2018年よ、ありがとう。そして来年もよろしく!

いよいよ今年も最後ですね。皆さんの2018年はいかがでしたか? 私はこの1年で本当にいろいろな素晴らしい出来事に出会えました。

師匠との再会

20代〜30代は故郷の埼玉を離れておりましたが、東京に構えていた事務所を引き払い、その事務所移転とともに埼玉に永住する決意を固めたのが約5年ほど前。

「埼玉と東京なんて隣同士だし、そんな言うほどか?」と思われる方もいるかもしれませんが、生活スタイルはまるで違うのです。最大の違いは人口密度と交通手段。東京では主に電車での移動が便利ですが、どこへ行くにも人がとにかく多く、今思えば気が休まることがなかったかもしれません。そして車でもタクシーでも、渋滞は避けて通れません。

一方で埼玉は、駅からちょっと離れると田園風景が広がるという光景が当たり前。車があればほぼドアツードア、渋滞も少ないので快適です。

そんな久々に戻った埼玉で、最初の数年は知人との再会もそこそこに、基本は業務に専念しておりましたが、今年偶然バッタリ出会った先輩にあたる知人との会話がきっかけとなり、かつてお世話になった師匠のご活躍を耳にしたのです。私は再び門を叩く決意をし、約20年ぶりとなる再会を果たしました。大らかな人柄はそのままでしたが、私の目には当時より一回りも二回りも大きい存在に映りました。

地域に長く根づいて社会貢献されているこの2人との再会によって初心に帰ることができ、そして今年新たに自分の中で大きな目標を作ることができました。

友人の成功

元々は仕事を通じて知り合った、会社を共同で経営している2人とは、現在は友人としてもお付き合いさせてもらっています。未熟ながらウェブコンサルとしてウェブに関する業務全般に関わらせてもらっており、去年始めた新たなウェブ主体のサービスによってようやく今年に入り大きな成功を収めました。

この2〜3年ほどお互いに時間が取れず仕事以外の交流が全くできてなかったのですが、先日久しぶりにゆっくりと時間を取って、釣りやオーディオ関係、投資、家族、家、車など仕事以外の様々な趣味や普段の生活について朝まで語り合いました。

どれだけ酒が入っても、一切ネガティブな発言が出てくることなく、ひたすら楽しくポジティブに語れる仲間というのは私にとって本当に尊い存在です。2人とも私より年下ですが、いつも見習わせてもらっています。

Apple新製品

Apple信者としては今年発売された商品についても振り返らずにはいられません。今年はiPhone XS MAX、Apple Watch 4、iPad Pro、Apple Pencilを購入しましたが、どれも素晴らしいものばかりでした。

iPhone XS MAX

iPhone Xから分かりやすく変わった点としては、大きくなったことと、カメラ性能(背景をぼかす編集機能など)あたりでしょうか? そのうちカメラはあまり使う機会がないためその差が分かりませんが、個人的には大きくなっただけで十分満足でした。購入後のレビューは以前「iPhone X→iPhone XS Maxで外出時の作業効率大幅アップ」という記事を書いたので、もしよければこちらも併せて読んでください。

Apple Watch 4

初めて買ったApple Watchですが、約2ヶ月弱使い続けている今、ここまで生活に欠かせない存在になるとは想像もできませんでした。フィットネスやヘルス、時計、音楽、電子マネーなどライフスタイルによって様々な活用シーンが想定されるかと思いますが、私は音楽と電子マネーの利用がメインになっています。特に音楽は、Apple Musicを契約していてかつAirPodsがあるとさらに手放せなくなります。電子マネーについてはSuicaを入れて、普段電車に乗らないため駅の改札で使うことはなく、主にコンビニの会計時に使用しています。

あとMacユーザー(iMacやMacBook)であれば、これらMacのスリープ解除が何気にかなり便利です。Apple Watchについてよければ「Apple Watch Series 4の良い点とそうでない点」こちらもご一読お願いします。

iPad Pro(+Apple Pencil)

デバイスがいろいろとあると結局何がなんだか分からなくなるため、1年ほどiPadとMacBookをやめてiMacとiPhoneだけを使うようにしていました。ところが今年発売されたiPadとApple Pencilがあまりにも進化していて、しかも今回の新作は完全にPCとスマホの間という中途半端な立ち位置から、使い道がPCともスマホともまるで違う部分でのユニークさが前面に出るような分かりやすいアップデートであったために、さすがに今回に限っては見過ごすことができなかったのです。

できるだけiMacやiPhoneとの使い道に関する差別化を計りたかったので、以下の用途に限定して現在は使用しています。

  • 客先でのプレゼン(アクセス解析ツール、ブラウザ、スライド、動画)
  • 手書きでのメモ
  • デザインのラフ

進化したApple Pencilは何と言っても書き心地が最高に良くて感動。ガラスに文字を書いている硬い感触が軽減しました。
使用感など→「iPad Pro+Apple Pencil(第2世代)が最高すぎてタブレット使いに逆戻り

その他

全ての出来事を事細かく書いてしまうと文字数がとんでもないことになってしまうのでこの辺りにしたいと思いますが、他にもこの1年でお世話になった全ての皆様には心から感謝を申し上げます!

余談。サブスクリプション型音楽配信サービスについて

この1〜2年でストリーミング再生できる音楽サービスが増えましたよね。Apple MusicやGoogle Play Music、Prime Music、Spotifyなどの主要どころを筆頭に、国内外問わず各社が激しい競争を日々繰り広げています。

いろいろとお試しで使ってみて、気に入ったものを利用すればいいのでしょうが、iPhoneユーザーなら私は断然Apple Musicをおすすめします。その理由はシンプルです。Appleの音楽コンテンツ事業は、iPodに始まるデジタルミュージック産業での、他社が全く及ばないほどの長い歴史があるからです。Appleは一言で言えば「一部のマニアではなく世界中の全ての人にとってのユーザビリティを追求する会社」だと思っているので、ハードにしてもソフトにしても使えば使うほど、その使いやすさを実感することになるでしょう。

本日、会社は休みですが、書類の整理や掃除をしています。Apple Musicでカントリーミュージックを聞きながら。

ちょっと一息入れたいときは今年発売の新刊「最高の体調」。もう何度も読んでますが、読むたびに勉強になります。今まで何も考えず当たり前と思っていたことが、実は文明病だったということに気づかせてもらえました。

それでは皆様良いお年を!

フォローお願いします!