「私は有名な歌手になりたいです」そんなあなたに、成功者が持つ3つの共通点

あなたが歌手としての成功を望んでいるとしても、家族や友人など、周りにいる多くの人達は、あなたに歌手ではなくもっと手堅い道を進んでほしいと望んでいるかもしれません。
それは何故でしょうか?
最大の理由としては、世の中のほとんどの人にとって、歌手として成功するというのは、宝くじの高額当選を引くほどの確率しかないと考えているからです。
つまりストレートに言えば「そんな夢みたいな世界を目指したってどうせ無理なんだから、普通の安定した仕事を探した方がよっぽどマシだ」と、こう思っているんですね。
もちろんその感覚は決して間違っていませんし、あなたのことを心から心配しているからこそ、そのように思っているはずです。
でも、あなたがもし本気で歌手として成功を収めたいと考えているなら、やはりその道を目指すべきでしょう。
何故なら、あなたの人生は他の誰でもないあなたのものだからです。
本当にやりたいことをやらずに後年になって後悔する人生よりも、夢を追いかけている方が人生は充実し、輝きます。
さて本題はここからなんですが、世の中はそんなに甘いものではなく、ただやみくもに成功したいと思っているだけでは成功することはできません。
そこには戦略が必要になってきます。
成功を目指す多くの歌手の方が勘違いしていることの1つに、歌手の成功=芸術性(主観的な曲の良さ、歌の技術など)と捉えているケースがありますが、それは違います。
これは成功のための1つの要素にすぎません。
そしてそれが欠けていても成功することだってできます。
我々はこれまでに長い音楽業界での経験を通じて、実に多くの成功した歌手、成功しなかった歌手を見てきました。
全てのケースをパターン化して成功/失敗を語ることは不可能ですが、少なくとも最適解に近い必勝パターンはノウハウとして持っているというのも事実です。
それは何か?
根本的には、歌手としての成功は何も特別なものではなく、ビジネスでの成功や、もっと言えば「こう生きたい」と考える人生の成功と全く同じである、ということです。
私は幸運なことに、過去に多くの成功した経営者や成功した歌手と知り合う機会がありました。
彼らの共通点を3つ挙げます。

1. 本当にやりたいことをやっている

やりたくないと思っていることをやるには努力が必要ですが、やりたいことをやる場合には努力は必要ありません。
分かりやすく言えば、それを努力と感じるかどうかという点がポイントになります。
そのために、やりたいことをやっている人はいつも生き生きとしていて、その目的を達成するために苦もなく取り組むことができ、多くの困難にも向き合っていけるのです。

2. 身近な存在を大切にしている

例えばそれがある程度知名度のある歌手だった場合、レコード会社にはプロデューサーやディレクター、営業、プロモーターが、所属事務所にはマネージャーが、コンサートには会場の関係者、舞台監督、バンドメンバー、照明、音響、舞台装置スタッフ、チケット販売会社のスタッフなど、制作には作詞家、作曲家、編曲家、エンジニアが、メディアにはテレビやラジオ、雑誌、新聞、インターネット媒体、広告代理店が、この歌手を売るために動きます。
そして何よりも歌手を最も力強く支えてくれる立場のファンがいます。
さらには家族や友人といった具合に、実に多くの人達に支えられているわけですね。
成功する人はこれがどれほど成功するために重要であるかを理解しているので、こういった周りの人達を大切にします。
これは歌唱力を上げることだったり、歌手としてのスキルを純粋に向上させることよりも難しいことですが、少なくとも周りの人達を大切にしようと努力をする人であることが重要だと言えます。
中にはどうにも好きになれないような、横柄で感じの悪いスタッフもいるかもしれません。
そんな人に対しても他の人と同じように大切に接する必要はありませんが、少なくとも「忍耐」して、何とかやり過ごすくらいの世渡り上手でいることが重要です。
コツとしては、「自分の夢」と「自分の感情」を秤にかけることです。
そういう苦手なタイプの人と会ったときに、「嫌だな」と思うネガティブな感情よりも、歌手として成功したいという強い気持ちを奮い立たせてください。
極論を言えば、歌唱力もなく、ビジュアル的に劣っていたとしても、これができれば歌手として成功できるでしょう。
ちなみに周りの人達を大切にできない成功者もいますが、これは一時的なものであり、歴史を辿れば分かるように、比較的早い段階で成功を手放すはめになっています。

3. 何をやっても成功するような雰囲気を持っている

この「CDデビューしたい!」ではこれまでに多くの歌手の方を世に送り出してきました。
その中で何人かはメジャーのレコード会社から声がかかり、後に知名度が全国区になってケースもあります。
彼らに共通していると感じたことを率直に申し上げると「営業マン(またはどんな業種でもいいですが)としてもきっと成功したに違いない」ということです。
具体的なポイントをいくつか挙げると「目標地点を明確に定めている」「目標に向かっていく姿勢に迷いが感じられない」「楽しみながら取り組んでいる」といったところでしょうか。
まだ今はデビュー前の無名な歌手であったとしても、もしあなたにとって歌手が天職であると誰よりも強く信じることができれば、成功はあなたのすぐ目の前に転がっているでしょう。

無計画に歌の練習をひたすらがんばるより、このことを最初に理解する方が、あなたの歌手としての成功を考えたときに、より重要になってくるでしょう。
そしてあなたが心から成功を望めば、別にがんばろうとしなくても歌は勝手に上手くなりますし、歌手活動を続けていく環境もどんどん良くなっていきますので、心配はいりません。
我々はその第一歩としてのお手伝いを全力でさせて頂きたいと思っておりますので、もし心の中に迷いや不安があるなら、是非一度お問い合わせしてください。

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。