に投稿 コメントを残す

ホームページ作りに必要な環境のための4つのステップ

まだひよっこですが、何か?

自分でホームページを作ってみませんか?

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!

まだパソコンも持ってないけど、自力でホームページを作ってみたい

そんな方を対象に始めてみました連載企画!

  • 時間を持て余しているのでホームページを作ってみたい
  • アフィリエイト収入で副業として稼いでみたい
  • 独立してウェブでサービスや商品を紹介していきたい
  • 勤務先のホームページの担当になった

私が今まで相談を受けたり、講座に通って頂いているのは、主に上記のような方です。
「自分はアナログ人間だから」なんて最初は言っていても、ほんの数ヶ月もすれば皆さんしっかりとバリバリやられています!

何となくパソコンを買ってみたけど、何をしたらいいのかよく分からなくて・・・

このように思っている方は結構多くいらっしゃいますが、残念なことに使いこなす前に挫折してしまうパターンがほとんどです。
それは何故かと言うと、主に2つの原因が挙げられます。

  • 「パソコンを使う目的」が曖昧なために目標が決められない
  • 情報が多すぎて「自分に必要な知識」が何なのかがそもそも分からない

逆に言えば、この2つをクリアすれば、その人にとってパソコンがとても心強い味方になってくれるはずです。

ゴールは「ホームページを作れるようになる」

そこで今回、1つ目の原因である「目的」をクリアするためにテーマを「ホームページ作り」にしました。
特にホームページを作りたいと思ってない方でもこの連載企画を通じて知識を学ぶことはできると思いますが、もしこの目的を持って読んで頂ければ、より一層高いモチベーションでパソコンへの理解を深めることができると思っております。

もう1つの原因「自分に必要な知識」ですが、パソコンでできることって本当に幅広く、奥が深いんです。
その全てを学ぼうとするのはかなり無謀なので、最終的に「ホームページを作れるようになる」というゴールがある前提で、是非覚えて頂きたい知識を紹介していきます。

この連載を通じ、1人でも多くのパソコン初心者の方がホームページを作れるようになることを、心より願っています!

目次
1 ポイントは3つ!初心者がホームページを作るためのパソコン選び
 1.1 MacとWindows。パソコン超初心者が選ぶならどっち?
 1.2 デスクトップかノートで悩んでいる方へ。それぞれの長所と短所
 1.3 初めてのパソコン購入。無難に新品?リスク覚悟で中古?
2 さらっとお得にプロバイダ契約して、インターネットを始めよう
3 これで仕事メール対策は完璧!基本中の基本5か条
 3.1 初心者必見!使いこなすために覚えておくべきメールの種類
 3.2 Gmailアカウントを作り、数々の便利なサービスを活用
 3.3 仕事用メールでは必須!便利なCCとBCCの使い方
 3.4 ビジネスメールの超基本!本文を構成する5つの項目
 3.5 メール送信のコツ・3つのマナーを覚えれば怖くない!
  3.5.1 メールの件名は「的確」で「分かりやすく」が基本
  3.5.2 「引用」を積極的に使ってメールのやり取りをよりスムーズに
  3.5.3 メール送信時、添付ファイルの容量(サイズ)に気をつけよう
4 パソコンを使いこなすために知っておきたい予備知識
 4.1 拡張子(かくちょうし)を理解してパソコン初心者を卒業!
  4.1.1 パソコンを使うなら必ず知っておくべき「拡張子」とは?
  4.1.2 JPEGだけじゃない!画像のファイル形式いろいろ
  4.1.3 パソコン初心者が最初に覚えるべき、基本のファイル形式
 4.2 ブラインドタッチできれば文章を書くのが楽しくなる!
 4.3 ファイルとフォルダの関係、パソコンの整理整頓
 4.4 知らなきゃ絶対マズイ!圧縮・解凍の意味とやり方
 4.5 せめて基本だけでも!Macのショートカットを覚えて効率UP
0
に投稿 1件のコメント

パソコンを使いこなすために知っておきたい予備知識

パソコンって

これだけ知っておけば万全!

こんにちは!
映画大好き、ホームページ制作のオイゾウです。
自分に合ったパソコンを選び、インターネットにもつないでネットサーフィンやメールもできる環境が整いました。
ところが残念なことに、これ以上先に進めずにせっかく買ったパソコンを全く使いこなせないまま、たまにインターネットで調べ物するときに使う程度という人が多くいます。

なんてもったいない!

インターネットとメールだけならパソコンは不要です、なぜならスマートフォンの方がよっぽど便利だからです。
でもパソコンがあれば、ビジネスで使用する文書を作成したり、ホームページを作ったり、動画を編集したり、その他スマートフォンではできない様々なアプリケーションを使っていろんなことができるんです。
つまりパソコンを使えば、

世界が広がります!

「目的」と「基礎知識」

全くの初心者さんが、途中で挫折することなくパソコンを使いこなしていくために重要なことは2つあります。

  1. 「パソコンを使う目的」があること
  2. 「基本的な知識」を身に付けること

このブログでは「ホームページ講座」というタイトルの通りはっきりとした目的がありますので、「ホームページを作れるようになるため」という目的を持って頂ければ、「パソコンを使う目的」に関しては問題ないかと思います。
せっかく買ったパソコンがただのオブジェになってしまう人の多くは、「目的」をはっきりと持っていなかったからです。
そして「基本的な知識」についてですが、これから最低限覚えてほしい内容を紹介していきます。
OSについてはMac OSをベースにしていますが、Windowsユーザーの方でも知っておいて損はない内容にしているつもりです。
そんなに難しい内容ではありませんので、気軽な気持ちで覚えていってくださいね!

0
に投稿 4件のコメント

拡張子(かくちょうし)を理解してパソコン初心者を卒業!

拡張子(かくちょうし)を理解してパソコン初心者を卒業!

拡張子を知らないと始まらない

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
パソコンを用意して、インターネットにつなげたら、いよいよそのパソコンを使って様々なことができるようになります。
インターネットを閲覧したりメールのやり取りをするだけであれば、今の時代はスマートフォンがあればパソコンがなくてもあまり困りません。
でも「パソコンではできるけどスマートフォンではできない」ことってたくさんあるんです!
なのでパソコンの基礎をしっかり学び、身につけた技術をホームページ作りや様々な業務に活かしていきましょう。

パソコンを使う上でまず最初に知っておきたいのが「拡張子」です。
ファイル名の末尾に必ず付いている「.」(ドット)で始まる英数字3文字のものですね。
例えば「写真.jpg」というファイル名であれば、「.jpg」が拡張子になります。

拡張子の表示方法

もし現在使っているパソコンで拡張子が表示されていない場合は、設定で拡張子を表示させるように変更しておきましょう。
Macでは以下の通りで変更ができます。

Finder(ファインダー)の環境設定を開く
ファインダーは、Dockの左端にある顔のマークのアイコンです。
finder_logo

これをクリックすると画面左上のリンゴマークの右に「Finder」と表示されますので、これをクリックすると上から2番目に「環境設定」とありますので、これを選んでください。

すると以下のような小さいウィンドウが開きますので、歯車のマーク「詳細」を選びます。
最初の項目「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。
これでOKです!
Finderの環境設定

ちなみにWindowsの場合はコントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプション→表示→詳細設定→「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す、これで拡張子が表示されます。

ところで拡張子は大文字? 小文字?

余談ですが、Windowsでは区別されませんので「xxxxx.jpg」と「xxxxx.JPG」は同じファイルとして扱われます。
ですが、インターネット上では(というよりUNIXなどのサーバー上では)別のものとして区別されてしまいますので、小文字で統一するのがベストです。

さて。
この「拡張子」って一体何なのでしょうか?
これから詳しく説明していきますので、是非この「拡張子」を理解してください。
拡張子が分かれば、そのときあなたはもはやパソコン初心者ではありません!

0
に投稿 3件のコメント

ブラインドタッチできれば文章を書くのが楽しくなる!

ブラインドタッチを覚えると、文章を書くのが楽しくなる!

意外と難しくないんです

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
パソコンを買ったら真っ先に覚えたいのがブラインドタッチ。
ブラインドタッチとは、手元を見ずにキーボードで文字を入力することで、タッチタイピングとも言います。
手書きで文章を書くことと同様に、パソコンで文章を入力する上では一番最初に身につけたい技術です。
もちろんブラインドタッチができなくてもブログを書いたり、ビジネス文書を作成したり、メールのやり取りをしたり、ホームページを作ったりできますが、できるかできないかで作業速度は天と地ほどの差がつきますので、是非ブラインドタッチをマスターしましょう!

ブラインドタッチの基本

ローマ字入力

キーボードには各キーそれぞれにアルファベット(A〜Z)とひらがな(あ〜ん)が書いてありますが、ローマ字入力が基本なので、ひらがなは見る必要ありません。
例えば「か」はk⇒a、「ちゃ」はc⇒h⇒aのように打ちます。

生徒さんなどから、ローマ字入力の際によく聞かれることが多い文字をまとめましたので、参考にどうぞ!

を⇒wo
でぃ⇒dhi
てぃ⇒thi
でゅ⇒dhu
どぅ⇒dwu
とぅ⇒twu
小さい文字⇒頭にxを付ける(例:ぇ⇒xe)

キャレット

キーボードを見ないから「ブラインドタッチ」ですが、ではどこを見るかというと、パソコンの画面です。
文字を入力する位置には「キャレット」と呼ばれる、「|」←このような縦線が点滅している箇所がありますので、そこを見ましょう。

指を置くポジション

キーボードのFとJには出っ張りがあります。
この2つのキーに、両手の人差し指を置きます。

キーボードのホームポジション。FとJには出っ張りがあります

人差し指以外は同じ並びのキーに置き、両手親指はスペースキーに置きます。
スペースキーというのは横に長く何も文字が書いてないキーのことです。
個人的にはもっとスペースキーを小さくして、その分リターンキーやデリート(削除)キーなどがこの辺の位置にあるといいのに、なんて思ってます。
キーボードは元々は英語用のタイプライターですから、スペースを使う頻度が高い点が日本語と大きく違うので、国際規格と考えるとやむを得ないですけどね。
昔と比べれば、これでも小さくなっています。

キーボードの指を置く位置

どの指を使うか

キーボードの各キーは基本的に、それぞれどの指で打つかが決まっています。
覚えたての時期に間違ったクセが付いてしまうと直すのが難しくなりますので、できる限り忠実に「どの指でどのキーを打てばよいか」を、練習を通じて覚えてください。
両手ともに人差し指は2列、それ以外の指は1列ずつになっています。

キーボードのそれぞれのキーはこの指で打ちましょう

どうすればブラインドタッチができるようになる?

ひたすら反復練習

これに尽きます。
スポーツや勉強のように、同じことを何度も繰り返すことで技術や知識が身につくのと同様、ブラインドタッチができるまではゲームやタイピングのアプリで練習しまくりましょう!
一度覚えてしまえば記憶よりも感覚でブラインドタッチを身につけることができます。

タイピングのアプリを使う

どんなソフトが良いのか、ちょっと調べてみました。
Macに関しては、「タイピスト」という無料アプリが良さげです。
実際に使ってみましたが、最初にキーボードについての分かりやすい解説があったり、ものすごく初歩的なところからちょっとずつ難易度が上がっていくような構成などがとてもしっかり作られていると感じました。
指示通り順番にこなしていけば確実にブラインドタッチができるのでは?
是非使ってみてください。

ブラインドタッチの練習はタイピストがおすすめ

タイピスト

ちなみに私がブラインドタッチの練習をしたのはもう20年ほど前ですが、その頃はタイピストのような素晴らしいアプリは存在せず、実際にやったのは射撃ゲームだったと思います。
画面に出てきた文章(例えば「こんにちは」など)を見て、正確にかつ素早く文字を入力し、リターンキーを押して、正解だと弾丸が目標物に当たるような、そんな感じだったと思いますが、実際にやってみるとシューティングゲームをしているような感覚でできるのでハマってしまい、それで上達したのをよく覚えています。

手元を見ない

最初はもちろんキーボードを見ないとどのキーがどこにあるのか分からないので、見ながら打つしかありませんが、できる限り見ないようにした方が早く覚えることができます。

いかがでしたでしょうか?
これからパソコンを使いこなしていく方にとってブラインドタッチはとても重要な技術です。
慣れればきっとタイピングが楽しくなるはずですので、がんばって覚えてくださいね!

次ページ⇒ファイルとフォルダの関係、パソコンの整理整頓

0
に投稿 4件のコメント

JPEGだけじゃない!画像のファイル形式いろいろ

JPEGだけじゃない!画像のファイル形式いろいろ

用途に合わせて使い分ける

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
これからパソコン使いこなしていく上で「拡張子」を理解する必要性は前回の記事「パソコンを使うなら必ず知っておくべき「拡張子」とは?」で説明しました。
では、今後自身のホームページを作る上で特に必要なものは何でしょうか?
ホームページに載せるコンテンツ(情報)は主に「文章」と「画像」になります。
詳しい内容はおいといて、文章はHTMLというウェブに文書などを記述するためのファイル(拡張子は.html)に書き、CSSという、HTMLファイルに装飾するファイル(拡張子は.css)で書体や文字サイズ、行間などを指定します。
その辺りの内容に関するお話はもっと後になりますので、まずは画像ファイルの種類を是非覚えましょう!

JPEG(ジェーペグ)は聞いたことありますか?

馴染みのあるところで、デジカメや携帯電話、スマートフォンで撮影した写真は基本的にJPEGです。

それなら、画像は全てJPEGでいいのでは?

確かに、他のいろいろな種類のファイル形式を覚えるよりも、全てJPGで統一した方が楽かもしれませんね。
ですがJPEGにはJPEGの良さがあり、他の例えばPNGやGIFにも良さがありますので、これからホームページを作っていくのであれば最低限これらのファイル形式を知っておいて、適材適所で使い分けていく必要があります。
そこで今回「ウェブで表示する画像のファイル形式トップ3」を、それぞれの特徴や違いを紹介しつつ発表します!
※順番=順位ではありませんのでご了承ください。

拡張子:.jpg

読み方:ジェイペグ
JPEGはジョイント・フォトグラフィック・エキスパーツ・グループの略。
スマートフォンやデジカメなどで撮影した写真のファイルはデフォルトではこの.jpg形式になっていることがほとんど。
写真のファイルをウェブで使用したいときは.jpgにしましょう。
圧縮率を細かく調整できるので、ファイルサイズを軽くしたいときは圧縮率を高くしましょう。
.jpgは不可逆圧縮画像なので、メリットはファイルサイズを小さくできますが、デメリットとしては一度圧縮(保存)してしまったら戻せません。
単に画像を開いたりするだけでは圧縮はされませんのでご安心を。
あくまで保存したときの話です。

メリット

  • 色数が多い(約1,677万色)ので、写真に向いている

デメリット

  • 不可逆圧縮のため一度圧縮すると元に戻せない

ほぼ見た目は変わらず、ファイルサイズを約1/3まで小さくできました。

拡張子:.png

読み方:ピング
PNGはポータブル・ネットワーク・グラフィックスの略。
8ビットと24ビットがありますが、それぞれに違いがあり、PNGの使い道を考えると24ビットを使うことになります。
8ビットの.pngはこの後で説明する.gifと同じ256色ですが、24ビットになるとフルカラーになり、なおかつ透過処理が可能になります。
この「透過処理」がとても重要です!
写真などのように色数が多い場合.pngだとファイルサイズが大きくなってしまいますので.jpgがベストです。
ただ.pngは.jpgと違って可逆圧縮画像なので、圧縮によってデータが捨てられることがなく、また色数が写真のように多くないイラストや、透過を使用したい場合にとても便利です。

メリット

  • 透過処理ができる
  • 写真以外の画像ではかなりファイルサイズを小さくできる

デメリット

  • 写真を.png形式で保存するとファイルサイズが.jpgと比べてかなり大きくなる

ほぼ見た目は変わらず、.pngのファイルサイズは.jpgの約半分ほどに!

透過しているかどうかが分かるように、背景に色を入れてあります。

拡張子:.gif

読み方:ジフ
GIFはグラフィックス・インターチェンジ・フォーマットの略。
.gifには大きな特徴が2つあります。
1つは、扱える色数が最大256色までなので写真には向いてないが、イラストや文字などを画像で使いたいときにファイルサイズを小さくできて便利であるということ、もう1つはパラパラ漫画のようにアニメーションとして使えるということ。
ECサイトでのバナー広告や、数秒おきに表示されている画像が切り替わるウェブのディスプレイ広告でもよく用いられています。
ただし前述の通り色数が少なく、写真の画像をアニメーションで表現するとかなり粗い画像になってしまうため、注意が必要です。

メリット

  • アニメーションができる
  • .png同様に透過処理ができる
  • ファイルサイズが小さい(軽い)

デメリット

  • 色数が少ないので写真には向かない
.gifファイルの例・こんな感じのアニメーションが作れます!
アニメーションGIF
pngsample5.gif

こんな感じのアニメーションが作れます!
ちなみに数年前まではFlash(フラッシュ)というグラフィック映像コンテンツを使って高度なムービーをウェブ上で表現することが多かったのですが、スマートフォンが普及し、スマートフォンの中でも特に利用者の多いiPhoneがこのFlashをサポートしなかった(=閲覧できない)ため、現在はほとんど使われなくなりました。

まとめると

.jpg

写真で使う

.png

写真以外の画像(ロゴなど)はほぼ.pngでOK

.gif

アニメーションを使うとき(バナー広告など)

一概には言えませんが、ほぼこの通りに使い分ければ問題なしです!
他にも画像に関するファイル形式はいくつかありますが、ウェブで表示するための画像ファイルはこの3つを覚えておけば間違いありませんので、是非ともそれぞれの使い道を含めて覚えてくださいね!

次ページ⇒パソコン初心者が最初に覚えるべき、基本のファイル形式

0
に投稿 4件のコメント

パソコンを使うなら必ず知っておくべき「拡張子」とは?

パソコンを使うなら必ず知っておくべき「拡張子」とは?

拡張子=ファイル形式

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
パソコンで何をするにしても必ず知っておかなければならないのが「拡張子(かくちょうし)」。
この拡張子をしっかりと理解した上で、パソコンを使いホームページを作っていきましょう。

拡張子(かくちょうし、英語: filename extension)とは、ファイルの種類を識別するためにファイルの名前(ファイル名)の末尾につけられる文字列。
引用元:ウィキペディア

これだけでは何のことか分からないので、具体的に説明していきます。
「末尾につけられる文字列」は「.(ドット)+英数字3〜4文字」になります。
代表的な拡張子の例を挙げると

  • .jpg
  • .png
  • .gif
  • .docx
  • .xlsx
  • .mp3
  • .pdf
  • .zip

これらは頻出しますので、パソコンを少しでも触ったことがあれば見たこともあるのではないでしょうか?
ちなみにファイルの種類のことを通常は「ファイル形式」と呼びます。
では次に、これらの拡張子がどのような「ファイルの種類」であるかを説明します。

.jpg
画像のファイル
.png
画像のファイル
.gif
画像のファイル
.docx
「Word」(ワード)で作成された文書のファイル
.xlsx
「Excel」(エクセル)で作成された表計算のファイル
.mp3
音楽のファイル
.pdf
文書のファイル
.zip
圧縮されたファイル

このように、それぞれの拡張子によって、ファイルの種類を識別しています。
つまり

任意の文字列+拡張子=ファイル名

となります。
「任意の文字列」は文字通りですので、ご自身が作成したファイルであればご自身で好きなように名前を付けることができます。
例えば、Wordで契約書を作成したら、ファイル名を「contract160306.doc」このように名付けます。

ファイル名で注意するポイント

なるべく日本語ではなく半角英数字にする

日本語のファイル名は文字化けの原因になります。
Windows⇒Macという風にOS間で互換性がなく、メールなどで送ると意味不明な文字列のファイル名になってしまいますので、「契約書.doc」ではなく「keiyakusho.doc」や「contract.doc」といったようなファイル名が望ましいです。

記号を使わない

「.(ドット)」や「/(スラッシュ)」、「?(クエスチョン)」これらの記号は場合によっては別の意味としてコンピュータに認識されてしまうことがありますので、「使わない!」と覚えておいてください。
またファイル名に空白(スペース)を入れるのも望ましくありません。
でもファイル名を「companycontract.doc」としたい場合、「company」と「contract」という2つの単語があったりすると、何か記号を入れて区切りたくなりますよね。
そういうときは「_(アンダーバー)」を入れましょう!
アンダーバーを入れると「company_contract.doc」となって、とても読みやすくなります。

まとめると

  • 拡張子とは画像や文書などファイルの種類を識別するもので、必ずファイルには拡張子がある
  • ファイル名(拡張子の前部分)は好きな名前を付けられるが、英数字か_(アンダーバー)を使うべき

次回からは様々なファイルの種類(ファイル形式)について詳しく説明していきます。

次ページ⇒JPEGだけじゃない!画像のファイル形式いろいろ

0
に投稿 1件のコメント

さらっとお得にプロバイダ契約して、インターネットを始めよう

インターネットを自宅をプロバイダでつなげる

NTTに電話してみましょう

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
パソコンが用意できましたら、ついにそのパソコンをインターネットにつなげます。
契約したりなんやかんやが面倒なんですが、最初だけちょっとがんばって、毎月の支払いも口座振替にしてしまえば、あとはもうほとんど何もすることがありませんので、がんばってみてくださいね!

まず、インターネットをするためには「インターネット回線」と「プロバイダとの契約」この2つが必須です。

インターネット回線の代表的なものは「光回線」「ADSL」などです。
現在はADSLよりも圧倒的に光回線の方が使われていますので、光回線の前提で話を進めていきます(ただ地域によっては光回線を引き込めない所もありますので、その場合は使える回線をお選びください)。
光回線を提供している会社・サービスで代表的なものはNTTの「フレッツ光」です、これは聞いたことありますよね?
他にKDDIの「光ファイバー auひかり」などもあります。

ということで、アクションを起こす第一歩としてはまず、特にこだわりがなければNTTに「インターネットを使いたい」と直接電話するところから始めればよいでしょう。
そうすればあとは話をどんどん進めてもらえるはずです。

NTTに電話する⇒116

さて、インターネット回線を引いてもまだインターネットは使えません。
続いてプロバイダと契約する必要があります。
詳しく理解しなくても大丈夫なので簡単に説明しますが、プロバイダというのは通称で、本来はISP(インターネットサービスプロバイダ)のことです。
これは例えて言えば、インターネットという施設に入るための入場チケットのようなもので、プロバイダにIDとパスワードを発行してもらうことで入場、つまりインターネットの世界に入れるというわけです。

インターネット回線の会社やサービスは限られていますが、プロバイダは何百もの会社があり、それぞれの特長や料金などを比較していたらきりがありません。
性能や料金が大幅に変わることはありませんので、代表的なものに絞って選びましょう。

利用者数の多いプロバイダ

  • OCN(オーシーエヌ)
  • Biglobe(ビッグローブ)
  • So-Net(ソネット)
  • ぷらら

このあたりから選んでおけば、速さや安定感、料金などもそれほど変わりませんので安心です。
また、NTTでインターネット回線の申込をすると「プロバイダはお決まりですか?」と聞かれると思います。
そのときにNTTが勧めてくれるプロバイダを選べば手続きも(若干ですが)簡単になるのでおすすめです。

ところで、このインターネット回線とプロバイダは、初期費用の他に毎月の使用料がかかります。
初期費用はインターネット回線をつなげるための工事の内容などによって変わりますので一概には言えませんが、高くても数万円程度になると思います。

気になる毎月の料金

  • インターネット回線
    約4,000円
  • プロバイダ
    約1,000円
  • 合計
    約5,000円

具体的な金額をお知りになりたい場合は、NTT(116)に電話して見積もりを出してもらってくださいね。

ここまでは直接NTTに連絡する前提で書きましたが、代理店経由でインターネット回線とプロバイダを契約することで、最初にかかる工事費用が無料になるような方法もありますので、もしNTTに連絡して工事費用の見積もりを出してもらい、「ちょっと高いな〜」と感じたら試してみてください!

これであとはインターネット回線を引くための工事日程を決め、工事が済んでONUと呼ばれる機器をパソコンにつなげ、パソコンで初期設定を済ませれば・・・

ついにインターネットが使えます!

インターネット接続のイメージ
インターネット接続のイメージ 引用元:NTT

初期設定もNTTの方に教えてもらえると思いますのでご安心を。

WI-FIについて

最後にもう1つだけ、この状態では確かにパソコンでインターネットができますが、WI-FI(ワイファイ)を使えるようになったらさらにすごく便利です!

WI-FIとは無線LANです、WI-FIが使えるようになればパソコンにLANケーブルつなげなくてもインターネットができます。
ただこれはあまりどうでもいいことですが、そんなことよりもWI-FIがあればご自宅のどこにいてもスマートフォンやiPadなどのタブレットでインターネットできるんです!
インターネット回線の毎月の料金が少しだけ高くなりますが、これは便利ですので本当におすすめです!
NTTに電話するときに「WI-FIも使えるようにしたい」と伝えれば案内してもらえると思います。
もし使用するパソコンがノート型でしたら、家中どこでもパソコンが使えるということです。

ということで、今回はインターネット回線とプロバイダの契約についてでした。
私自身もそれぞれ何度も過去に契約していますが、やっぱりいまだにややこしいな〜と感じることもあるので(それは携帯電話の契約内容についても同様に感じていますが)、できるだけ分かりやすくまとめてみました。
毎月の料金がかかりますので家計の負担にはなってしまいますが、今後ホームページを作ったり、パソコンで何か仕事をしていくような目標がある方でしたら、毎月料金を支払うのはしょうがないと割り切りましょう!

最後に、まとめると・・・

  • インターネット回線⇒NTTのフレッツ光
  • プロバイダ⇒OCNやBiglobeなどの有名どころ、もしくはNTTにお勧めしてもらえるのでお任せする
  • 代理店経由だと初期費用などをとても安くできるのでおすすめ(例えば「フレッツ光 代理店」などで検索してみてください)



次ページ⇒これで仕事メール対策は完璧!基本中の基本5か条

0
に投稿 2件のコメント

初めてのパソコン購入。無難に新品?リスク覚悟で中古?

中古もアリです

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
前々回「MacとWindows。パソコン超初心者が選ぶならどっち?」、前回「デスクトップかノートで悩んでいる方へ。それぞれの長所と短所」に続き、今回は実際購入するにあたって新品と中古のどちらを買うべきかというお話です。

初めてパソコンを買う、もしくはパソコンを持ってはいるが自分で買ったことがないような方にとっては、そもそも「中古を買う」という選択肢がないと思います。
年々安くなってはいますが、それでもやはり10〜30万円ほどかかることを考えれば、おいそれと気軽に手を出せるものではありません。
なので「新品一択」から選択肢を1つ増やして「新品または中古」で是非検討してみてください!

ではまず、新品と中古それぞれのメリットとデメリットです。
ちなみに今回もMacに限定して進めたいと思いますので、どうかご了承くださいませ。

新品

メリット

  • 手にしたときのうれしい気持ち
  • 不安感なく期待通りに使える
  • 丁寧に使えば長く使えるので結果的に安く済む
  • OSが最新で、アプリも最新
  • 電器店やApple Storeで実際に触れてみたり店員さんにいろいろ相談できる

デメリット

  • 値段が高い

中古

メリット

  • なんといっても安い!
  • 良いのに当たれば新品同様のものを安く入手できる

デメリット

  • 買って使い始めてからいろいろと不具合が出たりする
  • 新品を買ったときほどのうれしさはない
  • OSやアプリは古いバージョンであることが多い

おおまかにはこんな感じでしょう。
ちなみに新品は価格がほぼ決まっていますが、中古の場合は程度や発売時期などでかなり価格が変わります。

例えば「デスクトップかノートで悩んでいる方へ。それぞれの長所と短所」でも書きましたiMac(Macのデスクトップパソコンのシリーズです)を例にしてみると、

iMac

126,800円〜
ディスプレイサイズ:21.5インチ
CPU:1.6GHz
メモリ:8GB
ストレージ:1TB(1,000GB)

iMac

価格.comで探したところ、21.5インチではなく20インチの旧型モデルiMacで30,800円(送料別)というのが有りました!
現行の新品の1/4の価格です。
前面右下と液晶画面中央下部にキズがあると記載されています。
保証は30日、付属品は電源ケーブル、マウス、キーボード。
Mac製品は中古でも値崩れが起きにくいのですが、これは衝撃的な安さですね!
ただもちろん、安ければ安いほど購入後の不具合などリスクも高まりますので、激安の場合は特に慎重にご検討ください。

個人的には、狙い目なのは新品の7〜8割ほどの値段で、あと年式もあまり古くない方(1〜3年落ち)が良いですね。
私はこれまでiMacやMacBookを新品・中古問わずたくさん購入していますが、中古ということを忘れるほど新品同様に長いことしっかり動いてくれるパソコンも結構ありましたので、リスクを多少承知のうえであれば是非中古も選択肢に入れて頂きたいと思うのです。

中古を選ぶときの気をつけるポイント

液晶モニター

中古でよくある劣化の状態としては画面焼け、ドット欠けなど。

付属品

マウス、キーボード、ユーティリティディスク、電源など。
意外に電源がないこともあります。「え、電源ないっておかしいんじゃない?」と思うこともありますが、中古の場合はしっかりチェックしないといけません。
キーボードはUS(アメリカ)バージョンの場合もありますので気をつけましょう。

保証の有無

中古パソコンを扱うお店さんだと購入から1ヶ月、長いものでは3ヶ月の保証が付いていることが多いです。
なので、初期不良があっても安心ですね。
ただヤフオク!で個人の出品者さんから買うときは保証がない場合がほとんどですので、慎重に購入をご検討ください。
ちなみに新品でMac製品を買うと1年間の保証がつきますが、有料で3年間に延長できる他、電話での無料サポートが受けられます。

ジャンク品

ジャンク品とは「正常な動作を保証しない」パソコンのことを指します。
つまり修理が必要になりますので、もし「ジャンク」と書いてあれば「パソコンを自分でいじってみたい」という方以外は買わないようくれぐれも気をつけてください。

OS

オペレーションシステムの略です。
MacとWindows。パソコン超初心者が選ぶならどっち?」でもOSについて説明しましたが、Macの場合OSは「Mac OS」になります。
さらに言うと、ほぼ年1回ペースで新しいOSのバージョンがリリースされていますので、新品だとそのときの最新バージョンになりますが、中古だとまちまちです。

Mac OSのバージョンは現在「X」です。
Xは10(テン)と読みます。
2001年に登場したMac OS Xによって、それ以前のOS9から劇的に進化しました。
そして10.0から10.1、10.2、、、と続き、現在は2015年10月にリリースされた10.11が最新となっています。
それぞれにコードネームが付けられていますので紹介します。
おそらくどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

  • 10.0
    Cheetah(チーター)
  • 10.1
    Puma(プーマ)
  • 10.2
    Jaguar(ジャガー)
  • 10.3
    Panther(パンサー)
  • 10.4
    Tiger(タイガー)
  • 10.5
    Leopard(レパード)
  • 10.6
    Snow Leopard(スノーレパード)
  • 10.7
    Lion(ライオン)
  • 10.8
    Mountain Lion(マウンテンライオン)
  • 10.9
    Mavericks(マーベリックス)
  • 10.10
    Yosemite(ヨセミテ)
  • 10.11
    El Capitan(エルキャピタン)

10.8までは動物(しかもネコ科)のシリーズでしたが、マーベリックスから突然地名シリーズに。
と思っていたら10.11のエルキャピタンというのは

名前は、ヨセミテ国立公園にある花崗岩の一枚岩、エル・キャピタンから付けられた。
引用元:ウィキペディア

なんだそうです。
今年リリースされる新OS、コードネームも含めて今から楽しみですね!

話がそれましたが、今もし新品でiMacもしくはMacBookを買うとOSは最新のEl Capitanになりますが、中古で売られているのはほとんどの場合古いバージョンのものになります。
ですがそれを無料でEl Capitanにバージョンアップできますので、OSはあまりこだわらなくても大丈夫、Mac OS X自体本当に素晴らしいOSなので、10.6(Snow Leopard)あたりはまだまだ現役でがんばっているという話も聞きます。
ただしあまりにも年式の古いパソコンに最新バージョンのOSを入れると動作が不安定になったり処理速度が極端に落ちることもありますので、もし不安でしたら、買ったときに入っているOSのバージョンでしばらく使ってみてください。

OSの話がかなり長くなってしまいましたが、「もし中古を買う場合」におすすめの購入方法があります。
それはヤフオク!です。
おなじみオークションサイトですね。
ただし個人売買がメインになりますので、ちょっとコツがいります。
ちなみにヤフオク!にも中古パソコンショップが出品する商品がたくさんありますが、そういった業者さんで買うのであればヤフオク!でなくてもいいのでここでは割愛して、あくまで個人出品している商品の話をします。

個人が出品している商品の場合、気になる点としては主に

  • 記載している情報量が少ない
  • 正直不安なところがある

この2点が挙げられます。

「情報量が少ない」というのは、例えばモニターのサイズが書いてなかったり、状態のランクが不明だったりなど。
これは出品者に質問することで解決します。
ただ初心者の方にとっては「そもそも何を聞いたらいいの?」と思われるでしょうから、そんなときは他の出品者の商品なんかを見比べてみてください。
業者さんが出している商品には状態ランクから細かいスペックまでだいたいビッシリ記載してますので、参考になると思います。

「不安感」を解消したい場合、ヤフオク!には評価システムがありますので、それでほぼクリアできるでしょう。
良い評価も悪い評価も0またはほとんどない場合は、危険ですのでスルーしましょう。
また、例えば良い評価が1000あっても悪い評価が100あったりしたらこれも同様に危険です。
真面目にヤフオク!を利用している出品者さんは、悪い評価がついたとしても1%かそれ以下になりますので、そのあたりを基準にすれば問題ありません。

逆に、何故個人の出品者さんが狙い目かと言いますと、業者の場合は業者自体が売りたい人と買いたい人の仲介者になりますので、そこから買う場合はマージンが上乗せされた金額になっているため割高になります。
加えて業者の場合はその商品に対する適正価格を熟知していますので、掘り出し物を期待することがほぼできません。
ところが個人の場合は様々な理由で手放されるわけで、例えば「本当はもっと使い続けたいけどまとまったお金が急遽必要になった」とか「強気の価格で出して入札が入らなかったら再出品しないといけないし、面倒だから安めに出しておこう」とか、人によって安くなる理由がいろいろとあるために、たまに掘り出し物が見つかることがあるんです。

ということで結論としましては

  • 安全・確実=新品
  • リスクを取って掘り出し物を狙いたい=中古

です!
高い買い物になりますので、じっくり考えて頂ければと思います。
私の方でもご相談を受け付けていますので、聞きたいことなどありましたらいつでもお気軽にお問い合わせください!

「Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!

次ページ⇒さらっとお得にプロバイダ契約して、インターネットを始めよう

0
に投稿 2件のコメント

ポイントは3つ!初心者がホームページを作るためのパソコン選び

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
私はホームページ制作が仕事なので、日頃から様々な方とパソコンのことやホームページのこと、SEOのことに関して相談を受けることが多くあります。
そういった方からよく頂く疑問点を厳選してピックアップし、できる限り分かりやすく教えていければと思いますので、どうぞお付き合いくださいませ。

さて今回は「これからホームページを作っていきたい。だけどまだパソコンがない。どれを買ったらいいの?」という方のために、選ぶ上でのポイントを3点紹介します。

0