【ポイント還元2.5%】AmazonゴールドカードはAmazonヘビーユーザーにおすすめ【でもリボ払いは危険】

AmazonヘビーユーザーにおすすめしたいのがこのAmazonゴールドカード。私自身Amazonヘビーユーザーでありこのカードを使っていますが、すごい勢いでポイントが貯まります。
今回はこのAmazonゴールドカードをおすすめする内容になります。

Amazonにはクラシックとこのゴールドの2種類のカードがあります(ちなみにアメリカには最上級のブラックがあります)。クラシックは年会費無料、ゴールドは年会費10,800円(2019年9月現在)かかりますが、Amazonプライム会員(年会費4,900円)は無料になります。

Amazonゴールドカードのメリット

Amazon内で買い物するとポイントが2.5%付き(通常は1%)、Amazon以外の買い物もAmazonポイントが1%付きます。なので、Amazonでの買い物が多ければ多いほどかなり得になるということです。ちなみにクラシックだとポイントが1.5%(かつプライム会員だと2%)なので、Amazonで買い物する金額に応じて選ぶのが良いでしょう。

それ以外のメリットとしては、旅行傷害保険の付帯と空港ラウンジの使用などがあります。空港ラウンジについては海外は1ヶ所(ハワイ)のみで、あとは全て国内の空港に限られます。旅行傷害保険は他社のほとんどのゴールドカードと同じように付いているので、国内はまだしも保険が効かない海外旅行によく行く方、最低でも年1回は行くという方であれば、クラシックよりゴールドの方がおすすめです。

通常(1%)よりポイント還元が1.5%高いので、単純計算でこのゴールドカードをAmazonのみで使ったとしても、1年間で400,000円(月換算で約33,000円)Amazonで買うと元が取れます。

結論

  • Amazonヘビーユーザー(またはプライム会員)
  • 海外旅行(出張)に最低年1回以上行く

この2つに当てはまる方はAmazonゴールドカードを強くおすすめします!

今後どうなる?(料金など)

今年になってAmazonプライムの年会費が1,000円上がり、4,900円になりました。ただこの金額は、例えばアメリカの場合119ドル(約12,500円)と、日本の2倍以上です。そのため今後は日本の会員費も上がる可能性があり、そうなると相対的にこのAmazonゴールドカードの年会費が安くなります。もちろんこのカード自体の年会費が上がる可能性も否定できませんが。

マイ・ペイすリボは申し込むべきか

このAmazonクレジットカードを発行している三井住友カードのサービスに「マイ・ペイすリボ」というものがあります。カードの申し込み時、同時に「マイ・ペイすリボ」に申し込むと年会費が半額になるので、一見お得に感じますよね。
この「マイ・ペイすリボ」はどのようなサービスかと言うと、買い物した商品の支払いは全て強制的にリボ払いになるというものです。

このリボ払い、年率が15%ということですが、返済方法(どのくらいのペースや金額で返していくか)によってもちろん変わってきますが、一例を挙げてもう少し細かく説明してみます。

12万円の買い物したとして、1年間返済を全くしない場合は利息分が15%かかります(18,000円)。または、毎月1万円ずつ返済した場合は利息分が約7.8%(約9,400円)かかります。

リボ払い自体は否定しませんが、何でもかんでもリボ払いにしてしまうと、年会費が半額になっても、最終的にはそれ以上の金利を払うことになる可能性が高いので、注意が必要です。マイ・ペイすリボに申し込むことでゴールドカードの年会費を半額にするよりは、まだ年会費がかからないクラシックカード+プライム会員4,900円の方が安全なので、軽い気持ちで申し込み、あとで痛い目に遭うことがないよう気をつけてください。

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。