スマホ選びの分かれ道:iPhoneとAndroidどっちにする?

スマホ選びの分かれ道:iPhoneとAndroidどっちにする?

主にこの2種類に分かれます

こんにちは、ホームページ制作のオイゾウです!
以前の記事「ホームページを作る上でスマホを持ってないとダメな理由」で登場してもらった、オイゾウのホームページ作成講座に参加している篠田さんに再度登場してもらいました。

篠田さんプロフィール

川越市内の某お土産屋さん。
現在は息子夫婦にお店を任せており、半隠居状態の68歳。
先日、人生初めてのパソコン「MacBook Air」を買ったばかり。
現在は趣味の家庭菜園に関する情報集めのためにGoogleで検索したり、TwitterとFacebookにハマっている。

“篠田さん”
遂にガラケーを卒業!
ということで初スマホをゲットするため買いに来たけど、いろいろ種類があってどうしよう?
“オイゾウ”
やっと重い腰を上げてくれましたね!
いろいろ種類がありますが、篠田さんはiPhoneにしましょう。
“篠田さん”
ちょっと待って!
スマホってiPhoneのことじゃないの?
他にも種類があるの?
“オイゾウ”
iPhone以外にもAndroidという種類があるんですが、篠田さん聞いたことありますか?
“篠田さん”
いや、よく分からないから説明してよ。

ということで今回は、そんなスマホ初心者のために、スマホを選ぶ上で最大の分かれ道となるiPhoneとAndroidをざっくりと比較してみました。
iPhoneとAndroidは何が違うのでしょうか?

iPhoneとAndroidはOSが違う

まず、プログラムを動かすためのOS(オペレーションシステム)が違います。

OSの意味については「MacとWindows。パソコン超初心者が選ぶならどっち?」で説明しているので、ご存じない方は是非ご一読ください。

市販のパソコンを買うと、だいたいWindowsかMac OSというOSが入っています。
それに対してスマホの場合、OSはほぼiOS(アイオーエス)かAndroid(アンドロイド)のどちらかになります。
代表的なスマホにiPhoneがありますが、このiPhoneには必ずiOSが入っていて、それ以外のほとんどのスマホにはAndroidが入っています。
これらはスマートフォンのために開発されたOSです。
つまりiPhoneとは機種の名称で、AndroidとはOSの名称になります。
OSがiOSだとiPhoneになります(iPod touchやiPadもOSはiOSですが、ここでは割愛します)。
OSがAndroidだと多数の機種があります。
iPhone以外のほとんどのスマホはAndroidだと覚えておきましょう。

シェアの推移

では実際にiPhoneとAndroidのユーザー数はどの程度の割合になるのでしょうか?

世界のスマホ〜OSのシェア推移

2013-2016年
世界のスマホ〜OSのシェア推移

Android:67.05%
iOS:19.24%

こうして見ると、iOSは20%前後でほぼ横ばいですが、Androidはこの数年でかなりシェアを伸ばしているのが分かりますね。

日本のスマホ〜OSのシェア推移

2013-2016年
日本のスマホ〜OSのシェア推移

iOS:67.31%
Android:32.02%

世界と比べたときに明確に違うのは、iOSとAndroidのシェアが逆転しているということ。
日本でのiPhone人気は根強いですね。
iPhoneとAndroidでどちらを買えばいいか分からない場合は深く考えずに「日本ではiPhoneユーザーが多いから、とりあえずiPhoneにしておこう」という軽い発想で選ぶのもアリだと思います。

参照元:Stat Counter

メリット・デメリット

iPhoneにするか、Androidにするかが、スマホを選ぶ上での大きな分かれ道になりますので、それぞれの違いを理解しておきたいところです。
性能面などは比較し始めたらキリがなく、調べれば調べるほど余計に決められなくなってしまいますので、スマホ初心者にとって分岐点となるような、違いが分かりやすい項目に絞って紹介していきます。

防水

iPhone:×
Android:◯

Androidを搭載しているシャープのAQUOS、ソニーのXperia、サムスンのGalaxyなどの機種は防水機能搭載モデルがあります。
それに対してiPhoneは防水機能がつきませんので、防水の有り無しで選ぶなら断然Androidがおすすめです。

アマゾン「防水機能のスマートフォン本体」

セキュリティ

iPhone:◯
Android:△

まず大前提として、iPhone、Android問わず、ウィルスに感染する危険性があります。
感染する経路としては一言では説明できませんが、「アプリ」からスマホがウィルスに感染するパターンが多いです。
アプリとはアプリケーションの略で、ソフトのことなんですが、このアプリを使えるのがスマホの醍醐味でもあります。
アプリはもともとスマホに入っているものもあれば、ダウンロード(そのデータを自分のスマホに転送すること)して、インストール(ダウンロードしたデータをそのスマホで使用できるように設定すること)することで使えるようになるものもあります。
iPhoneには「App Store」、Androidには「Google Play」というように、それぞれオフィシャルのアプリを販売するサイトがありますので、そこから入手したアプリは信頼性が高く、ウィルスの心配が(100%ではないですが)ありません。
ただしAndroidの場合はそれ以外のサイトからアプリをダウンロードすることもできるため、注意が必要です。
その意味ではiPhoneの場合「うっかりウィルスに感染されたアプリをダウンロードしてしまった」ということがほとんど考えられないため、安全性は高いと言えるでしょう。
そういったウィルスの感染を防ぐためにいくつかのアンチウィルスアプリがありますが、パソコン同様、こういったアプリを使うことは一長一短あります。
その多くは月額料金が発生したり、それ以外にスマホの動作がものすごく遅くなったりすることもあるので、気軽な気持ちで購入し、後で後悔することのないよう、慎重に導入を検討してください。

ちなみにGoogleのオープンソースプログラムマネジャーChris DiBona氏は、スマホ用のウィルス対策ソフトを販売する企業に対して否定的なコメントを発表しています。
グーグルのオープンソース責任者、モバイル用ウイルス対策ソフト業者を非難
引用元:CNET Japan

ウィルス対策は自己責任ですので、私がウィルス対策すべきかどうかをここで論じるつもりはありませんが、もし心配でしたら是非一度お問い合わせください。
また、こういったリスクに関して100%断言できることはありません。
今は安全でも来年はどうなるか分からないということもありますので、そういったリスクがあることも理解した上でスマホ生活を楽しんでくださいね!

ケース&カバー

iPhone:◯
Android:×

若い世代でiPhoneが人気であることの理由の1つとして「ケースやカバーの種類が豊富に揃う」という点が挙げられるように、デイリーアイテムであるスマホで個性を出したい人にとってはiPhoneが断然おすすめです。
一方で、Apple社の創業者である故スティーブ・ジョブズ氏が、iPhoneにケースを付けることに否定的な見解を持っていたのはとても有名な話です。
私自身もこれに倣い、しばらくずっとケースを付けずにiPhoneを使用していましたが、シリコン素材のケースを付けたら、その摩擦で斜めに立てることができて、YouTubeで動画を観るときなどにとても便利だと気づき、それからはずっとクリアのシリコンケースを付けています。

mtmd.jp iphone 6s & iPhone 6 対応 衝撃吸収 ハード シリコン ケース カバー 6 s(つるつるタイプクリア)

アマゾン「スマートフォンケース・カバー」カテゴリー

おサイフケータイ

iPhone:×
Android:◯

ガラケー時代には当たり前だったおサイフケータイ。
電車などの改札で、ケータイを取り出してピッとやるだけで通れるのは便利ですが、残念ながらiPhoneだとそれができないんです。
理由はAppleが独自に展開しているApple Payという電子マネー決済がありますが、まだ日本では対応できてないからです。
このApple Payの囲い込みのため、それ以外の電子マネー決済をiPhoneでは使えないのです。
Apple Pay自体はまだ日本でのサービスを開始してないので、もう少し様子見ですね。
また、Apple Payがサービス開始したとしても、駅の改札はFeliCaという規格のためどちらにしてもSuicaやおサイフケータイが必要となり、Apple Payでは使えません。
この辺りの問題がクリアになるとしても数年は間違いなくかかりますので、おサイフケータイとしてフル活用したい方ならAndroidがおすすめです。

とくにこだわりがなければiPhoneで!

それ以外にも動作の滑らかさや処理速度、バッテリーの持続時間、カメラの性能など、比較対象となる機能の違いは多々ありますが、そのあたりは大きく外れることもそうそうないですし、そもそもスペック面はスマホ初心者にとってあまり重要ではないと考えますので、詳しくは説明しません。
「使えば都」的な感覚で、まずは1台目のスマホを存分に楽しんでください!

個人的には、特にこだわりがなければiPhoneをおすすめしますが、それ以上に言えるのは、よっぽどマニアックな機種でなければ、それほど機能性や操作性の違いも大幅に変わることはないという意味で、どんなスマホを選んでもいいと思っています。

次ページ⇒今さら聞けないけど知っておきたい!スマホ関連用語集

フォローお願いします!


2 thoughts on “スマホ選びの分かれ道:iPhoneとAndroidどっちにする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です