に投稿 コメントを残す

iPad+エルゴヒューマンプロ専用タブレットスタンドで読書環境を最適化

iPadなどのタブレット端末で読書をするなら、オフィスチェアのエルゴヒューマンプロと、その専用オプションであるタブレットスタンドを使うのがおすすめです。
それを知ってもらうために、ここではこのタブレットスタンドを活用した私の読書環境を紹介します。
また、せっかくなので補足的にこのタブレットスタンドを読書、というかタブレット以外で活用する方法であったり、電子書籍の活用方法などについても後半で軽く触れます。

ターゲットについて

この記事を読んでもらいたいターゲットは主にこちらです。

  • エルゴヒューマンプロをすでに持っていて、このタブレットスタンドの購入を検討している
  • 電子書籍で快適に読書したい
  • デスクを使わずノートパソコンで仕事をしたい
  • デスクトップパソコンのキーボードの台として使いたい

この記事を読んでくれている方のほとんどはきっと読書が好きな方だと思います。
私も読書が好きで、その環境をより快適にするためにこれまでいろいろと試行錯誤してきた結果、現状できっとこれが最適解だと自信を持って言える環境を見出すことができました。
そのために必要なものとして、1つはiPad、そしてもう1つがオフィスチェアのエルゴヒューマンプロ+タブレットスタンドというわけです。
ということで、まずはこのタブレットスタンドについての紹介を行い、ついでにiPadなどのタブレットを使って電子書籍で本を読むことのメリットについても話していきます。

エルゴヒューマンプロのタブレットスタンド

まず、このタブレットスタンドはエルゴヒューマンの「プロ」というラインナップ専用のオプションになっていて、他のモデルでは使えませんのでご注意ください。
これの素晴らしい点としては、椅子に直接取り付けることができるという点につきます。
実際にはこのようなテーブルが付いている椅子が一切ないわけではありませんし、椅子にマウントして使うテーブルもあることはありますが、現時点でこのような完成度の高いスタンドが使えるオフィスチェアはおそらくこれしかありません。
この椅子自体についての説明はいろんなブログや動画などで紹介されていますのでここでは省きますが、どんなモデルかを簡単に説明すると、人間工学に基づいて設計・デザインされたオフィスチェアで、ヘッドレストと肘掛けとフットレストとランバーサポートが付いています。
ちなみにランバーサポートというのは、背面の腰部分の出っ張りのことです。
で、このオフィスチェアについてはそれほど話すことはないのですが、オプション製品であるタブレットスタンドが最高に良くできています。
本体への取り付けについては、本体の肘掛けの下にあるフレーム部分にネジ3本で固定させればセッティング完了です。
ちなみに左側にしか付けることができません。
実際に使ってみてその良さを実感したポイントを3つ挙げます。
それは「位置と角度の細かい調整」、「安定感」、あと「未使用時に邪魔にならない」です。

このタブレットスタンドの良い点

  • 位置と角度の細かい調整
  • 安定感がある
  • 未使用時邪魔にならない

位置と角度の細かい調整

まず、設置した状態からさらに2軸の角度と水平方向に左右の位置の調整ができるようになっていて、リクライニングした状態でも、垂直に体を起こしている状態でも、問題なく最適のポジションを取れるために、それによって読書だけでなく幅広い用途で使えるようになります。
例えば読書や動画鑑賞をタブレットで行うなら、一番後ろまで椅子をリクライニングにして、スタンドの角度を自分側に傾けることで画面がより見やすくなります。
そしてタブレットが滑り落ちないように、手前側と左右にストッパーが付いているので、これを活用することでタブレットを落とす心配もなくなります。
左右のストッパーはそれぞれ外に4cm弱程度引き伸ばすことができます。

安定感がある

次に安定感ですが、このタブレットスタンド自体重量感がかなりあり、またそれを支える本体の椅子も重いということもあって、iPadを操作するときにガタついたりすることが全然ないのはとてもありがたいです。

未使用時邪魔にならない

良かったポイントの最後、未使用時についてですが、このタブレットスタンドは「使いたいときに出せて、使わないときは畳んでおける」という便利な仕様になっています。
そして使わないとき、つまり通常のデスクワークをしているときには全く気にならないほど存在感が消えます。
これによって「パソコン使用時」と「読書時」という2つの環境を1つの椅子で完結できるところに、このエルゴヒューマンプロとタブレットスタンドを組み合わせることの価値が最大限に活かされているのではと感じました。

個人的な使用環境

ちなみに私は普段これをどのように使っているかと言うと、iPad ProにMagic KeyboardというiPad Pro専用のキーボードを付けて、画面を横向きにした状態で読書をしています。
ページめくりがキーボード左右のキーだけで済むので、画面をタッチするより楽ですし、何より画面をタッチしまくることでディスプレイが指紋だらけになるのを極力防ぐことができるというのも大きいです。
そして当然といえば当然ですが、iPadは様々な使い方ができますので、読書以外にYouTubeやPrime Video、Netflixといった動画鑑賞用としてももちろんこの環境は最適であることも付け加えておきます。

読書における最高のユーザー体験

実際にこの環境を試してもらえば実感できると思いますが、これによって「最高に楽な体勢」のままで「最高に楽な操作」だけで好きなだけ読書ができるという「最高のユーザー体験」が得られます。
しかも眠くなったらそのままそこで寝てしまってもいいわけです。
紙の本の場合、寝落ちすると、次に読むときにどこまで読んだか分からなくなってしまうこともありますが、ブックやKindleなどで電子書籍を読むときは、読み終えたところからまたいつでも読み始められるので、前回どこまで読んだのかをいちいち探す必要がありません。

エルゴヒューマンプロオットマン
エルゴヒューマンプロオットマン専用オプション

価格が唯一のデメリット

エルゴヒューマンプロが約10万円、タブレットスタンドが約16,000円と、ある程度値は張りますが、読書という行為が日々の生活の中でかなり大きなウェートを占めている私のような人間にとっては、それでも十分に投資する価値があるものだということはお分かり頂けたのではないでしょうか?
もしネットでこの椅子とタブレットスタンドを買うのが不安でしたら、試しにお持ちのiPadを持参して家具屋などに行ってみて、実際に体験してみるというのもいいかもしれません。

ネックピローは必須?

このエルゴヒューマンプロにはヘッドレストが付いていて、しかも上下の高さと角度の調整ができるようになっています。
ただ基本的にオフィスチェアのヘッドレストは首の後ろに当たるような位置に設定されているので、リクライニング状態で読書をするときに頭をヘッドレストにもたれかけさせることができず、多少首の筋肉で頭を起こしておく必要があり、それによって首がだんだん疲れてきます。
後頭部がちょうどヘッドレストに当たるように少し前方にずれて座るという方法もありますが、それだとせっかくのランバーサポートの恩恵が得られないというデメリットが生じてしまうために、あまりおすすめはできません。
なので対抗策として、私の場合はこのヘッドレスト自体にネックピローを付け、ボリュームを前に出すことでその状態を多少緩和させています。

ボンフォーム シートクッション

読書以外の使用例

さて、ここまではタブレットを使って読書をする場合の話をしてきましたが、このタブレットスタンドはノートパソコンやキーボードを置いて使うこともできるようなっていたりととても多機能なので、せっかくですから軽くそのことにも触れておきます。

ノートパソコン

ここではAsusの15.6インチのモデルを使ってみます。
手前のストッパーはあると安定感が増しますが、外すとキーボードやトラックパッドの操作がしやすくなるので、お好みで使ってみてください。
ちなみに今回使っているノートパソコンは2.3kgですが、グラついたりすることもありませんし、キーボードを打っていてガタガタすることもないので、ほとんどのノートパソコンでは安定して使えると思います。
なお、公式によるこのタブレットスタンドの許容重量は5kgまでとなっています。

デスクトップパソコンのキーボード用として

テンキー付きの横に長いMacの純正キーボードを載せてみると、かなり横にはみ出してしまいます。
真ん中に置くと手がつりそうになるので、結構右にずらして置く感じになると思います。
それでもキーボード自体が軽いというのもあり、テンキーを打つときでも安定感が損なわれることはなく、実際に使ってみて全く問題ありませんでした。
ついでに紹介しますが、Amazonで2千円程度で買える、椅子の肘掛けにマウントできるマウス用アームレストがあります。
これを使えば、手元でキーボードとマウス両方の操作ができるようになりますので、このタブレットスタンドをデスクトップのキーボード用として考えている方には特におすすめです。

CPDZ 人間工学コンピュータマウス用アームレスト

飲食は可能?

なお最後に余談として、食べ物を置いて食事できないか試してみましたが、安定感がないので、あまりおすすめはできません。
完全に水平状態にはならないのと、物によっては滑ります。
飲み物に関しては、マグカップは大丈夫でしたが、ペットボトルは完全に無理のようです。

電子書籍で本を読む

さてここからは電子書籍の話です。
私がiPadユーザーなのでiPadで進めていきますが、タブレットなら何でもOKですし、ノートパソコンでも問題ないです。
電子書籍リーダーで代表的なのはAmazonのKindleあたりだと思いますが、私はApple純正アプリのブックをメインに使っているので、ここではこのブックで話を進めます。

紙の本も電子書籍もiPadで

で、私の場合、ブックでもKindleでも買えない本はAmazonで紙の本を買い、それを裁断し、スキャンしてPDFにし、AdobeのAcrobatというアプリケーションを使ってページをまとめ、このPDFファイルをブックに入れて管理しています。
ということで、まずは紙の状態で持つことをやめて、全ての本をiPadの中に入れてしまうというのが重要です。
それによって「iPadが手元にあれば、いつでもどこでも読みたい本を一瞬で見つけてすぐに読める」という状態が作れるだけでなく、「邪魔なスペースをなくしてすっきりする」というメリットも得られます。
もっと言えば、OCR処理したPDFなら文字が検索できるようになるのでさらに便利になります。
何しろ本は積もり積もればすごく重いですし、多ければ引っ越しとか移動させるのも大変ですからね。
「どうしても紙で読みたい」という強いこだわりがある人でなければ、一刻も早く全ての本を電子化し、今後本を新しく買うときは電子書籍で選ぶことを強くお勧めします。

読みやすくなる電子書籍の設定

電子書籍のメリットについて、さらにもう1つ、電子書籍ならではの良さを補足しておきます。
それは自分が読みやすいように細かい設定ができるという点です。
主にダークモード、文字の設定、ページめくりというこの3つについて説明していきます。

  • ダークモード
  • 文字の設定
  • ページめくり

ダークモード

ダークモードというのは、簡単に言うと背景が黒で文字が白の表示モードです。
通常背景の方が文字より面積が圧倒的に大きいので、一般的な紙の本のように背景が白で文字が黒の場合だと、白い部分がほとんどになり、ディスプレイから光が強く出ている状態となってしまうためかなり眩しいのです。
そこで背景と文字の色を反転させるダークモードにすると光が弱まり、目の疲れや目に与えるダメージを大きく軽減してくれるというわけです。
ちなみにブックやKindleなどで買える電子書籍のファイル形式はEPUBやAmazonの独自規格のものがありますが、マイナーな書籍だとPDFだったりする場合もあり、その場合はこのダークモードなどの設定ができなかったりと、使い勝手が悪いこともあるので、その点はご注意ください。

文字の設定

ブックでもKindleでも文字の大きさとフォントを変更できます。
目からの距離によって最適な文字の大きさは変わり、それによって読書の快適さは大きく変わりますが、紙の本ではこれはできません。
また紙の本をスキャンしたPDFファイルの場合は、ページ自体を拡大することはできますが、文字だけが大きくなる電子書籍と比べると、やはり使いやすさは劣ります。
またフォントについては、ほとんどの本は日本語だと明朝、英語だとセリフになると思いますが、私個人としては日本語だとゴシック、英語だとサンセリフの方が圧倒的に好きなので、これを変更できるだけで読書時のストレスが大幅に解消されてかなり助かります。
ブックで使えるおすすめのフォントは、日本語だと游ゴシック体、英語だとSan Franciscoですが、これは好みがあると思いますので、是非いろいろなフォントを試してみてください。

ページめくり

電子書籍は紙の本と同じで通常はページをめくるような作りになっていますが、これをページごとに区切らないスクロールに変更することもできます。
紙の本を読むよりブログやSNSなどのスクロールで文字を読む方が親しみがある人にとってはこの方がしっくりくるかもしれません。
私の場合はスクロールより操作の回数が少なくなるページめくりにしています。
そしてiPad ProにMagic Keyboardを付けて使っているということもあって、iPadを横向きにし、キーボードの左右ボタンでページめくりをします。
さらに言うと、横向きにした場合、スクロールがオンになっている状態では英語だと1段表示になるのですが、オフだと2段表示になってくれてより読みやすくなりますし、またこのタブレットスタンド自体が横長なのでサイズ的にちょうどいいという利点もあります。

ということで、これが全ての人にとって読書をする上でのベストな環境かどうかは分かりませんが、少なくとも1つの選択肢としてはありなんじゃないかと思い、今回動画を作ってみました。
それでは皆さん、楽しい読書生活をお過ごしください!

動画はこちら

↓いいねもお願いします!


0
コメントを残す