【フォーク】人間の悲しい性を、壮大なスケールで描く【昭和】

フォークシンガーKさんのアルバムより、個人的にお気に入りの1曲を紹介します。詩人でもあるKさんが書き溜めた作品の中から厳選し、ご自身でメロディを付けたというこの曲は、人間関係で起こり得るすれ違いや葛藤を、哲学的な視点で描いた傑作! 一度聞いただけでは理解するのが難しくても、何度か聞いているうちにKさんの深遠な世界観にじわじわとハマってしまいます。

制作秘話

本業は詩人であり、様々な文芸誌でコラムや論評を発表しているKさんは、まさに「文学青年」を地で行くような方です。打ち合わせで何度か、大自然に囲まれたご自宅にお伺いさせて頂きましたが、書斎はあらゆるジャンルの書籍や日本画などの芸術作品で埋め尽くされており、一方でパソコンがないというのも新鮮に感じました。

家を出るとすぐ目と鼻の先には山や渓谷、川といった自然が広がるような環境で生まれ育ったKさんの作品には、そのような自然への思いがたくさん詰まっています。詩集だけでなく、今回のように音楽CDを出すモチベーションとなっているのは、Kさんの内から湧き出る郷土愛や自然を守りたいという強い気持ちが根底にあり、仕事を通じた一連のお付き合いの中で多くのことを学ばせてもらい、また深く考えさせられました。

お気軽にご相談ください

CDデビューしたい方からのお問い合わせをお待ちしております! 発売したCDはCDショップやAmazonなどでご購入頂けるようになります。CDだけでなくApple MusicやGoogle Play Music、YouTube Musicなど主要なサブスクリプション型サービスへのストリーミング配信ももちろんサービスに含まれていますので、最高の1枚を作ってご自身の才能を全世界に発表してみませんか?

お問い合わせフォーム サービスの詳細

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。