のようなものが入っている
  • 丸や四角など図形の線がつながっておらず、必ず1ヶ所は隙間を入れている
  • 線が途切れている箇所に足が付いている

といったあたりになるでしょうか?

ダークモードに期待

Macは2018年のOS(Mojave)でダークモードが使えるようになり、iPhoneもiOS 13で本格的にダークモードになっていくことが考えられます。
ダークモードのメリットとしては、目に優しいということと、特にスマホなどモバイルデバイスの場合にバッテリー消費をかなり抑えることができるので、この流れが1〜2年で一気に進んでいくでしょう。実際にPhotoshopやIllustratorなどAdobe社のクリエイター向けソフトは何年も前からダークモードになっていますし、アプリではYouTubeもすっかりダークモードが定着しています。

そうなってくると今回のWWDC2019のサイトでフィーチャーされているこのネオンのアイコンデザインがこれから主流になっていくことが大いに考えられ、ウェブサイトも白やライトカラーの背景からダークカラーの背景ベースになっていくと思いますので、とても楽しみです。

0