【レゲエ】夏の終わりにビーチで聞きたくなるラバーズロック【ポップ】

女性シンガーのWさんが、まったりなレゲエサウンドに合わせて歌うラブソング。女性的な可愛らしいボーカルが素晴らしいのは言うまでもないとして、Wさん本人が手がけた歌詞が本当に最高なんです! なので是非聞いて頂ければ幸いです。

この曲を聞くたびに、仕事の手を止めて打ち合わせなどの予定も全てキャンセルし、特に用もないのに海岸に向かって車を走らせたくなります。現実問題、埼玉県民の私にとって海ははるか遠い存在なのが残念ではありますが(笑)。

作曲とアレンジは、レゲエに限らずオールジャンルに渡って数々の名曲(日本人なら誰でも知ってるような有名な曲も含め)をこれまで世に送り出してきた方に手がけて頂きました。

制作秘話

いつでもどこでもとにかく明るいWさんは、例えて言うと学校のクラスの中で一番目立っていて、悪そうな人から根暗な人まで誰にでも話しかけられるような、そういう存在です。そんなコミュ力レベルが99くらいあるWさんとの思い出としては、あるとき相談があるといって打ち合わせでもレコーディングでもないタイミングで合うことになりました。その内容というのが、この曲の歌詞を私に見てもらいたいというものでした。なんでも、プロデューサーにもしダメ出しされたらショックで落ち込んでしまうかもしれないから、プロデューサーと付き合いが長く、考え方もよく知っている私の目から見て、この内容だとプロデューサーがどう思うかを知りたいということだったのです。

そもそもプロデューサーは優しくので、ズバッとダメ出しするようなキツいキャラでもなく、しかもWさんがそんなことで不安を抱くような一面を持っているのがあまりにも意外だったので驚いたわけですが、それは実は彼女の本当の姿だったと、後になって気づかされました。

誰もが目の前の問題に対して不安や悩みを抱えていますし、それはいつも陽気なキャラで周りを和ませてくれるWさんも例外ではありません。ですが、正直に自分をさらけ出すことは、強がって何でも分かったフリをすることよりよっぽど難しいわけす。彼女はそういった意味で、自身の成長のために自分自身としっかり向き合うことができる強い人なんだと知りましたし、私自身もそんなRさんの人柄から良い影響をかなり受けさせてもらいました。

ただ1つ悔やまれるのは、具体的にどう言ったかまでは覚えてないのですが、この歌詞がどう思うかという彼女の問いかけに対して「とても良いと思います!」程度の、毒にも薬にもならないようなどうでもいい返ししかできなかったことです(笑)。

お気軽にご相談ください

CDデビューしたい方からのお問い合わせをお待ちしております! 発売したCDはCDショップやAmazonなどでご購入頂けるようになっています。CDだけでなくApple MusicやGoogle Play Music、YouTube Musicなど主要なサブスクリプション型サービスへのストリーミング配信ももちろんサービスに含まれていますので、最高の1枚を作ってご自身の才能を全世界に発表してみませんか?

お問い合わせフォーム サービスの詳細

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。