ヒゲのプチ脱毛&永久脱毛の種類【大人の男性必見】

毎日、出社前の忙しい時間帯にヒゲを剃る時間を省略したくありませんか? 無精ヒゲが与える印象はネガティブになりがちですが、ヒゲがない顔は仕事でも百利あって一害なし、女性からも好印象です。ここではそんなヒゲ脱毛の種類についてを解説します。

ヒゲ脱毛する前に知っておくべきこと

ヒゲが濃い人だと1日の終わりには口の周りが青くなってきて野暮ったいですし、多忙なビジネスパーソンにとって朝のヒゲ剃りタイムは苦痛、肌が弱ければカミソリ負けと、剃っても剃っても生えてくるヒゲに悩んでいる方は多いはず。大人の男にとって、ヒゲの処理はとても重要なテーマなのです。ですがご安心ください、今はヒゲの脱毛を実現する様々な手法やクリニック、サロンがあります。プロにやってもらえば永久脱毛だって可能です。まずはどんな種類があるのかを知り、ご自身に合う方法を見つけてください



ヒゲ脱毛の種類

ヒゲの脱毛には手軽にできる一時的な除毛や本格的な永久脱毛まで幅広い種類があります。また金額や施術可能な場所の違いもあるので、それらの比較要素を考慮した上で決めるといいでしょう。なお、料金についてはどこまできれいにするか、またヒゲの本数などによっても変わりますのであくまで参考程度ということでご理解ください。

  • ニードル脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • フラッシュ脱毛
  • 家庭用脱毛器
  • 除毛クリーム
  • ワックス脱毛

ニードル脱毛

毛穴1穴ずつに針を入れて電気を流し、毛根の細胞を死滅させる脱毛方法。時間がかかり料金も割高ですが、他の方法と比べて最も確実に永久脱毛できます。

施術場所 クリニック、美容皮膚科
効果 永久脱毛
費用(目安) 20万円~50万円
期間 半年~1年程度
痛み かなりの激痛を伴う(麻酔で軽減できる)

医療レーザー脱毛

レーザーを生え際に当てて毛根を破壊する方法。ニードル脱毛ほどではないにせよ高い効果が得られ、料金も比較的お手頃です。ただし白髪には効果がないので要注意。

施術場所 クリニック、美容皮膚科
効果 永久脱毛
費用(目安) 3万円~15万円
期間 半年~1年程度
痛み 痛い(麻酔で軽減できる)

メンズ医療脱毛

フラッシュ脱毛

ヒゲの毛根部分に熱ダメージを与えることによって毛の再生を抑制する方法。脱毛サロンでの施術が可能ですが、1回あたりの効果が高くないため期間は長めです。

施術場所 エステサロン
効果 除毛
費用(目安) 6万円~12万円
期間 1年~1年半程度
痛み それほど強くない

家庭用脱毛器

ものによって種類や効果の違いはありますが、しっかりと除毛してくれる脱毛器はあります。自宅でできる手軽さはうれしいですが、使い方が難しいため注意が必要です。

施術場所 自宅(セルフ脱毛)
効果 除毛
費用(目安) 4万円~10万円
期間 1年~1年半程度
痛み それほど強くない

除毛クリーム

毛を溶かす成分が入ったクリームを塗ることで除毛する方法ですが、そもそも顔に使うのは危険であるばかりでなく効果も低いため、あまりおすすめはしません。

大容量の250gで、コストパフォーマンス◎のメンズ除毛クリーム

施術場所 自宅(セルフ脱毛)
効果 除毛
費用(目安) 1千円~5千円
期間 特になし
痛み それほど強くない

ワックス脱毛

ワックスを塗り、毛をまとめて抜く方法。毛抜きで抜くのと効果は一緒で、永久脱毛ではありません。またかなり痛いので、肌が弱い方や剛毛の方には不向きです。

施術場所 自宅(セルフ脱毛)または脱毛サロン
効果 除毛
費用(目安) 3千円~6千円
期間 1回(除毛のみ)
痛み かなり痛い

最適なヒゲ脱毛方法は見つかりましたか?

どうせ毎日ヒゲを剃るなら、その数分×一生という膨大な時間を、脱毛することで0にしてしまいたいですね。身だしなみも時間も一気にまとめて買えるなんて最高です。料金や痛さ、通えるかどうかなどでご自身に合う方法を見つけて頂ければ幸いです。ただ永久脱毛の場合は一生のことなので、慎重に判断してくださいね。

ヒゲ、体毛のお悩みに!メンズ用化粧水【MONOVOヘアアフターシェーブローション】

フォローお願いします!