ランニングコスト0円+独自ドメインで低予算のネットショップを作りませんか?

ネットショップを始めたくても選択肢が多すぎて分かりづらい

既存の小売店がネットショップを立ち上げるにあたり、最初にぶつかる問題として

選択肢が多すぎてどうすればいいか分からない

という点が挙げられます。
大まかに分けると

  • アマゾンや楽天市場など固定費が有料のショッピングモールへの出店
  • Yahoo!ショッピングやメルカリなど固定費が無料のショッピングモールへの出店
  • 独自ドメイン+制作業者に依頼して自社店舗を構築
  • 独自ドメイン+MakeShopやカラーミーショップなど有料のショッピングカートサービスを利用して自社店舗を構築
  • BASEなど無料のショッピングカートサービスを利用して自社店舗を構築

この5パターンになりますが、それぞれのメリット・デメリットを比較していった場合に、ショップオーナーさんが重視するポイントによって選び方が決まってきます。
ポイントを主に以下の3つに絞ると、

初期費用とランニングコストは安ければ安いほど良い

→「Yahoo!ショッピングやメルカリなど固定費が無料のショッピングモールへの出店」もしくは「BASEなど無料のショッピングカートサービスを利用して自社店舗を構築」がおすすめ

ランニングコストが多少かかってもいいから、集客できる店舗にしたい

→「アマゾンや楽天市場など固定費が有料のショッピングモールへの出店」もしくは「独自ドメイン+MakeShopやカラーミーショップなど有料のショッピングカートサービスを利用して自社店舗を構築」がおすすめ

初期費用は高くてもいいから自前のサイトを持って集客もしっかりしたい

→「独自ドメイン+制作業者に依頼して自社店舗を構築」

そこで今回おすすめしたいのが「独自ドメイン+制作業者に依頼して自社店舗を構築」するパターン。
数年前まではショッピングサイトを独自に立ち上げるためには制作コストがかなりかかるため、比較的規模が大きかったり、すでにネット通販である程度の売上を出せているショップさんでなければ難しかったのですが、オイゾウでは「WordPress(ワードプレス)」というブログやコーポレートサイトなどによく使われているCMSと「Welcart(ウェルカート)」というWordPressのショッピングカートシステム関連のプラグインを利用することで、以前は数百万円かかっていた制作料を、最低30〜50万円ほどの料金でご利用頂けるようになりました。
しかもランニングコストについても、もしMakeShopやカラーミーショップなどを利用し、さらにクレジットカード決済も導入すれば安くても毎月6千円、高いと毎月数万円以上がかかってしまいますが、このシステムであれば毎月0円になります。

「ワードプレスでネットショップ」は実際にどうなのか

多くのショップオーナーさんにとって心配なのが「商品登録や情報の更新などの使い勝手」と「自社サイトで実際に集客できるのかどうか」という点になってきますので、そのことについて説明します。

使い勝手について

ショッピングモールへの出店や有料ショッピングカートサービスと同じレベルで利用できます。
もちろんHTMLやCSSの知識は必要ありません。
また、オイゾウで制作した場合は1年間のサポートがありますので、ご不明な点はその都度サポートさせて頂きます(もちろん更新可能です)。

実際に集客できるのか

もともとブログなど更新コンテンツに強いWordPressがベースになるので、とてもSEO対策がしやすいという点が挙げられます。
お知らせやブログを外部サイトではなくサイト内で更新できますし、FacebookやTwitterといったSNSとの自動連携など、集客のための様々な機能が利用できますので、新商品の登録や情報発信をしっかりやればかなり集客できるショップに作り上げることが可能です。

ネットで商品を売りたいけど楽天とかに出しても売れるかどうか不安だし、かといって自社サイトだと高額になるし、どうしよう?

そんな風に思われているネットショップオーナー様、是非お問い合わせください。
オイゾウが微力ながら御社のビジネスのお力になります!

ここ数年の宅配便運賃の上昇や大手ショッピングモール内での価格ダンピング競争などによって、ネット通販での成功は益々難しくなっているのが現状ですが、そんな中でも成功している店舗さんが実は意外と多いのです。
こんなこと言ってしまっては今回の記事の内容が全く無意味になりますが、私がこれまで多くの企業・店舗様のホームページ制作やSEO対策に関わらせて頂いてきた実感としては、どういった形でネットショップを展開するかはあまり問題ではなく「ショップオーナー様のビジョン」が全てだと思っています。
100店舗あれば100通りの販売スタイルがありますので、そんなショップの描くビジョンを実現するための歯車として、これまでの豊富な経験をもとに様々な提案をさせて頂きます。
その上で「実店舗だけでは厳しいのでネットで商品を売りたいけど、高額な制作コストやランニングコストをかけるほどのリスクは冒したくない」という方や、または「リニューアルしたいが、それと同時にコストも下げることはできないか」という方まで、きっとお力になれると思いますので是非ご検討くださいませ。

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です