演歌歌手の夢が叶ったお話(スナックのママさん編)

本日はお問い合わせを2件頂きました。
どうもありがとうございます!
そのうち1件はさっそくCDデビューが決まり、今月中に制作が開始する予定です。

さて今回は、2年ほど前に「CDデビューしたい!」から待望の歌手デビューを果たした女性演歌歌手のお話です。
50代で、2人のお子さんが社会人になったのを機に本格的な活動を始められました。
小さい頃から歌うことが大好きで、家族の前で演歌を歌っているうち、物心がつく頃には歌手の道を目指していたそうです。
たくさんあるレパートリーのうち、演歌の世界ではとても有名な大御所作曲家の曲が特にお気に入りで、いつかはこの方に会いたいという思いが彼女の中でどんどんふくらんでいきました。
それから大人になり、社会に出て、結婚し、2人の子育てをしているうちにふと「そういえば学生の頃は本気で演歌歌手になりたかったな〜」と、当時描いていた夢の記憶が蘇ったのです。
そこで彼女は第二の人生を始めるにあたり、子育てが一段落したらもう一度演歌歌手の道を目指してみようと決心するに至りました。

50歳を過ぎた頃、いよいよそのときが巡ってきました。

ところで実はこの方、スナックのママさんでもあります。
常連客やチーママ、若いスタッフに夢を打ち明けると、みんなは「ママが夢を目指すなら応援するよ!」と言ってくれたそうです。
常連客の知り合いづてでレコード会社の関係者につなげてもらったり、地域のイベントに出してもらったりしつつ、約3年ほどは仕事の合間を縫って音楽活動を懸命に行なったのです。
しかし、本人の努力に加えて周りのサポートがあったにもかかわらず、CDデビューの夢が叶うことはありませんでした。

途中で難しいかな? って思うようになったけど、周りのみんなが自分以上に応援してくれるから、なんか引けなくなっちゃって・・・

当時のことを、そんな風に回想した彼女。
転機が訪れたのは、常連客の1人からある提案を受けたときです。

お金がかかるけどCDデビューできるらしいよ。
試しにやってみたらどう?

その常連客の方が提案したのが、この「CDデビューしたい!」だったのです。
ご連絡頂いてからはトントン拍子で進み、約6ヶ月後に待望のデビューシングルが発売されました。
その後もここから1枚のシングルと1枚のアルバムを2年以内に発売し、彼女の活動は驚くほど良い方向に進んでいったのです。
地域のイベントでゲスト歌手として呼んでもらえるようになったり、話題を聞きつけた近所の方が彼女のスナックに続々と足を運ぶようになったことで、お店の売上も増えていきました。

そしてつい先日のことです。
地元の歌手が集まるようなとあるイベントに彼女も誘われて参加したのですが、なんとそこには子供の頃から憧れていた、あの作曲家先生がゲストとしていらっしゃったというのです!
そのときの興奮した様子について後日事細かに説明して頂いたのですが、彼女にとってはその大先生に会えたこと以上に、

先生がすでに私のことを知っていてくださったんです!

それが一番うれしいことだったと、興奮気味に語ってくださいました。
「いつになるかは分からないけど、機会があればそのうち作曲してもらえるかもしれない」とも言ってましたので、是非ともこの共演を実現して頂ければと思います。

最後にちょっと話は変わりますが、たまに全国のスナックのママさんからご依頼を頂くことがあります。
このようなケースの場合、単にお金をかけて歌手デビューというだけでなくお店のプロモーションの一環としてご利用頂くこともできます。
お店でCDの販売も可能ですので、売上の足しになるかもしれません。
ここからCDを出したときは、是非ともご自身の店内にポスターを貼ってCDを飾り、カラオケで歌ってください!
盛り上がること間違いなしです!

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。