iPad Pro+Apple Pencil(第2世代)が最高すぎてタブレット使いに逆戻り

以前、MacBookとiPadをやめてiMac+iPhoneのみという環境にした理由という記事を投稿したように、使用デバイスをギリギリまで絞った結果としてiPadの使用をやめたのですが、新しく発売されたiPad ProとApple Pencilが何やら凄そうなので、再びiPadを使うことにしました。ただ、やみくもに使用デバイスを増やすことでデータやタスクの管理が面倒になり、そのことが逆にマイナス要素になってしまうことを考慮して、今回は特に「iPhoneとの使い分け」という点に重点を置いた上で、購入する前の段階でまずは「iPadの用途の明確化」を行いました。

購入前にiPadで使いたいと考えていた要素は以下のつです。

  • 会議や打ち合わせでのメモ帳代わり
  • ロゴなどベクター画像の作成補助(メインはPCでIllustratorを使用)
  • 外出先でのプレゼン用ブラウザとして(スライド、ウェブサイト、動画など)

新しいiPad Proはサイズが11インチと12.9インチの2サイズ展開で、あまり大きくない方がいいと思って11インチを選びましたが、ベゼルが狭くなり、ホームボタンがなくなったことでディスプレイサイズが相対的に広くなり、実際に手に取ってみるとかなり大きく感じます。iPhone XS Maxと比べてもディスプレイサイズは断然大きく、YouTube閲覧も捗ります。

第2世代のApple Pencilはかなり良くなりました。特に充電方式ですが、これまではLightningコネクタをiPadなどに差して充電する必要がありましたが、新しいモデルではこのコネクタがまず付いてません。代わりにiPad Pro本体にくっつけることでペアリングされるとともにワイヤレス充電まで始まり、充電の手間や持ち運びの点で便利になりました。ちなみにくっつける場所は、縦置きにした状態の右側になります。

使ってみて良かった点

それでは、購入から約1週間ほど経ったところで、iPad ProとApple Pencilそれぞれを実際に使用して良かった点を紹介します。ちなみに悪かった点は何もありませんでした。

iPad Pro

顔認証

iPhoneではロック画面は1方向のみですが、iPad Proは4方向全ての向きに変えることができ、しかもその状態で顔認証ができます。

冷蔵庫にくっつく

強力なマグネットで、冷蔵庫の側面にピタッとくっつけることができます。レシピサイトや動画を閲覧しながら料理するときに便利ですね。
他にもロッカーやホワイトボードなどに貼り付けて、会議やプレゼンに使用したり、店舗内でのデジタルサイネージとして活用するなど、今後さらに用途の幅が広がりそうです。

アプリの切り替えが簡単

新しいiPad Proではホームボタンがなくなりました。アプリを何か使用中に画面下部分を上にスワイプすると、MacでおなじみのDockが出てきます。

スクリーンショットが簡単

ホームボタンがなくなったことで、スクリーンショットの撮り方がちょっと変わりました。サイドボタンと音量(大)ボタンの同時押しでスクリーンショットが撮れます。ボタン同士が近いので、片手の親指と人さし指で端末の端をつまむような感覚でできます。

Apple Pencil(第2世代)

iPad Pro本体にくっつく

この機能は今回のiPad ProとApple Pencilが発表されたときの目玉の1つでもありました。充電切れの心配もなくなりましたし、持ち運びもとにかく楽です。

書き心地が滑らか

「紙+ボールペン」の感覚にかなり近づいたのではないかなと感じました。反応も早いですし、またディスプレイのガラスが薄くなったのか、ペン先と書いた内容との距離が近く、質感がリアルです。
今回の新作iPad Proを購入した方、または購入を検討している方のほとんどは、同時に出たApple Pencilをセットにして考えているかと思いますが、やはりこのApple Pencilを使うことでiPad Proがより活かされることは間違いないので、これから買おうと思っている方には是非Apple Pencilも一緒に買うことをおすすめします。

転がらない形状に

以前のApple Pencilはデスクに置くとコロコロと転がってしまいましたが、今回はiPad Pro本体にくっつける部分が平らになっているおかげで転がらなくなりました。Apple Pencilを使わないときはとりあえず本体にピタッとくっつけておけばいいので、これは気分的にかなり楽です。

瞬時にメモができる

iPad Proの画面が消えている真っ暗な状態で、Apple Pencilで画面をタッチするだけでメモ帳が立ち上がります。ロック解除すら必要ありません。
ちょうどiPhoneで写真を撮りたいとき、ロック画面でカメラアイコンを3Dタッチ(ちょっと強めに押し込む)するだけでカメラが使える感覚に近いですが、Apple製品全体の特徴としてこういったユーザビリティの良さがさすがだなと、いつも感心させられます。

自分にとってのiPadの必要性

しばらくの間iPadは使用せず、日常的に使用するデバイスはiMac+iPhoneのみという非常にシンプルな環境にしていて、それはそれでかなり快適だったのですが、今回のiPad Pro(とApple Pencil)は私にとってなくてはならないデバイスであることがはっきりと分かりました。その理由は一言で言って「タブレットとしての完成度」これに尽きます。
そもそもタブレットという言葉は、現代ではこのiPadをはじめとするモバイルデバイスを指しますが、すでに様々な面でPCをはるかに超える機能性を備えていますし、「PCではできるけどタブレットではできない」というマイナス点も日々なくなりつつあります。そういった意味で、Apple Pencilを併用することによるメモやイラスト作業デバイスとしての完成度は飛び抜けて高いのではないでしょうか。
またYouTubeの閲覧はもちろんのこと、Prime VideoやNETFLIXなどに代表されるサブスクリプション型の動画配信サービスが主流になりつつある中で、今後ますます地上波を受信する一般的な「テレビ」やDVD、ブルーレイなどの物理メディアは不要になっていくでしょうし、自宅で映画やドラマなどを1人または2人程度で楽しむ上では、ある程度の距離が必要な大画面ディスプレイではなくても、手元で手軽に見れるタブレットのサイズで十分ですから、このような映像を楽しむためのデバイスとしてもiPadだけで事足りますし、現時点での動画閲覧デバイスとしてはベストだと思います。
さらに言えば、あらゆる紙媒体(書籍、参考書など)がすぐに無くなることは考えにくいですが、だからこそこれらの紙媒体をPDF化してペーパーレスで活用する上で、単なる閲覧用デバイスとしてだけでなく、画面を分割して複数アプリを同時使用できるSplit Viewや、Apple Pencilを使って快適かつ自由にノートを取れるこのiPad Proが、何かを学ぶ際や一般的なオフィスワーク、クリエイティブな活動をより便利にしてくれているのを強く実感しました。

個人的には「iPhoneとの差別化」をした上でiPadに多くの用途を見出すことができ、購入後約1週間ほど経った今は常に持ち運んでいるほど、生活や仕事に欠かせない存在となっています。
タブレットはスマートフォンと違って必ずしも1人1台持ってなければならないような必需品ではありませんので、「イラストを書きたい」「習字をやりたい」「映画やドラマを楽しみたい」「勉強用のノートにしたい」「読書をしたい」など、何か明確な目的を持っている方には最高のデバイスです。また他のApple製品を持っている方にとっては、iPadは「iPhoneのインターネット共有で外出先でもネットを使いたい」「iMacのサブモニターとして使いたい」など、さらに付加的な役割を持たせることもできますので、新しいiPad Pro(とApple Pencil)は多くの方にメリットをもたらしてくれるタブレットではないでしょうか。

番外編

アメリカのドラマ「大草原の小さな家」でタブレットを持つ主役のローラ。タブレットと言ってももちろんiPadではなく、持ち運べる小さい黒板のようなものでしょうか。1870〜1880年という時代設定なのですが、この頃からタブレットは存在していたようです。

フォローお願いします!