なんで「CDデビューしたい!」はこんなに安いの?という質問にお答えします

だいたいの業者は200〜300万円ほどかかりますが・・・

お問い合わせ頂く歌手の中には、過去に他の業者さんから「うちでCDを作らないか?」と話を持ちかけられたことがあるという方が多くいらっしゃいます。
そしてそんな方々からよく聞かれるのが、表題の質問です。
「あまりにも安くないですか?」
「なんだかんだ言って後からいろいろ追加でお金かかったりしませんよね?」
「素人が作ったような仕上がりにならないか不安です」
などなど。

そう仰る気持ちはよく分かりますし、そのように誤解されることに対して実はとても光栄に思っております!
というのもこのサービスを始めた理由というのが「才能があるのにCDデビューできない多くの歌手の方のために、できる限りコストを抑えてデビューのきっかけを作りたい」というコンセプトがあり、そのために様々な工夫を凝らすことで、最高のサービスを手頃な金額で提供できるようになったからです。

だいたいのところはCDを出すのに通常200〜300万円ほどかかるのが実情です。
さすがにちょっと、CD作るハードルが高すぎですよね。

ネットで調べてもよく分かりませんでした・・・

ところで私どもは当然ながら仕事で携わっているので相場は把握しているのですが、そうではない方がCDを作りたいと思ったときに、相場を知ることはできるのだろうかと思い、そこで実際にネットで検索し、調べてみました。
するとまずは広告枠にいくつかのCD制作業者があり、検索上位には「CDを作るのにいくらぐらいかかるか?」というような感じのテーマのアフィリエイト系ブログの記事がいくつかあり、またYahoo!知恵袋の結構古めな時期の質問&回答を発見することができます。
そうやって実際に自分で「CDっていくらで作れるんだろう?」という目線で調べた結果、分かったことは・・・

結局のところ、いくらかかるのか分からない

中には「お、かなり激安な料金だな」と思える業者さんもあったのですが、プレスにいくら、レコーディングにいくらなどとても細かく書いてあるせいで最終的にいくらくらいになるのかさっぱり分かりませんでした。
10〜20分ほどかけてネット上でどうにか相場を把握したいと思っていたのですが、残念ながら無理でした。
それはそれで当然かもしれません。
というのも、作りたい曲によっては何人かのミュージシャンを手配しなければならなかったり、レコーディングスタジオの料金もピンキリで変わってくるからです。
CDを作る料金なんて一概には言えない、というのが業者目線から見たときの本音といえるのかもしれませんね。
でもそれでは利用する側の歌手の方からすると困ると思いますので、「CDデビューしたい!」は料金を明確に表示しています。
CDを作る工程を全てパッケージ化して提供しており、どなたでも一律料金でご利用頂けます!
この「分かりやすさ」が、時には「なんでこんなに安いの?」につながってくるわけです。
なので、どうしてこんなに安くできるのかという理由をご説明致します。

多く受注することで各工程をコストダウン

CDを作るのにかかる金額を分かりやすく提示し、多くの歌手の皆様からご依頼頂くことで、ミュージシャンに発注するギャラやレコーディングスタジオの費用、CDプレス代といった様々な工程にかかわる経費を下げることができます。
スケールメリットを生かし、安いからこそさらに安くできるというカラクリでございます。

無駄な経費は一切かけない少数精鋭体制

「CDデビューしたい!」には、ただ電話番したり請求書をまとめるだけの事務スタッフや、プロデューサーやアーティストの小間使いをするためだけのアシスタント、テンプレ的な流れ作業を行なうだけの広報・営業スタッフは一切おりません。
あくまでCDを製作する上で必要最低限なスタッフだけで業務を行なっております。
そのため、まず人件費がほとんどかかっていません。
またミュージシャンやデザイナーは全て外部発注していますが、かといって長年の信頼関係があるメンバーにお願いしているので、コストは下げることができますがクオリティは一切下げません。
その他の細かい諸費用などもできる限り削るだけ削り、極端ですがA4印刷用紙1枚でも無駄にしません。
そこまでストイックにできるのは、私どもが1人でも多くの歌手の方に、できるだけリーズナブルにサービスを利用してほしいという、ただその理由があるからなんです。

理解されるより前に理解することを重視

これが実は最も大切なことだと考えております。
どういうことか分かりづらいと思いますので説明させて頂きますね。
CD製作に限らず何かサービスを受けるとき、多くの業者は自社のサービスの良さや、それを利用することによってどれだけ素晴らしい結果が得られるかということを最大限アピールします。
つまり、相手のことを理解するのではなく、自分のことを理解してもらうために一生懸命になります。
一方で、私どもは逆にアピールを一切しません。
何故なら、そのこと自体は自分はともかく相手にとって何のメリットにもならないとすでに分かっているからです。
それよりも相手の話をできる限り聞き、それでも足りなければ何度でも質問し、相手を理解することに終始務めます。
そして相手が何を求めているのかを把握したときに、その需要を最も満たすことができるアイデアを提案するのです。
例えばの話、「ビジュアルはシンプルにして、とにかく曲の良さで勝負したい」と思っている歌手の方に対し、一方的に「ヘアメイクとスタイリストを付けて撮影すればジャケットがかっこよくなってさらにCDが売れます!」と提案するのは本末転倒な話ですよね。
十人十色、1枚のCDを作るといってもやり方はそれぞれです。
そのためにもまず「理解する」ことが大切であると考え、歌手の方それぞれに最適な形でCDを製作するからこそ、最終的に無駄を省いて金額を抑えることができるというわけなんです。

ということで、「CD製作っていくらぐらいかかるんだろう?」とお悩みの方は是非一度「CDデビューしたい!」までお気軽にお問い合わせくださいませ!

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。