NBAゴールデンステート・ウォリアーズのジャージに楽天のRマークが!

公私ともに日頃より大変お世話になっている、日本を代表するネットショップの楽天市場。
仕事では弊社の運営する永咲花が出店しているだけでなく、クライアント企業様のネットショップで日常的に利用させて頂いております。
もちろん個人的にもかなりの頻度で買い物しています。
そんな楽天さんのロゴが、今シーズンのNBAから、しかもあのディフェンディングチャンピオン(前回優勝)であるウォリアーズのジャージーに入っているではありませんか!

ウォリアーズといえばNBAで今一番人気があるチームですよね。
ちなみにゴールデンステートというのはカリフォルニアのことで、そのカリフォルニア州オークランド市を拠点としているチームです。
昨シーズンにNBAの最優秀選手の1人であるケヴィン・デュラントが加入して大きな話題となり、レブロン・ジェームズ率いるキャブスにファイナルで勝って2年ぶりに優勝しました。
多くの素晴らしい選手を抱えるこのチームですが、顔役はやはりステファン・カリーでしょうね。
歴代のNBA選手中でNo.1スリーポイントシューターでもあり、2015-2016シーズンでは圧倒的な記録更新となる、シーズン402本というスリーポイントシュートを決めています。

私は日頃よりNBAのゲームを観ていますが、多くのスポーツと同様に、NBAも観客はホームチームを応援し、アウェイ(敵)チームには厳しいブーイングが浴びせられます。
そんな状況でも、アウェイであるにもかかわらずシュートを決める度に大きな歓声が上がるのは、NBAではステファン・カリーだけじゃないでしょうか。
それほどゴールデンステート以外の全NBAファンから人気を集めている選手です。
ステファン・カリーのスリーポイントシュートは何度も見てしまうほど素晴らしいです!

Stephen Curry ALL 324 Three-Pointers in 2016-17 Regular Season Part 1, HUMAN TORCH Mode!

ところでそんなスーパースターがいるこのウォリアーズ、今シーズン(2017-2018)から選手がゲームで着用しているジャージーになんだか見覚えのあるロゴが付いています。
今季からNBAは「ユニフォーム・スポンサーシップ」という制度を試験的に導入し、それによってジャージーのメーカー(ナイキ)が右胸に、そして各チームと契約している企業のロゴが左胸に付くようになりました(いくつかのチームには付いてないようですが)。
NBAの29チーム中で最も人気があるウォリアーズには、赤いRマークでおなじみ楽天のロゴが入ってます。

この写真のように、たまに黄色くなったりもします。

楽天の三木谷社長がインタビューで、ウォリアーズと契約した思いなどを熱く語られていますね。
一代で1つの企業をここまで成長させた偉大な方ですので、その言葉にはとても重みが感じられました。

Warriors-Rakuten: Believe in the Future

ウォリアーズは昨シーズン圧倒的な強さを見せていましたが、今シーズンはそれほどではなさそうです。
ここ3年は西がウォリアーズ、東がキャブスとファイナルの顔ぶれが予想通りすぎるところがありました。
ですが今年はキャブスから移籍したカイリー・アーヴィングがいるセルティクスや、ヒゲのジェームズ・ハーデンを筆頭にシュートが上手い選手をズラリと揃えているロケッツあたりが好調で、今年のプレーオフは久々に混戦になりそうでとても楽しみです。

あとちなみに楽天市場について最後に補足ですが、出店者が利用するRMSという管理システムが今年の2月1日からガラリと仕様変更されました。
最初は分からないことだらけだったのですが、担当のECコンサルタントさんが詳しく説明してくださったりして使い方を覚えた結果、とんでもなく使いやすい仕様に変わっていたことが分かりました。
これからネットショップを始めることを検討されている方、楽天市場での店舗運営はとても分かりやすくて便利ですよ。
特にパソコンやインターネットでのビジネスに疎い方(もしくはその自覚をお持ちの方)ほどおすすめです!

フォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。