電話をよくかけるiPhoneユーザーにおすすめのMVNOはエックスモバイル

オイゾウのホームページにお越し頂き誠にありがとうございます!
今回はスマートフォン利用にあたり必須のキャリア/MVNO選びのお話です。結論としてMVNOの「エックスモバイル」がいかにおすすめであるかという話になりますが、特にiPhoneのSIMフリー機を使っている方にとって参考になれば幸いです。

キャリアからの脱却→格安SIMへ

2008年以降現在に至るまで、スマートフォンはずっとiPhoneを使い続けてきました。初代モデルはソフトバンク限定での発売だったため、そのタイミングでそれまで利用していたドコモからMNPでソフトバンクに移り、いわゆる格安スマホ=MVNOでiPhoneが使えるようになってからはキャリアの契約をやめてIIJ mioに乗り換え、iPhoneのSIMフリーモデルをApple Storeで購入し、それ以降nano SIMを自分で差して使うようになりました。

キャリア(ドコモ、ソフトバンクなど)をやめてMVNOに変えた理由ですが、1つは料金設定が分かりづらすぎることです。そしてもう1点、機種変更などのたびにわざわざお店に行かなければならないのが面倒だったからというのもありました。それがIIJに変えてからは申し込みや対応など全てにおいてインターネット上で行えるようになり、煩わしい思いをする機会が大幅に減りました。また料金設定も明確になり、モヤモヤした感じがなくなりました。

ついでに言えば、SIMフリーのiPhoneであれば、海外出張時にSIMを差し替えるだけでそのまま使えるため、その都度わざわざ海外用に携帯電話をレンタルする必要がなくなっただけでなく、仕事で必要なウェブブラウジングもメールのやり取りもiPhoneだけでできてしまうので、ラップトップを持ち運ぶ必要すらなくなったことは、自身にとってかなり大きなメリットになりました。

MVNOのデメリット

IIJに切り替えてからはiPhoneをよりストレスなく使えるようになったのですが、多少の問題点もありました。私の場合は2つほど問題があり、そのうちの1つは結構どうでもいいことでしたが、もう1つはちょっと見過ごせない問題だったのです。

1つ目は、LINEの友だち追加がしづらくなったことです。IIJだけでなく全てのMVNOの場合、LINEでのID検索ができないために、友だちの追加をする場合は、共通の知り合いがいる場合はまずグループを作り、グループに招待して同じグループに入れば友だち追加ができます(正直かなり面倒ですが)。他にも直接会っているときであれば、その場でQRコードを読み取るなどをして追加が可能になります。これはMVNOユーザーにとってあるあるだと思いますが、「LINEで連絡やり取りしたいんですが、アカウント持ってますか?」→「あるにはあるのですが、MVNOなので・・・」→という流れから、なんだか面倒くさそうだなという雰囲気になり、結局SMSやFacebookのMessengerなど他のチャットツールを使うという流れになるパターンが多いのです。ただし私の場合は短いメッセージのやり取りを頻繁に行うという習慣が基本的にないため、実際にLINEを使う機会はほとんどなく、最近に至ってはほぼ使ってないために、LINEのID検索ができないというのはあまりデメリットにならなかったのが幸いでした。

格安じゃなく割高スマホ

そしてもう1つの問題点ですが、これが大問題でした。MVNOは一般的に「格安スマホ」や「格安SIM」などと呼ばれることもありますが、使い方次第では格安どころかキャリアより高くなることもあります。その一例としては、(自分から発信して)長電話する場合です。会社によって、また各社が提供するプランによって変わることはありますが、MVNOの場合だと(少なくともiPhoneに使うnano SIMを提供している会社のサービスでは)基本的に通話は30秒20円というケースがほとんどです。1分だと40円、1時間だと2,400円です。しかも多くの会社で「かけ放題」と名付けたオプションを用意していますが、「10分まで」など時間制限があるため、長電話になる場合このようなオプションはとても「かけ放題」とは言えません。

私自身、基本的に長電話をする機会はほとんどありませんし、そもそも電話自体極力使いたくないと思っている派なのですが、「しょっちゅう話すわけではないが、一度電話すると数時間コースになる」知人が数人います。かかってきた場合に出られればいいのですが、何らかの理由で出られなかった際には私から折り返しますので、そうすると1回の通話で5千円〜1万円コースになってしまうのです。そんなことが1ヶ月に2〜3回あると、それだけで毎月の支払いが2万円を超えるようなこともざらにあり、もはや格安スマホどころか割高スマホになってしまいます。

WI-FI環境下でLINEやMessenger、Skypeなどの通話を使えばパケット通信も使うことなく無料で済むので、高い通話料を回避する方法もありますが、長電話になりやすい知人に限ってそれらのツールでつながってない場合がほとんどで、またそれらのチャットツールにわざわざ誘導するのも気がひけるため、「まあしょうがないか」と諦めていました。細かいことで相手に気を遣わせてしまうことで、無駄に友人関係を損ないたくないという理由も大きいですが。

本当の意味での「かけ放題」を発見

毎月のIIJからの請求額を見る度にため息をつく日々でしたが、なんとかしなければと思いいろいろとネットで調べていたら、何やらエックスモバイルというMVNOのサービスで、通話時間制限なしでのかけ放題オプションがあるではないですか! もちろんSIMはnano SIMで、SIMフリーのiPhoneに対応しています! ということでその日のうちにさっそくIIJで発生する1年縛りの違約金(興奮していて具体的な縛りの期間や金額などは忘れました)を払ってMNPで転出→エックスモバイルに転入しました。

エックスモバイルに切り替えてから約3ヶ月が経ったので明細を確認したところ、1ヶ月の料金は5,704円でした。この中にはパケット通信5GB(1,944円)とかけ放題フル(1,944円)が含まれています。自分から電話をかけてどれだけの時間電話しても、これ以上は絶対にかからないのです! ランニングコスト的には「格安」とは言えないかもしれませんが、「iPhoneのSIMフリー」を「nano SIMが使えるMVNO」で「長時間通話もあり」という条件で考えれば、少なくとも現時点(2018年11月)ではこのエックスモバイルがベストな選択であるのは間違いありません。どれだけ通話しても料金は変わらないので、毎月の請求額をいちいち気にする必要もなくなり、精神的な負担も一気になくなりました。

ただ1点だけ注意が必要なのは、この「かけ放題フル」というオプションを利用して通話する場合は専用のアプリを使用しなければなりません。そのためごく稀にですが、かなり通話品質が劣化するときもあります。

エックスモバイルに限らずMVNOがおすすめ

エックスモバイルの宣伝のために書いたわけではありませんが、SIMフリーのiPhoneで通話を頻繁に使用する方には是非おすすめです。また、エックスモバイルに限らずMVNO全般に言えることですが、サービスの競合が激しいために各社それぞれ魅力的なプランをどんどん出してきてくれるので、まだMVNOを利用したことがない方は、「格安」という点だけでなく様々な点においてMVNOの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみにこのエックスモバイルは全国に代理店があり、MVNOでは店舗数日本一とのことなので、スタッフさんと直接会ってサポートを受けたいという方にも安心ですね。まだ行ったことはありませんが、公式サイトによればオイゾウのある埼玉県内だけでも11店舗あるようです。

エックスモバイル

フォローお願いします!