【着るバッグ】 iPadを収納できるジャケット【SCOTTeVEST】

↓詳しくは動画で!

主旨

基本的に手ぶらで外出することが多いのだが、このiPad Proを日常的に使うようになったので、手ぶらは維持しながら何か良い方法はないかと考えた結果、このSCOTTeVESTのウェアを試したらとても便利で快適になったので紹介したい。

ターゲット

  • タブレットやラップトップを持ち運ぶ人
  • ミニマリスト
  • 海外旅行に行く人

SCOTTeVESTの魅力

他にもトラベルジャケットと呼ばれるジャンルではスタートアップ企業が作ったものを筆頭にいろいろとあるが、その中でこのSCOTTeVESTがおすすめできる理由を3つ紹介する。

歴史がある

  • 会社名:SCOTTeVEST
  • 所在地:米国アイダホ州ケッチャム
  • 設立:2000年
  • 創業者:スコット・ジョーダン

スマートフォンやタブレットなど様々なガジェットを収納できるポケットがたくさんついたウェアを作っている会社。創業以来着実に成長し続け、2013年には年間売上1,000万ドルを達成。テクノロジー業界からのファンも多く、中でもアップル創業者の1人であるスティーブ・ウォズニアックはファンから転じて取締役になっているほどである。

ここ数年でこういったファンクショナルなジャケットがクラウドファンディングなどで資金を集めたスタートアップ企業からいろいろ出ているが、SCOTTeVESTは長い歴史で培った信頼やノウハウがある。他の多くのウェアはプロジェクトが終了しているところがほとんど。
トラベルジャケットとしてはSCOTTeVESTの次に有名かもしれないBAUBAXですら、2015年にクラウドファンディングのKickstarterとIndiegogoで1,100万ドルを集めて話題になったが、現在は継続的に生産している様子もなく、おそらくこのまま終了する可能性が高い。
創業者はスコット・ジョーダンという弁護士で、2000年にシカゴで設立された会社である。日本でもかなり以前に日本テレビ「億万のココロ」という番組でこの社長が紹介されている。

日本テレビ・億万のココロ

著名人からの支持

このブランドがどれほどテクノロジーを愛する人達から支持されているのかを、著名人が公式に発言した内容とともに紹介する。

Steve Wozniak

スティーブ・ジョブズとともにAppleを創業したあの天才エンジニアのスティーブ・ウォズニアックが実は役員だ。元々ウォズと息子が親子揃ってSCOTTeVESTのファンであり、その熱い思いをスコットに直接メールで伝えたほどである。どれほど好きかと言うと、好きすぎてこの会社のボードメンバーになってしまったほどだ。ボードというのは取締役会のことで、つまり取締役になったということ。

SCOTTeVESTのサイトにも掲載されている、ウォズからスコット・ジョーダンへの手紙の内容を和訳すると以下のような内容だ。

スコットへ
商品もそうだけど、君の起業家としての物語をとても羨ましく思っているよ。いつかは覚えてないけど、君はより起業家としてスタートした頃についてもっと深くインタビューで話していたね。あちこちで君の物語が好きな人たちにたくさん会うほど、それは素晴らしいものだった。
僕が持っているスコッティベストの商品はどれも好きだけど、まだ十分に活用できてはいないんだ。普段忙しいから、ほとんどの服はクローゼットではなく床に散らかしたままなんだ。僕の息子はもう何年もスコッティベストのベストを着続けていて、どこに行くにもこのベストで荷物を運んでいるよ。空港では最高だってさ!
僕は本当に君のファンだ、そして言葉にできないほど君と知り合えてうれしいと思っているよ!
ウォズより

iMacの前身となるMacintoshのさらに前、パソコンつまりパーソナルコンピュータの元祖と言えるApple IIでこのAppleは一急成長したのだが、その設計を中心になって行ったのがこのウォズだ。

Your product is an excellent accessory to an iPhone.
iPhoneのための最高のアクセサリーだね。by Woz

Guy Kawasaki

Appleの元エヴァンジェリストとして馴染み深いガイ・カワサキも、ウォズ同様に親子揃ってSCOTTeVESTを愛用している。

Wow, there’s more design thought in these garments than most smart phones.
ほとんどのスマホよりもこの服の方がデザインのアイデアがたくさん詰め込まれてるよ。

他にもマイクロソフトのリック・エングル氏、元マイクロソフトのセキュリティエンジニアだったジェフリー・スミガン氏といったシリコンバレーの面々がSCOTTeVESTのファンであることを公言している。

Rick Engle(Windows Technologies Architect at Microsoft)

I plan on using mine at trade shows and customer events fully lines with gadgets, That’s huge, thanks so much, I can’t wait to trick it out with loads of cool tech!!
展示会とかのイベントでガジェットを入れて使わせてもらうよ。これはすごいね、どうもありがとう。テクノロジーを搭載したこの服を着飾るのが楽しみで仕方ないよ!

Geoffrey Smigun(ex. Security Engineer at Microsoft)

Was great at the airport … especially during these times when security is high. I removed the vest and I knew all my gadgets where there. Saved me much precious time having to hunt for each device and place it in bins.
空港ではとても役立った。特にセキュリティが厳重な今の時代だからなおさら。このベストを脱いでも全てのガジェットがどこにあるか分かりやすい。ケースにそれぞれのデバイスをわざわざ探して入れるという手間を省略できるから、本当に助かるよ。

Herbie Hancock

ジャズミュージシャンのハービー・ハンコックもSCOTTeVESTがお気に入り。ジャズファンクやフージョンといったジャンルの中ではとても有名だが、日本では1985年に放送されたサントリーホワイト(ウィスキー)のCMでピアノの演奏をしているシーンが分かりやすい。

What a great invention! I’m going to turn all my techie musician friends on to it.
これは最高の発明だ! 全てのテッキーミュージシャンの友人に勧めておくから。

※テッキーというのはテクノロジーオタクという意味。

機能的

ポケットがたくさんある(今回紹介しているこのRevolution 2.0ジャケットは25個のポケットがある)。そして重くなっても肩に負担がかからない特殊な構造(ウェイトマネジメントシステムという、負荷が一点ではなく全体的に均等にかかる仕組み)になっている。バッグの収納と比べていつでもパッと物を取り出しやすいのも、実際に着用してみると分かる。なおこの会社が保有するTECという特許は国防総省、FBI、シークレットサービスといった機関や組織でも使われているほど優れた技術である。

ラインナップが豊富

ジャケットだけでなくTシャツやシャツ、ベスト、パーカー、パンツ、帽子などいろんな商品があり、レディースも充実している。

利用シーン

iPadなどのタブレットやラップトップを持ち運ぶ

バッグを持ち運ばなくてOK。手ぶらになる。荷物が多すぎてバッグに入り切らないときに使える。

旅行時

旅行に最適で、特に機内持ち込み時やスリ対策としても重宝する。このジャケットとバックパックがあればかなりの収容力になるし、ポケットがたくさんあるのでスリが困るほどだ。

大きいスマホも安心して持ち運べる。

自宅

家の中だとそんなにポケットは必要ないと思われるかもしれないが、スウェットパンツやパジャマだとポケットからスマホがポロッと落ちてしまう経験をしたことはないだろうか? このブランドのTシャツやポロシャツなら、家でも安心してスマホ、さらにAirPodsのケースまで持ち運べる。

収容できるもの

このジャケットに入るものはこちら。

タブレット&ラップトップ

タブレット用のポケットが1ヶ所あり、ここにはA4サイズの書類がすっぽり入る。
A4サイズがだいたい30×21cmなので、高さが30cm以内、横幅が21cm以内の平べったいものなら入るということだ。

  • iPad:全モデルOK
  • MacBook:Airと13インチProはOK、ただし16インチProは入らない

ちなみにパーカについてはタブレット用のポケットが2ヶ所あるが、高さが少し小さくなっていて、25×21cm以内のものまでなら入る。

  • iPad:12.9インチのProだけ入らない(他はOK)
  • MacBook:どれも入らない

何がどこまで入るか

普段持ち歩く可能性があるものをとりあえずポケットにどんどん入れてみたら、以下のものが収容できた。

  • iPhone 11 Pro Max
  • iPad Pro
  • AirPods Pro
  • 財布
  • カードケース
  • キーケース
  • 500mlペットボトル
  • マジック
  • ペン
  • 充電ケーブル各種
  • A4書類
  • 長3封筒
  • レシート
  • 本(四六版)
  • サングラス
  • 手袋

気になるポイント

このSCOTTeVESTに限らず、全てのトラベルジャケットを着たときに起こる問題にも触れておく。

オシャレではない

かさばる。ただ気にしない人には関係ない。

奥行があるものの収納に向いてない

例えば一眼レフカメラなど。スマホやタブレットなど平たいものの収納には向いている。

まとめ

特に真新しいものではないが、今はスマホをはじめ様々なガジェットを日常的に持ち運ぶようになった一方で、それ以外のものを持たなくても良い時代になってきている中、SCOTTeVESTのウェアを着ることでバッグレスな生活が実現できたことは本当にありがたい。
創業者のスコット自身が無類のガジェット好きでもあり、スマホやタブレット、イヤホンなどのガジェットに最適化されていて、「物を持って移動する」というこの行為に対して新しい体験をすることができている。

今回紹介しているウェア

SCOTTeVEST カーゴパンツ
SCOTTeVEST Tシャツ
SCOTTeVEST シャツ
SCOTTeVEST ポロシャツ
SCOTTeVEST Revolution 2.0 ジャケット
SCOTTeVEST ウィンドブレーカー
SCOTTeVEST パーカ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です