ホームページ制作業者に制作依頼するときの注意点

どの業者がいい? それとも自分で作るべき?

古くなったホームページをリニューアルするとき、または新たにホームページを作るときに迫られる問題があります。

どの業者に依頼すればいいのか?

またできるだけ予算をかけたくないという場合の問題としては

そもそも自分でホームページを作るべきか?

このように考えるケースも多いでしょう。
私どもは日頃多くのホームページに関するお問い合わせやご依頼を頂いておりますので、そういった相談内容から上記2点の問題について「これだけは注意してほしい」ポイントを教えます!

この業者はおすすめしません

まず最初の「どの業者に依頼すればいいのか?」という問題について、以下の業者は避けるべきでしょう。

リース契約

個人事業主

この2つを挙げた理由は、相談に来られる皆さんのうち、ホームページに関する何かしらのトラブルを抱えているケースに限定すると、この2つのどちらからに依頼している状態であることがほとんどだからです。

総額が高いリース契約

まずリース契約ですが、通常は支払いが毎月あり(リース会社への支払い)、契約期間が複数年(5年が多いです)というパターンになります。
月々で考えれば数万円程度なのですが、トータルでは数百万円になります(例として月5万円の5年払いだと総額300万円です)。
ウェブ業界はトレンドの移り変わりも早く、またSEO対策の方法や機能的な進化もかなりのスピードで進んでいますので、5年という年月はホームページの寿命を考えたときにとても長いのです。
かといってリース契約が続いている期間(例えば5年)に制作業者がどこまでこの変化に対応してくれるかは分かりません。
むしろ多くの依頼者の方からお話を伺っていると、サイト公開後はほとんど何もしてもらえないという意見をとても良く聞きます。
ですので、ホームページの制作を依頼する場合はまず月額ではなく総額で複数の見積もりを取り、その中からサービスの内容を比べた上で判断されることをおすすめします。

個人だと取り返しのつかない事態になることも

それともう1つの個人事業主という点について。
本来オイゾウも法人にする前に個人事業主として営業活動していた時期もあり、個人的にはおすすめしたい気持ちもあります。
というのも個人事業主で営業しているウェブ制作業者のうち、独立前は制作会社に勤めていて、とても優秀だったというケースもよくあり、しかも無駄な経費がない分、制作会社より安くて仕上がりも良いという逆転現象もあり得るからです。
それでは何故個人事業主への依頼を避けた方がいいのかということですが、「突然連絡が取れなくなってしまった」「(何らかの理由で)一切業務に関われなくなってしまった」などの理由でお困りの方が多いからなんです。
その場合、とても深刻な問題につながる可能性もあります。
例えばホームページを放置したままでいたら第三者に乗っ取られて情報を書き換えられてしまったり、ドメインやサーバの契約を業者に任せていたためにログインできなくなってしまったり、WordPressやネットショップなどの場合は管理画面へのログインができず、更新することも閉鎖することもできない八方塞がり状態になってしまったりなど、想定される危険なトラブルは多数あるため心配事はつきません。
信頼できる個人事業主の制作業者も多くいるはずですが、そういったリスクを考えたときに、良い業者とそうでない業者を見抜くのが難しい以上、依頼したことでマイナスになり得る可能性も考慮しておく必要があるでしょう。

自分でホームページを作る場合のポイント

それでは「そもそも自分でホームページを作るべきか?」という問題について、注意して頂きたいポイントを説明します。
結論から言うと、求める結果によって答えが変わってきます。

とりあえずホームページがあればそれでいい

ウェブ(ホームページ)で集客し、売上を増やしたい

ホームページを持つ理由はこのように大きく2つに分けられますので、それぞれについてお話したいと思います。

予算を抑えたければ自作

一般的なコーポレートサイトの場合「とりあえずホームページがあればそれでいい」という理由でホームページを持つケースが多いのですが、年間20万円程度をウェブ関連の予算として割けるようであれば、その範囲内で業者に依頼されることをおすすめします。
「予算は全く回したくない!」という場合はご自身で作るという選択肢がベストでしょう。
最近はホームページを誰でも作れる無料のサービスがいろいろと出てきておりますので、それらを比較検討しながらご自身に合うサービスを選び、写真や文章を当てはめていくことで、それなりのホームページを作れる時代になりました。

WordPress(ワードプレス)
無料のブログツールとして誕生した、今では全世界で多くの企業サイトなどに使われているCMS(コンテンツマネジメントシステム)。

Wix(ウィックス)
ドラッグ&ドロップで直感的にホームページが作れる無料のホームページ作成サービス。

Jimdo(ジンドゥー)
日本の運営はKDDIが行なう。スマホのアプリでも作成が可能な、無料のホームページ作成サービス。

BASE(ベース)
無料でネットショップを構築できるサービス。売れた分だけ、その一部を手数料として支払う。

予算よりも結果重視なら業者に依頼

では次に、「ウェブ(ホームページ)で集客し、売上を増やしたい」という目的でホームページを作る場合です。
これはもう完全に、制作会社に依頼することをおすすめします!
理由はいくつかありますが、最大の理由としましては、集客ができたり、成約(商品が売れたり問い合わせしてもらったり)できるようなホームページにしていくためには、見た目(ユーザーとして閲覧している状態)だけでなく、目に見えない内部の機能やシステムがとても重要だからです。
そのあたりについては当然ながら専門性の高い業者の方が圧倒的に有利で、知識を持たない方が対抗するのは簡単ではありません。

いつでもご相談ください

ホームページ制作業者を選ぶのはとても難しいことだと思います。
この内容が少しでも皆様の業者選びの参考になれば幸いです。
何か分からないことなどあれば、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です